ヘッドライン

勇者

  • 魔王「俺の体臭がやばい」 [2016/10/30]
  • 勇者「HPが1になっちまった三人の勇者」 [2016/10/26]
  • 勇者「見つけたぞ!魔王!」J('-`)し「……たけし?」 [2016/7/13]
  • 勇者「伝説の剣が錆び付いてボロボロなんだけど」 [2016/7/9]
  • 女勇者「アイドルから勇者に転身しました♪」 [2016/7/4]
  • 勇者「1UP! 1UP!」 [2016/6/23]
  • 勇者「互いに全力で戦おう!」魔王「どちらが最強か、決着をつけようぞ!」 [2016/5/30]
  • 勇者「パーティーでのカーストが最下位でつらい」 [2016/5/18]
  • 魔王「姫をさらって世界征服を始める」側近「では理由を考えましょう」 [2016/3/18]
  • 勇者「魔王との戦いをネット配信してたら火事起こした」 [2016/2/19]

魔王「俺の体臭がやばい」

引用元: 魔王「俺の体臭がやばい」

1: ◆WnJdwN8j0. 2016/08/03(水) 19:04:11.33 ID:voHP6eV+0
側近「遂に魔王様が復活されるぞ……!!」


500年前、大賢者により封印された魔王。
その魔王の封印が今、解かれようとしていた。


北のドラゴン「500年――長いようで短かった」

西の悪魔「ウケケ。伝説となった大賢者とはいえ、所詮は人間。魔王様復活まで寿命はもたなかったなァ」

東の妖姫「ふふ…500年前の魔王様の武勇、心強いと同時に身震いがしますわ」

南の地蔵「細身ながら、数々の勇者を葬ってきた猛者じゃからのう」

側近「思い出話はそこまでです。見なさい、封印の力がどんどん弱まっている……」

ゴゴゴ…

側近(さぁ目覚めて下さい魔王様…そして、人間達に恐怖と絶望を!!)

北のドラゴン「なぁ…何か、空気がおかしくないか?」

西の悪魔「そう言われてみや…全身の感覚器官がゾワゾワするっつーか……」

東の妖姫「魔力……にしては、少々妙ですわね」

南の地蔵「見るのじゃ! 魔王様の封印が!!」

側近「!!?」


カッ――



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1470218651




続きを読む

勇者「HPが1になっちまった三人の勇者」

引用元: 勇者「HPが1になっちまった三人の勇者」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/27(水) 21:58:07.86 ID:uhfQyeudo
【一人目】



勇者(HP1)「HPが1になっちまった……」

勇者(HP1)「早く回復しないと……!」ゴソゴソ

勇者(HP1)「くそっ、薬草も傷薬も切らしてやがる! もっと買っとくべきだった!」

勇者(HP1)「仕方ない、近くの町まで行かないと……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1469624287




続きを読む

勇者「見つけたぞ!魔王!」J('-`)し「……たけし?」

引用元: 勇者「見つけたぞ!魔王!」J('-`)し「……たけし?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 01:16:16.63 ID:CfaVun9C0
勇者「」

J('-`)し「」




勇者「……何やってんの母さん」

J('-`)し「いや、アンタこそ……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459095376




続きを読む

勇者「伝説の剣が錆び付いてボロボロなんだけど」

引用元: 勇者「伝説の剣が錆び付いてボロボロなんだけど」

1: ◆Rhe1e32BQs 2016/03/24(木) 20:36:25.43 ID:05Kte9cc0
勇者「ついに伝説の剣を手に入れたぞ!!」

僧侶「いやあ長かったねぇ」

魔法使い「まさか竜の巣の最奥に隠されてたなんてね~…」

女剣士「はよ見せて!!はよ!!!」

勇者「よし、鞘から抜くぞ…!」

ススッ…


ギシッ


女剣士「……ぎし?」

勇者「待ってこれ…」

ギギッギシッ…ギェギ…


勇者「うわなにこれめっちゃ錆びてるんだけど」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458819375




続きを読む

女勇者「アイドルから勇者に転身しました♪」

引用元: 女勇者「アイドルから勇者に転身しました♪」

1: ◆WnJdwN8j0. 2016/03/20(日) 18:49:41.76 ID:ngPDwe0M0
王宮魔術師(王様のご命令で、勇者様御一行の様子を視察しに来たけれど…)


中ボス「ガーッ」

勇者「きゃーん!」


戦士「ゆうちゃん危ない!」バッ

賢者「僕がゆうちゃん周囲に防護壁を張る! 2人とも、魔物をやっつけて!」

弓師「よしきた! 今すぐ片付けるから心配すんなよ、ゆうちゃん!」


勇者「ゆう、応援ソング歌うよー! 皆ぁ、拍手お願ーい!」

楽師「よし出番だ!」ポロロン♪

追っかけ「「ウオオオオオォォォ」」

~♪


王宮魔術師(何だこれ?)



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458467371




続きを読む

勇者「1UP! 1UP!」

引用元: 勇者「1UP! 1UP!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 08:14:15.79 ID:/rDLlMq/0

勇者(残機99)「ついに見つけたぞ、魔王!」

魔王「」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458083655




続きを読む

勇者「互いに全力で戦おう!」魔王「どちらが最強か、決着をつけようぞ!」

引用元: 勇者「互いに全力で戦おう!」魔王「どちらが最強か、決着をつけようぞ!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 22:12:49.93 ID:yfuJqHFNo
勇者「やっと会えたな、魔王」

魔王「うむ、待ちわびていたぞ。勇者よ」

勇者「お前は世界に多くの悲しみと絶望をもたらした諸悪の根源だが……」

勇者「不思議な話だが、そこまでの憎しみは抱いていない」

魔王「ほう?」

勇者「それよりもむしろ、お前という強敵と戦えることに高揚感を覚えている!」

魔王「ふっ……奇遇だな、ワシとて同じ気持ちだ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455714759




続きを読む

勇者「パーティーでのカーストが最下位でつらい」

引用元: 勇者「パーティーでのカーストが最下位でつらい」

1: ◆WnJdwN8j0. 2016/01/30(土) 20:20:49.32 ID:O+DFJ7tW0
>ある町の教会


勇者(あぁ神様、どうかお願いします……)

夜、人気のない教会で手を組み祈っていた。
故郷から旅立って3日目、彼女はまだ新米の勇者である。

勇者「神様、どうか私を…」


勇者「私を勇者の座から下ろして下さい!!」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454152849




続きを読む

魔王「姫をさらって世界征服を始める」側近「では理由を考えましょう」

引用元: 魔王「姫をさらって世界征服を始める」側近「では理由を考えましょう」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/18(水) 21:22:45.52 ID:9x1QMT9Jo
魔王「理由?」

側近「はい、なぜ魔王様が姫をさらって、世界征服を企てるのか、の理由です」

魔王「そんなもの、ワシが魔王だから、ではいかんのか?」

側近「今時そんなクソみたいな理由で納得してくれるゲームプレイヤーはいませんよ」

魔王「クソみたいって……」

側近「とにかく、昨今のゲームプレイヤーは敵の行動原理もしっかりしてないと」

側近「ゲームに満足してくれません。金を返せとクレームを入れてきます」

側近「ですから、魔王様の行動にもそれ相応の理由が必要なのです」

魔王「やれやれ、面倒な世の中になったものだ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447849365




続きを読む

勇者「魔王との戦いをネット配信してたら火事起こした」

引用元: 勇者「魔王との戦いをネット配信してたら火事起こした」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 17:41:11.63 ID:w9Lfbfeto
勇者「それじゃ、いよいよ魔王の部屋に乗り込みまーす」

勇者「視聴者の皆さん、応援よろしくお願いしまーす」

<ガンバレー

勇者「みんな、いくぞっ!」

戦士「おう!」

女魔法使い「準備オッケーよ!」

女僧侶「必ず魔王を倒しましょう!」

<ミンナカッコイー

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445762461




続きを読む
先週のオススメ記事
いろいろ
このエントリーをはてなブックマークに追加

全記事一覧
TOP絵置き場


まとめ依頼募集してます。

ブログパーツ
記事検索
Twitter プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
逆アクセスランキング
マスコット:しょうこたん

カゼタカ2ブログchのkaibu222様に頂きました!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
本文