ヘッドライン

Steins;Gate SS

  • キムタク「ちょっと、待てよ」 [2016/5/12]
  • 【シュタインズゲート】岡部「ハゲた」 [2016/5/11]
  • 岡部「まゆりの下着が他の男に見られる世界線…だと…」 [2016/5/4]
  • オカリン「クローン技術でまゆりを増殖させたぞ!」 [2016/4/30]
  • 岡部「紅莉栖が好きすぎて生きているのが辛い」ダル「」 [2016/1/16]
  • 【シュタインズゲート】鈴羽「そして『あたし』は生まれ変わる」 [2016/1/6]
  • 【シュタインズゲート】岡部「紅莉栖をひたすら愛で続けたらどうなるか」 [2016/1/2]
  • 紅莉栖「覚えててくれてるかな……」 [2015/10/26]
  • 岡部「フェイリスが二人もいるだと……」 [2015/3/22]
  • 紅莉栖「岡部がツンデレ過ぎて生きるのが辛い」 [2015/2/15]

キムタク「ちょっと、待てよ」

引用元: キムタク「ちょっと、待てよ」

1: 24さい 2016/01/19(火) 18:04:09.78 ID:OKXejHzz0
地の分あり
独自設定
シュタゲのパロディーです
また、筆者はジャニーズに詳しくありません。というか無知です。
今朝のツイッターのキムタクタイムリープ説を見て思い立ちました
亀更新になりますがよろしくお願いします。
とりあえず書き溜めぶんだけ投下していこうと思います

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453194249




続きを読む

【シュタインズゲート】岡部「ハゲた」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 01:25:28.82ID:sdYtFRcy0
 ~Laboratory~
 ~AM 04:00~

紅莉栖「…できた」

紅莉栖「【ビット粒子砲】を密かに改造し始めて48時間…」

紅莉栖「裏未来ガジェット1号、【ヘイト・アッパー】の完成よ!」


【ヘイト・アッパー】
ビット粒子砲の外見をした、全く別物のオモチャ
引き金を引くとレーザーが出る
そのレーザーを人の側頭葉に照射し続けるだけで、
その人の記憶の中にある「憎いもの」に対する感情の強さを増大させる


紅莉栖「だけど、被験者がいないことには始まらないわね…」

岡部「Zzz…」

紅莉栖「丁度いいわ。ソファで寝てる岡部で試してみましょう」




ドクターペッパー 350ml×24本
続きを読む

岡部「まゆりの下着が他の男に見られる世界線…だと…」

引用元: 岡部「まゆりの下着が他の男に見られる世界線…だと…」

1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 16:55:09.47 ID:47f2GMezo
それはある日のことだった

岡部「まゆり、今日はずいぶん薄着だな」

まゆり「うん、最近暑いからね~。」

岡部「そうか。ところで他に寄りたいところはあるか?」

まゆり「うーん。コスの材料も買ったしもう大丈夫なのです。」

まゆり「きゃっ」イシニツマヅキ

岡部「まゆりっ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452498909




続きを読む

オカリン「クローン技術でまゆりを増殖させたぞ!」

引用元: オカリン「クローン技術でまゆりを増殖させたぞ!」

1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/08(金) 18:49:11.04 ID:u634V8jvo
オカリン「まゆりを20人まで増やした!」

オカリン「これでSERNからの襲撃があっても大丈夫なはずだっっ!!」

まゆり1「トゥットゥルー♪」

まゆり2「トゥットゥルー♪」

まゆり3「トゥットゥルー♪まゆしぃです♪」

ダル「まゆ氏がいっぱい…ハァハァ…」

クリス「岡部…まゆりがいっぱいいるのはいいんだけど…すごく狭いんだけど…」

オカリン「あぁ。そうだな。よーし、まゆり!10人くらいアキバで好きなとこ行ってこい!!」

まゆり1~10『トゥットゥルー♪了解なのです♪』

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452246550




続きを読む

岡部「紅莉栖が好きすぎて生きているのが辛い」ダル「」

引用元: 岡部「紅莉栖が好きすぎて生きているのが辛い」ダル「」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 15:01:45.75 ID:2I4c9Z9Z0
ダル「珍しく真面目な顔で相談がある、なんて言うから何かと思ったら……アホらし」

岡部「俺は真面目に悩んでいるのだ!」

岡部「最近は何をするにも手に付かん……」

岡部「俺はどうしたら良いのだ、ダル……」

ダル「……いやオカリン、最近何かと牧瀬氏に難癖付けまくってたじゃん、そもそも何で急にそう思い始めたん?」

岡部「あれはその……恥ずかしくて直視できぬというか」

ダル「は?」

岡部「だって紅莉栖だぞ?」

ダル「オカリンってこんなキャラだったっけ?」



続きを読む

【シュタインズゲート】鈴羽「そして『あたし』は生まれ変わる」

引用元: 鈴羽「そして『あたし』は生まれ変わる」

1: ◆/CNkusgt9A 2015/09/27(日) 00:00:09.05 ID:i4vz+jc8o

鈴羽「あたしは橋田鈴。今日で55歳になる」

ダル「えっと……僕の娘、ってことでFA?」

鈴羽「そうだよ、父さん」

まゆり「どうしてまゆしぃのこと、まゆねえさんって呼ぶのかなー」

鈴羽「まゆねえさんはまゆねえさんだよ」

紅莉栖「私はあなたの孫弟子、なんですか?」

鈴羽「物理学に関してはそうじゃないかな」

るか「うちの神社にPCの奉納を依頼された……」

鈴羽「一応ね。秋葉幸高にIBN5100の奉納を代行してもらった」

萌郁「だから……私と岡部くんが神社にIBN5100を探しに……」

鈴羽「そういうこと」

フェイリス「ママがずっと海外で看病してたニャ……?」

鈴羽「秋葉ちかねさんには頭が上がらないよ」

岡部「まさか、ラボの元オーナーだったなんてな」

鈴羽「42型ブラウン管テレビを確保したのもあたし」

鈴羽「それじゃ、ラボメンのみんな―――」

鈴羽「―――あたしに、君たちのシュタインズ・ゲートを紹介してほしいな」



―――――
―――




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443279609




続きを読む

【シュタインズゲート】岡部「紅莉栖をひたすら愛で続けたらどうなるか」

1:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/15(日) 18:32:00.78ID:wY4qDBeU0
紅莉栖「ねえ、岡部」

岡部「なんだ助手」

紅莉栖「………」

岡部「…………なんだ、紅莉栖」

紅莉栖「28回」

岡部「は?」

紅莉栖「今日、岡部が私以外の女の子とスキンシップした回数」

岡部「はあっ!?」

紅莉栖「まゆりと10回、フェイリスさんと13回、桐生さんと2回、漆原さんと3回」

岡部「…………」


続きを読む

紅莉栖「覚えててくれてるかな……」

引用元: 紅莉栖「覚えててくれてるかな……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 21:45:50.63 ID:cfwrUvNP0

紅莉栖「ハロー……あー暑い」

紅莉栖「あれ……誰もいないの?」

紅莉栖「って、誰もいないのに鍵かけてないじゃない。 岡部ね」

紅莉栖「あー、ほんと暑い……」パタパタ

紅莉栖「……」

紅莉栖「……」

紅莉栖(岡部、今どこ……と)スッスッ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437828340




続きを読む

岡部「フェイリスが二人もいるだと……」

1: ◆jwzTa4PnO. :2011/09/24(土) 22:39:52.60ID:bpgEjgnI0
inラボ

フェイリス「フェイリスはフェイリスニャン!」

留未穂「岡部さん、私は留未穂だよ? 私たち双子だよ?」

岡部「双子……」



勢いに任せてみた
展開未定だし、書き溜めのないけど、書きたいから書く




続きを読む

紅莉栖「岡部がツンデレ過ぎて生きるのが辛い」

1: 忍法帖【Lv=33,xxxPT】 :2011/07/12(火) 20:01:18.65ID:g4DtJuAN0
岡部「フゥーハハハ!だから貴様はアフォなのだ!HENTAI天才処女クリスティーナよ!」

紅莉栖「………」グス

岡部「なっ、何故泣く!?何時ものお前ならもっと言い返してくるはず」アタフタ

岡部「す、済まない紅莉栖。頼むから泣かないでくれ、まゆり達も見てるから」オロオロ

紅莉栖「……うん、許す」グス

岡部「よ、良かった……」ホッ

紅莉栖(やはり……岡部はツンデレ)




STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん(限定版) 予約特典:未来ガジェット12号機「だーりんのばかぁ」付き
続きを読む
先週のオススメ記事
いろいろ
このエントリーをはてなブックマークに追加

全記事一覧
TOP絵置き場


まとめ依頼募集してます。

ブログパーツ
記事検索
Twitter プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
逆アクセスランキング
マスコット:しょうこたん

カゼタカ2ブログchのkaibu222様に頂きました!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
本文