ヘッドライン

アイマスSS

  • 【モバマス】P「どうしてこうなった」 [2017/11/18]
  • 和久井留美「キスを貰えるかしら」 [2017/11/16]
  • 早坂美玲「ウチ…アイドルを辞めようかと思うんだ…」 [2017/11/14]
  • 佐藤心「たまには」千川ちひろ「お酒を飲みましょう」 [2017/11/14]
  • 鷺沢文香「貴方の上で、貴方と共に」 [2017/11/13]
  • モバP「森久保乃々がヤンデレになった」 [2017/11/12]
  • モバP「今までずっと黙ってたけど…実は俺…幸コンなんだ…」 [2017/11/12]
  • モバP「もしも佐久間まゆが犬だったら」 [2017/11/12]
  • 愛梨「キャストオフ?なんですかそれ」ヌギヌギ [2017/11/11]
  • 【デレマス】クラリス「懺悔室」 [2017/11/10]

【モバマス】P「どうしてこうなった」

引用元: 【モバマス】P「どうしてこうなった」

1: 以下、名無しに変わりましてVIPがお送りします 2017/03/29(水) 00:40:47.27 ID:1cpy8W4e0
注意…筆者はモバマスの世界についてはアニメ視聴とデレステだけしか踏み入れたことがありません。
あとキャラ・世界設定が結構適当です。悪しからず。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490715646




続きを読む

和久井留美「キスを貰えるかしら」

引用元: 和久井留美「キスを貰えるかしら」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/29(水) 20:22:34.92 ID:yYuywfKCO
 プロデューサーくんが欲しいわ。

 ……ええそう。プロデューサーくんが、貴方が……貴方の、貴方からのキスを貰いたいの。

 それはもちろん悩ましいわ。

 プロデューサーくんを望むのは揺るぎないこととして……けれど、いったいプロデューサーくんの何を求めるのか。

 プロデューサーくんの身体、その内のどの部分を欲しいと願うべきなのか。

 それはとても難しい……とても、とても、難しい問題。

 プロデューサーくんの身体は、存在は、すべては私にとってかけがえのない尊いもの。

 何一つ余さず、只一つの例外さえなく、心の奥底から至上だと認められるような唯一のもの。

 だから……そんなプロデューサーくんだから。その内のいったい何を私は願えばいいのか、願うべきなのか。……それを選んで決めるのは簡単じゃない。

 一本一本が確かな感触を伝え、幾重にも重なりながら私へ絡まってきてくれる髪。

 甘く温かな吐息を伴って、艶やかに輝く柔い肌の繊細な触感を晒す顔。

 呼吸のために上下しては熱っぽく体温を高め、濃密で濃厚な愛おしい汗の味を纏う首元。

 引き締まりながらも柔らかな、弾力のある素敵な噛み心地を備えた二の腕。

 お腹のぷにぷにと爪のすべすべ、まったく異なる二つの舌触りを叶えてくれる指の先。

 気持ちよく心地のよい鼓動を刻んで、溺れてしまいそうなほどの穏やかな安心を感じさせてくれる胸。

 包み込むように抱き留めて、どこまでも深くどこまでだって優しく許して受け入れてくれるお腹。

 広くて大きくて、男らしく少しごつごつとした硬さを持ちながら私を迎えてくれる温い背中。

 身体を犯し尽くし心を壊して蕩けさせてしまうような、噎せ返るほどの深い官能を贈り注いでくれる秘所。

 五臓六腑から脳髄までもを強く激しく痺れさせて、その痺れに焼かれる私を厚い肉の感触を以って招き入れてくれる臀部。

 腕と同じく引き締まりながらも柔らかな、けれどそれよりも更に広く多様な心地を届けてくれる脚。

 首元のような味の濃さと併せて手のような舌触りも叶える、触れる私へ背徳的な想いを送ってくれる足の先。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490786554




続きを読む

早坂美玲「ウチ…アイドルを辞めようかと思うんだ…」

引用元: 早坂美玲「ウチ…アイドルを辞めようかと思うんだ…」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/26(日) 22:26:04.80 ID:Y2jMQmTs0
P「森久保ォ!Take me Take youいい感じで売れてるぞ!」

森久保乃々「それは他の皆さんがすごいからで…森久保はオマケみたいなものなんですけど…」

P「何を言うか!森久保ファンの売上貢献度は並じゃないぞ」

森久保「ひいぃ…ライブに向けてのプレッシャーが…」

P「これは今まで以上に頑張らないとな!」

森久保「むーりぃー…」



P「輝子ォ!PANDEMIC ALONEが雑誌で取り上げられてたぞ!」

星輝子「何…?ついに世界がキノコの魅力に気づいたか…?」

P「どちらかと言うと輝子の魅力に気づいたんじゃないか?」

輝子「そ、そうか…照れるな」

P「142'sの仕事も増えてるし、また忙しくなるぞ」

輝子「充実してるのも悪くないな…フヒ」




早坂美玲「…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490534764




続きを読む

佐藤心「たまには」千川ちひろ「お酒を飲みましょう」

引用元: 佐藤心「たまには」千川ちひろ「お酒を飲みましょう」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/25(土) 22:11:33.67 ID:kxP8YIZc0
アイドルマスターシンデレラガールズです。
佐藤心さん、千川ちひろさんが出ます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490447493




続きを読む

鷺沢文香「貴方の上で、貴方と共に」

引用元: 鷺沢文香「貴方の上で、貴方と共に」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/25(土) 20:34:40.17 ID:5HWcbuujO
「……ん…………」


 ページを捲る。

 座らせた身体。その足の付け根の辺りへ置いた手を下に敷いて、それを支えとしながら寝かせた本のページを一つ、ぺらりと。

 今日手にしているのはこれまでにも何度も何度も、もう幾度となく読み返してきたお気に入りのもの。展開も結末も、その内容を完全に把握できているくらい読み重ねてきた本。

 それを進める。読まずとも内容の分かるそれを、ぺらりぺらりと。読まず、内容も分からないまま捲って進める。


「……」


 かすかな息遣いと、カタカタ不規則に奏でられる音だけが響く部屋の中。

 事務所の中。事務所の、私のプロデューサーさんへと割り当てられた部屋の中で、私は小一時間こうしてここでこのままに過ごしていた。

 身体を座らせて。本のページを捲って。でも読むどころではなく、他のものへと意識を惹かれながら。

 小一時間。

 ここで、こうして、ずっとずっと。


「…………ん……」


 身体を後ろへ。

 体勢を少し横へ傾けながら後ろへ下がって、受け止めてくれるのに任せながら身体のすべてをそこへ委ねる。

 温かくて……広くて、大きくて。

 私に安心をくれるそこへ。大好きな、愛おしい、大切なそこへ。

 プロデューサーさんの胸へと身体を委ねる。密着した背中から、服越しにとくんとくんと心地のいい鼓動の刻みを伝えてくれるそこ。優しく、柔らかく、私を迎えて受け止めてくれるそこへと。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490441680




続きを読む

モバP「森久保乃々がヤンデレになった」

引用元: モバP「森久保乃々がヤンデレになった」

1: ◆qTT9TbrQGQ 2017/03/25(土) 23:51:07.55 ID:xNqNfAZfO
――事務所内

P「ただいまー」

ちひろ「お帰りなさい。会議お疲れ様です。スタドリどうぞ」

P「お、ありがとうござ……これ無料ですよね」

ちひろ「……有料です」チッ

P「もう騙されねえぞちひろ!」

ちひろ「騙すなんて人聞きの悪い!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490453467




続きを読む

モバP「今までずっと黙ってたけど…実は俺…幸コンなんだ…」

引用元: モバP「今までずっと黙ってたけど…実は俺…幸コンなんだ…」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:10:29.93 ID:hy0zSolTo
輿水幸子『ボクは世界一カワイイんですよ!そんなボクをプロデュースできるなんてとっても幸せなことですよね!プロデューサーさん!よろしくお願いしますよ!』

モバP「というわけなんだが」

星輝子「フ…フヒ…なかなかいいと思うぞ…ただ…そんなんで持つか…?」

幸子『し…失敬な!ボクくらいならこれくらいがいいんです!』

モバP「…」コクン

輝子「無言の頷き…ま、まぁ私もこういう子は嫌いじゃない…かな」

幸子『ということでよろしくお願いします!』

輝子「おう…こちらこそ」

輝子「プロデューサー…頑張ってくれ…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490451029




続きを読む

モバP「もしも佐久間まゆが犬だったら」

引用元: モバP「もしも佐久間まゆが犬だったら」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/24(金) 15:23:21.30 ID:21I4fXQYo
~Pの家~

おはようございます、Pさん。気持ちのいい朝ですよ。

……Pさんって寝顔も素敵。

うっとり……。

はっ、ダメダメ。Pさんを遅刻させる訳にはいきません。

起きて~、起きてくださーい。

Pさんの頬、失礼します……っ。

ぺろぺろ……ぴちゃぴちゃ、ぺろぺろぺろぺろ……。

P「おっ……まゆ、おはよう」

うふっ、なでなでしてもらっちゃいました。

ジリリリリリリ……。

P「まゆが起こしてくれるからもう目覚ましはいらないかなぁ、ははっ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490336600




続きを読む

愛梨「キャストオフ?なんですかそれ」ヌギヌギ

引用元: 愛梨「キャストオフ?なんですかそれ」ヌギヌギ

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/03/17(金) 01:47:56.25 ID:MVHB1F7E0
モバP(以降P表記でしゅ!…です)「うーん…どないせぇっちゅーねん…」

ちひろ「あら、どうしたんですか?珍しく真剣に悩んだりして」

P「呼吸をするようにdisるのやめてくれません?俺だって毎日悩んでますよ」

ちひろ「どうせ夕飯の献立とかでしょ」

P「何で知ってんだよ。…いや今回はちょっと違いまして」

ちひろ「課金が足りないのでしたら良い金融会社紹介しますよ?ミナミの萬田さんとか」

P「ケツ毛も残らなさそうですからお断りします。それにお金ならこの前ロト当てたんで困ってないですし」

ちひろ「ちょ、なら課金してくださいよ」

P「この前の愛梨のレギュラー番組のことなんですけどね?ちょっとクレームが来てしまいましてね…」

ちひろ「愛梨ちゃんのですか?あれ、あんなに人気番組なのにですか?あと課金してくださいよ」

P「そうなんですよ。数字も取れてるし良い感じでいってると思ってたんですけど」

ちひろ「あ、もしかして愛梨ちゃんがまた脱ごうとしてお茶の間の保護者の方々からお叱りが…?」

P「いえいえ、愛梨もすっかりプロ意識が育ってますから仕事中に脱いだりすることはもう無いですよ」

ちひろ「あはは、そうですよね。昔はともかく今はもう脱いだりすることなんて」

P「問題なのはカメラ回ってないところで脱ぐんでスタッフさんの理性と股間がボンバーしそうだって苦情が来まして」

ちひろ「脱いでるんじゃないですか!」

P「生まれ持った性へ…性質っていうのは一生そのままなのかもしれませんね」

ちひろ「今、性癖って言いかけましたよね」

P「収録中はきっちりこなすそうなんですけどカット掛かった途端「ふぅ~、緊張して暑くなっちゃいました。脱いでいいですか?」とかやりだすそうで…」

ちひろ「うわぁ愛梨ちゃんの声そっくり。気持ち悪!」

P「ひだまりスケッチの関西人のマネも出来ますよ。まぁ、それはさておき」

P「どうすればいいですかね?」

ちひろ「どないせぇっちゅーねん…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489682875




続きを読む

【デレマス】クラリス「懺悔室」

引用元: 【デレマス】クラリス「懺悔室」

1: ◆U.8lOt6xMsuG 2017/03/19(日) 22:10:56.54 ID:QtNj6/l70

初投稿です。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489929056




続きを読む
先週のオススメ記事
いろいろ
このエントリーをはてなブックマークに追加

全記事一覧
TOP絵置き場


まとめ依頼募集してます。

ブログパーツ
記事検索
Twitter プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
逆アクセスランキング
マスコット:しょうこたん

カゼタカ2ブログchのkaibu222様に頂きました!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
本文