ヘッドライン

とある魔術の禁書目録

  • 承太郎 「学園都市だと…?」 [2017/1/25]
  • 佐天「光操作?」 [2016/4/26]
  • 一方通行「絶対能力進化実験……最高だったぜ」 [2015/11/16]
  • 佐天「飛んでくる蚊をすべて自動で撃ち落とす能力かぁ」 [2015/6/26]
  • 佐天「付け耳って可愛い」 [2015/3/2]
  • 御坂「紛らわしいのよ……ばか」 [2014/11/4]
  • 上条「よう、また会ったな」食蜂「!?」 [2014/10/21]
  • 上条「食蜂、だよな?」 食蜂「………え?」 [2014/10/14]
  • 達也・キリト・当麻「この中でいったい誰が一番強いかだって?」 [2014/8/30]
  • 佐天「巨人を駆逐する能力かぁ」 [2014/8/2]

承太郎 「学園都市だと…?」

引用元: 承太郎 「学園都市だと…?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/28(水) 14:57:34.28 ID:IvnFQGVR0
とある研究所


研究員 「それじゃあ空条承太郎君、次はこのテスト
なんだが…


承太郎 「ったく…どうして俺がこんなことに
付き合わなきゃいけないんだぜ…」


ジョセフ 『おい承太郎!』


承太郎 『なんだジジイ、こちとらエジプトから
帰ってきてまだ10日…俺は疲れているんだ
それに明日からは学校に行かなきゃいけねぇ』


ジョセフ 『そのことなんが承太郎、お前出席日数
足りてるのか?』


承太郎 『…………』


ジョセフ 『そこでだ承太郎!学園都市という所へ
行ってみないか?』


承太郎 『あ?学園都市だと…?』


ジョセフ 『SPW財団も支援している超技術が発達
した都市で超能力者を開発している所なんじゃ』


承太郎 『超能力?スタンド使いじゃないのか?』


ジョセフ 『いや人工的にじゃ、そこでだ承太郎
お前には学園都市の能力者をスタンド使いから
見てどうなのか聞きたいとSPW財団のものが
言っておってだな…』


承太郎 『………』


ジョセフ 『もちろん住む所を提供するし住む分には
不自由させん!だからどうじゃ承太郎!』


承太郎 そこを離れようとする


ジョセフ 『承太郎!』


承太郎 『勘違いするなジジイ、誰が行かないと
行った』


ジョセフ 『ということは?』


承太郎 『SPW財団には旅のことで随分世話になった
その借りを返すだけだ』


ジョセフ 『相変わらず素直じゃないのぉ』


※この話は上条さんの代わりに承太郎がいるという
設定です









SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482904654




続きを読む

佐天「光操作?」

引用元: 佐天「光操作?」

1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 15:17:12.07 ID:PNg14pft0
佐天「…………………」

ペカー

佐天「…………………」

ペカー

佐天「…………………」

ペカー

佐天「…何これ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1451801831




続きを読む

一方通行「絶対能力進化実験……最高だったぜ」

引用元: 一方通行「絶対能力進化実験……最高だったぜ」

1: ◆c6GooQ9piw 2015/08/15(土) 14:51:54.24 ID:/DGbC0DhO




続きを読む

佐天「飛んでくる蚊をすべて自動で撃ち落とす能力かぁ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/16(木) 21:43:51.56ID:r4epDQ7l0
計測器「射程範囲1km、命中精度95%、連発能力100発/s 総合評価4」

佐天「え」




続きを読む

佐天「付け耳って可愛い」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/07(火) 11:49:03.90 ID:v0c/DI3z0
佐天「ふんふーん」

初春「お待たせしました、佐天さん」

佐天「おっ? おっはよー! う・い・は、……る?」

初春「…………」

佐天「初春……さん? ……ですよね?」

初春「……なんですか?」

佐天「……花、ありませんけど」


続きを読む

御坂「紛らわしいのよ……ばか」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/02(日) 03:11:05.72 ID:U9G5HMSAO




続きを読む

上条「よう、また会ったな」食蜂「!?」

1: ◆5qbT/UYHxu6q 2014/10/18(土) 23:57:27.79 ID:oqSoZ8SD0
上条「名前は……なんだっけ……?」

食蜂「え、えっ?今、なんて!?」

上条「お前とは病院で会ったことあるだろって話だ。でも、詳しくは思い出せない……何でだ?」ウーン


街中でたまたま見つけた上条さん
彼は私のことを覚えていられないのだから、きっと見向きもせずに通り過ぎていくだろう、とそう思っていた
けれど私の予想を裏切り、上条さんは立ち止まって声を掛けてきたのだ



『また会ったな』と



ためらうことなく、確信を持ってその言葉を口にしたのである

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413644237




続きを読む

上条「食蜂、だよな?」 食蜂「………え?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/13(月) 16:27:10.54 ID:gZBxtmbR0
新約11巻に影響されて

・誤字脱字当たり前。
・勢いで書いてる。 自己満足できればええねん
・ネタバレあり。今すぐ新約11巻を買って読みましょう。

それでは始めたい

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413185220




続きを読む

達也・キリト・当麻「この中でいったい誰が一番強いかだって?」

1: ◆6FsPUKC7KlP8 2014/08/28(木) 20:20:07.13 ID:T9NMsLZ70

司波達也「魔法師としての才能のない俺にそんな事を言われてもな」(魔法科高校の劣等生)

キリト「俺なんてちょっと他の人よりゲームが得意なだけだしね」(ソードアート・オンライン)

上条当麻「無能力者の俺に期待されてもね……ハァ、不幸だ……」(とある魔術の禁書目録)


深雪「いいえ、お兄様ならばけして誰にも負けたりはしません」

アスナ「大丈夫! キリトくんならきっと負けないよ!」

美琴「こんな奴等に私を負かしたアンタがやられちゃ立つ瀬がないじゃない!いいから勝ちなさいよ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1409224797




続きを読む

佐天「巨人を駆逐する能力かぁ」

1: ◆ea43ELrW7g 2013/06/07(金) 11:57:49.11 ID:SZLPEbWAO
短い。キャラ口調変なのはごめん。


佐天「レベル1になったのは良いんだけど。ここどこ?」

「壁が破られた!巨人が入ってくるぞー逃げろー!」

ワーギャーヒーヒー

佐天「なんか皆が逃げてる、何事?能力者でも暴れてるのかな」

佐天「壁があるから学園都市のどこかな気はするんだけど、町並みがレトロだなぁ」

佐天「携帯も圏外?なんでー」

「おいミカサ!そっち持て!」

佐天「子供の声がする?御坂?いやミカサって聞こえたか」

佐天「こっちからかな。うわっ!大変!女の人が家に潰されちゃってる!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370573869




続きを読む
先週のオススメ記事
いろいろ
このエントリーをはてなブックマークに追加

全記事一覧
TOP絵置き場


まとめ依頼募集してます。

ブログパーツ
記事検索
Twitter プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
逆アクセスランキング
マスコット:しょうこたん

カゼタカ2ブログchのkaibu222様に頂きました!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
本文