ヘッドライン

月別アーカイブ [ 2013年05月 ]

  • P「春香が千早を食ってるって!?」小鳥「!!」 [2013/5/31]
  • P「終電を逃した律子を泊めた結果」 [2013/5/31]
  • やよい「ある日の夕食風景」 [2013/5/30]
  • ライナー「俺は、こんなことには負けない」 [2013/5/30]
  • 雪歩「LOST」 [2013/5/30]
  • 恵美「勇者が魔王をストーカーなんて…はぁ…」 [2013/5/29]
  • 千早「隣のお兄さん」 [2013/5/29]
  • ミカサ(80)「エレンがまだ現役」 [2013/5/29]
  • 千早「呼吸」 [2013/5/29]
  • P「君と過ごす1週間」 [2013/5/28]

P「春香が千早を食ってるって!?」小鳥「!!」

マジキチ注意続きを読む

P「終電を逃した律子を泊めた結果」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 19:15:11.07ID:Eb9/BLjD0
<ガチャッ

律子「あの…お風呂、ありがとうございました。あと着替えも」

P「お、おう…じゃ、そのなんだ、その辺に…うん」

律子「…失礼します」

P「………」

律子「………」

P・律子「あの!」

P「………どうぞ」

律子「…プロデューサーからどうぞ」

P「………その、なんだ…うん、あの…髪…ながいな」

律子「そうですかね?切りましょうか?」

P「いやいや!そのくらいのほうが好きだし!………あ」

律子「~っ!そ、そうですか、参考にします、はい」

P「(どうしてこうなった…)」




続きを読む

やよい「ある日の夕食風景」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/28(火) 22:03:06.60ID:UYZV2zVDo
【765プロ 事務所】

P「ただいま戻りました」

小鳥「おかえりなさい」

律子「おかえりなさい。やよいもお疲れ様」

やよい「小鳥さん、律子さん、お疲れ様です!」

律子「予定より早く終わったんですね」

P「あぁ。思いのほか収録がスムーズに進んだからな。NGなしの1発OKで」

小鳥「あら、すごいじゃないやよいちゃん」

やよい「えへへ、ありがとうございます」

P「やよい、ソファーで待っててくれ」

やよい「はい、分かりましたぁ!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1369746186




続きを読む

ライナー「俺は、こんなことには負けない」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/27(月) 01:41:43.65ID:s57pQzTOo
静かな空間に自分の荒い息だけが響いている。

ライナー(――息を整えろ)

一度深く息を吸い、ゆっくり大きく吐き出すことで無理やり呼吸を整えた。

ここは訓練場の中でも人通りが少ない区画に位置している。

誰かが偶然にでも通りかかってくれる可能性は低いだろう。

ライナー(――落ち着け)

毒づきたくなる自分を必死に抑える。

ここにいることはまだ知られていないはずだ。

なんとか見つからずに居住区まで戻らなくてはならない。

こっそりと建物の角から顔を覗かせ周囲を見渡す。

ライナー(いないな……。いけるか?)

一瞬迷ったが、すぐに決断して走り出す。

見つかった気配はない。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1369586503




続きを読む

雪歩「LOST」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/29(水) 04:24:20.28ID:nO8YoHBp0
765プロ事務所 屋上

雪歩「…」

P「…」ガチャ

P「…ここにいたか」

雪歩「あ、プロデューサー」

雪歩「ふふ、主役が抜けてきていいんですか?」

P「主役はおれじゃないさ」

雪歩「…そうですね。プロデューサーはいつもそう言うんです」

雪歩「『がんばったアイドルの力だ!』って…ふふ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1369769060




続きを読む

恵美「勇者が魔王をストーカーなんて…はぁ…」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/26(日) 21:05:17.39ID:nT7d8bGh0
恵美(遠目だけど…今日もあいつは真面目に働いているわね…)

恵美(私…いつまでこんな事を続ければいいのかしら…)

恵美(はぁ…)




続きを読む

千早「隣のお兄さん」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/12(日) 18:00:08.78ID:CD2d0Fie0
アイマスの二次創作SS

アイドルになる前の千早の話です

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368349208




続きを読む

ミカサ(80)「エレンがまだ現役」

1: ◆ea43ELrW7g:2013/05/27(月) 16:36:27.20ID:B3uTxD3AO
ネタバレ含むif物です。
※キャラ崩壊


エレン(80)「今日も巨人を駆逐してやるんじゃー!」


ミカサ「……行ってらっしゃいエレン」

――――
――


マゴミン「ミカサお婆ちゃんこんにちわー」

ミカサ「こんにちわ、マゴミン。アルミンお爺ちゃんと遊びに来たの?」

マゴミン「うん!お母さんがミカサお婆ちゃん達にもお菓子のお裾分けしてきなさいって」

ミカサ「ありがとう。お煎餅ね」

アルミン(80)「ふぅ……若い子は足が早いね……久しぶりミカサ」

ミカサ「久しぶりアルミン」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1369640187




続きを読む

千早「呼吸」

1: ◆K8xLCj98/Y:2013/05/27(月) 23:07:21.91ID:zsFgerQl0
千早「……ん」

春香「っ……ごめん、起こしちゃったかな」

千早「ん……どうしたの?」

 手を握られる感触で、目が覚めた。

春香「ううん、なんでもない」

 ベッドの中、春香との距離……0メートル。
 普段は春香が同じベッドで寝ることを遠慮するけれど、今日は自分から提案してきた。

 その原因は、おそらく。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1369663641




続きを読む

P「君と過ごす1週間」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/12/10(月) 17:48:00.41ID:2khUKqGE0
俺に響のプロデューサーをやらせてくれないか?」

目の前の青年が自分、我那覇響にそんなことを言う。
何を言っているのか、わからなかったぞ。
だって、その人は自分の敵だと教えられた人だから。
黒井社長に何度も言われた変態事務所765プロダクション。
そこに所属する変態プロデューサーが自分のプロデューサーをやらせてくれだなんて。
嫌がらせにしたってもう少しやり方があるぞ。
でも青年、765プロは自分のことを真剣な目で見つめてくる。
うぅ、この目は嫌がらせとか冗談じゃなくて本気みたいだぞ。
そもそも……どうして、765プロはこんなことを言い出したんだっけ?


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1355129280




続きを読む
先週のオススメ記事
いろいろ
このエントリーをはてなブックマークに追加

全記事一覧
TOP絵置き場


まとめ依頼募集してます。

ブログパーツ
記事検索
Twitter プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
逆アクセスランキング
マスコット:しょうこたん

カゼタカ2ブログchのkaibu222様に頂きました!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
本文