ヘッドライン

女SS

  • 女「私さ…」男「そっか」 [2017/2/15]
  • 男「あ、おはよう」女「いちいち“あ”をつけるのやめてよ!」 [2017/2/5]
  • 女「寒いなぁ…」男「そっか」 [2017/2/4]
  • 女「多分…好き」男「そっか」 [2017/1/31]
  • 女「ねぇ、教科書見せてくれる?」 [2016/6/5]
  • 男「……あ…やべ……眠気……」 女「……」 [2016/1/12]
  • 男「……」ペラ… 女「……」ペラ… [2016/1/11]
  • 委員長「今日、転校生がくるらしいよ?」転校生「へえー」 [2015/4/19]
  • 女「不幸の手紙きたんだけど」男「レアじゃね」 [2015/4/19]
  • 女「マンガのヒロインとかって、チョロすぎ!」女友「そうかなぁ?」 [2015/3/25]

女「私さ…」男「そっか」

引用元: 女「私さ…」男「そっか」

1: ◆nRrk0j/cII 2017/01/09(月) 22:54:55.66 ID:k5oh5eLS0

もっと触って

もっと確かめて

私の存在を証明して

それができるのは貴方だけ

それが分かるのは私だけ

ほら雨が降り出した

この雨みたいに混ざり合おう

ずっと一緒に

永遠に



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483970095




続きを読む

男「あ、おはよう」女「いちいち“あ”をつけるのやめてよ!」

引用元: 男「あ、おはよう」女「いちいち“あ”をつけるのやめてよ!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/07(土) 20:18:34.04 ID:dipKyblPo
女「おはよーっ!」

男「あ、おはよう」

女「今日も寒いねー」

男「あ、ホント寒いよね」

女「……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483787913




続きを読む

女「寒いなぁ…」男「そっか」

引用元: 女「寒いなぁ…」男「そっか」

1: ◆nRrk0j/cII 2017/01/05(木) 22:38:28.81 ID:AX+Wc+rK0


冬が好きだ。

何よりも寒いのが。

手袋にマフラーだってできる。

寒いのを口実に抱きついても許される。

夏場はそうはいかない。

だから冬が好き。

寒いなぁ…とぼそっと呟いた。

君はどうしてくれるんだろう?



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483623508




続きを読む

女「多分…好き」男「そっか」

引用元: 女「多分…好き」男「そっか」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/01(日) 09:11:43.57 ID:yElWUePI0
とある国にお姫さまと王子さまがいました。


「ねえねえ、好きってどんな気持ちなの?」


お姫さまは王子さまに聞きました。


「君は僕のことが好きじゃないの?」


王子さまは少し残念そうでした。


「うーん…きっと好きだけど…よく分からないの」


王子さまは少し嬉しそうな顔をしてお姫さまを抱きしめました。


「どう?」


お姫さまはちょっとびっくりしながら答えました。


「あったかい」


王子さまは満足そうに言いました。


「これで良いんじゃない?」


お姫さまは王子さまを抱き返しました。


「うん、このあったかさだけで十分ね」


2人が一緒に暮らすのは、もう少し先のお話です。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483229503




続きを読む

女「ねぇ、教科書見せてくれる?」

引用元: 女「ねぇ、教科書見せてくれる?」

1: 2016/02/26(金) 04:56:00.23 ID:L9VbBZX80


ミステリー系

完結済み




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456430159




続きを読む

男「……あ…やべ……眠気……」 女「……」

引用元: 男「……あ…やべ……眠気……」 女「……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/02(金) 19:32:38.67 ID:N2WZ+QRQ0
男「授業中なのに……寝ちゃ駄目なんに……だめ……」バタッ

女「……」

男「Zzz」

女「……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443781958




続きを読む

男「……」ペラ… 女「……」ペラ…

引用元: 男「……」ペラ… 女「……」ペラ…

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/01(木) 20:29:19.58 ID:NVG5PADR0
男「……」ペラッ…ペラッ…

女「……」ペラ…

男「……アーマード……!?」ボソッ

女「……」

男「(馬鹿な……第1巻で闇のアーマードは消えたはず……)」

男「(よもやこの12巻で再び復活する……だと……!?)」

男「(この本の作者……どういう物語を創っていく気なんだ!?)」

女「……」

女「……どんぐり……」ボソッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443698959




続きを読む

委員長「今日、転校生がくるらしいよ?」転校生「へえー」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 14:15:31.78ID:ouegUCdh0
―――教室

担任「あ、委員長ちょっと」

委員長「はい」

担任「明日から転校生が来るんだが、色々とよくしてやってほしい」

委員長「そうなんですか?わかりました」

担任「初めのうちは転校生も馴染めないで大変だと思うから、頼むな」

委員長「はい。がんばります」

担任「じゃあ、よろしくな」

委員長(転校生かぁ……どんな子だろう……?)




続きを読む

女「不幸の手紙きたんだけど」男「レアじゃね」

1: ◆.zeSrWjK2c :2012/01/29(日) 00:27:12.55ID:YqaDHUXO0
一日目 朝 教室

男「今時それってすげえ珍しいと思う」

女「そうかもしれないけどさ。不気味なんだよ。実物見る?」ゴソゴソ

男「あるのか?見る見る」

女「『この手紙は幸運の手紙です。七不思議の証明は済みましたか?一週間以内に完了しなければ、あなたに不幸が訪れます』って」

男「なんつーか、汚い字だな。頭おかしいやつが書いたんじゃねえのか?赤ペンのインク滲んでるし」

女「消印無かったから、家に直接入れたんだと思うんだけど・・・。昨日帰ったら入ってて」

男「手の込んだいたずらだな。しかし『七不思議』ってなんのこった?」

女「全然・・・。思いつくのは『学校の七不思議』くらいかな」

男「・・・まあ気にしても仕方ないだろ。いたずらだ。それも捨てちまえよ」

女「・・・そうだね。破いて捨てちゃうよ」ビリビリ・・・




続きを読む

女「マンガのヒロインとかって、チョロすぎ!」女友「そうかなぁ?」

引用元: 女「マンガのヒロインとかって、チョロすぎ!」女友「そうかなぁ?」

1: ◆ZWAJnJ4q9E 2015/01/14(水) 00:38:55.58 ID:iLsZQr55o
女「『そうかなぁ?』じゃないよー。ホントチョロいと思わない?ちょっと助けてもらったくらいですぐ惚れてさ~」

女友「うーん……私助けてもらった事ってあんまりないから……」

女「あとなんかさ、小さいころちょっと遊んだからってすぐ主人公に惚れる奴?あれなんなの?」

女友「小さいころの思い出は大きいっていうしさ~」

女「いやいや、美化しすぎでしょ!幼馴染とかカウント外だから!」

女友「う~ん……?」

女「それにヒロインって大抵が美少女じゃん?お金持ちだったりもするじゃん?
あれならもっといい男捕まえられるって!王子とかいけるって!」

女友「そこは身分とかより、愛じゃないかなぁ……」

女「その愛を育めるほどの相手なの!?」


道化師「育めるほどの相手なのかもしれませんよ?フフフ」


女「わっ」

女友「うわぁ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421163535




続きを読む
先週のオススメ記事
いろいろ
このエントリーをはてなブックマークに追加

全記事一覧
TOP絵置き場


まとめ依頼募集してます。

ブログパーツ
記事検索
Twitter プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
逆アクセスランキング
マスコット:しょうこたん

カゼタカ2ブログchのkaibu222様に頂きました!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
本文