ヘッドライン

月別アーカイブ [ 2013年02月 ]

  • 小鳥「音無小鳥がなかまになりたそうにそちらをみている」P「…」 [2013/2/28]
  • 夏奈「アキラ。面白いゲーム貸して」アキラ「ギャルゲはどうです?」 [2013/2/28]
  • 内田「ねー、夏奈ちゃん」夏奈「んー?」 [2013/2/27]
  • 春香「あっ、冬馬くんだー」 冬馬「何で一々話しかけるんだ」 [2013/2/26]
  • P「765エンカウント」 [2013/2/25]
  • 小鳥「幸」 [2013/2/25]
  • たまこ「あれっ、みどりちゃん顔真っ赤」 [2013/2/25]
  • 真尋「引いてダメなら押してみるか…」 [2013/2/24]
  • 貴音「らぁめんに溺れてみたいです」P「まかせろ」 [2013/2/24]
  • マコちゃん「このままじゃマズイって!!」夏奈「急にどうした?」 [2013/2/23]

小鳥「音無小鳥がなかまになりたそうにそちらをみている」P「…」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/27(水) 18:36:35.52ID:43PfJ1Xz0
小鳥「なかまにしますか?」

P「仕事してください」

小鳥「もうおわりましたー」

P「…俺は終わってないんですよ」

小鳥「お手伝いしたいですけど残念ながら私にはできそうにもない書類ですね」

P「ま、俺の仕事ですから」

小鳥「事務員ってこういうポッとした空き時間ができることがよくあるんですよ」

P「そうですか」

小鳥「…うわー!やーらーれーたー!」バタッ

P「…」

小鳥「なんと、音無小鳥は起き上がって仲間になりたそうにそちらを見ている」

小鳥「なかまにしますか?」

P「お仕事します」

小鳥「ノリが悪いですよー!プロデューサーさん!」




続きを読む

夏奈「アキラ。面白いゲーム貸して」アキラ「ギャルゲはどうです?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/26(火) 11:53:45.49ID:QL2Psna10
中学校 教室

夏奈「はぁー退屈だなぁ。何か面白いことはないかな、ケイコ?」

ケイコ「もうすぐ試験だけど勉強はどうなの?」

夏奈「ケイコ。何を言っているんだ?」

ケイコ「え?」

夏奈「私はね、面白いことはないかと訊いたんだよ? どうしてそれが勉強に繋がるんだ?」

ケイコ「でも……」

夏奈「全く!!ケイコは面白いことも思いつけないほど勉強が好きなのか!! なら勉強と結婚してしまえ!!」

ケイコ「……」

夏奈「ケイコは勉強という恋人がいるから毎日楽しいんだろうけど、私には毎日が楽しくなるほどの恋人はいないからなぁ……」

ケイコ「――何様さっ!!!」

夏奈「……!?」




続きを読む

内田「ねー、夏奈ちゃん」夏奈「んー?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/26(火) 09:20:09.80ID:V7zKcx140
内田「夏奈ちゃんて、誰か好きな人いないの?」

夏奈「なんだー?急に。うーん、別にいないかなあ」

内田「あそ、そ、そうなんだ?」

内田「あ、あのさ、藤岡くんて、好きな人いたり、するのかな?」

夏奈「藤岡!??あいつはどうなんだろー?そういえばそんな話聞いたことないな」

夏奈「どうしたー?アイツのこと気になるの?」

内田「…ぅ……」

内田「…う……ん、ちょっとだけ」

夏奈「えっ?」ドキッ




続きを読む

春香「あっ、冬馬くんだー」 冬馬「何で一々話しかけるんだ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/25(月) 12:12:05.32ID:Ce0ED9Qu0
春香「え?話しかけちゃダメ?」

冬馬「いや、アレだろ。俺たちって敵同士だぜ」

春香「…敵って言い方やだなぁ」

冬馬「…とにかくそういうわけだから慣れ慣れしくすんな」

春香「うん、そういえばこの前買い物に行った時にね」

冬馬「お前話聞いてないだろ」




続きを読む

P「765エンカウント」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/25(月) 15:49:17.77ID:HhKgV0dM0
~都内・某マンション~

P「うぃ~す」

律子「あ、お疲れ様です」

小鳥「お疲れ様です、プロデューサーさん」

P「お、やってますね」

小鳥「懐かしくないですか、これ」

律子「結構難易度が高いんですよね」

P「元からそうだけど、二人でやると余計難易度上がるんですよねー、っと」

律子「あ、お菓子ですか?」

P「おう。お茶入れるわ」

律子「あ、私やりますよ。一回休憩しましょう」

P「じゃあ任せていいかな?」

律子「来たばかりですしね。休んでてください」

P「あんがと。いやー、しっかし」

P「……どうしてこうなった」




続きを読む

小鳥「幸」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/24(日) 19:56:41.26ID:empSB0fL0
春香「楽しみだね!今度のライブ!」


真「すっかり忙しくなっちゃったからね……仕事で全員集まるの、久しぶりじゃない?」

雪歩「み、みんなの足を引っ張らないように、私、頑張るね、真ちゃん」


やよい「今度は、ライブ以外にも、お話し会があるんですか?」

律子「お話し会って、学芸会か何かじゃないんだから。トークよ、トーク。」

伊織「芸人魂の春香やあみまみ始め、おバカなやりとりを期待しているお客さんも多いのよ」


千早「……私は、歌さえ歌えれば。それ以外は、あまり気が乗らないわね」

亜美「あいかわらずお堅いねぇ、千早お姉ちゃん!」

真美「千早お姉ちゃんは、声きれいだから、トークしてもその声でみんなうっとりしちゃうよ~」



小鳥(相変わらず、今日もにぎやかで、かしましい、765事務所です)




続きを読む

たまこ「あれっ、みどりちゃん顔真っ赤」

1: ◆1BrjSSUSHI :2013/02/24(日) 11:32:48.50ID:W5+n2x6K0
みどり「・・・はぁ」

かんな「あれ」

かんな「みどちゃん、ため息?」

みどり「うん、ちょっとね」

かんな「相談してみたかったりする?」

みどり「べ、別にいいよ」




続きを読む

真尋「引いてダメなら押してみるか…」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/04(水) 12:45:27.40ID:QsuTxwF/I
真尋「今まで結構ニャル子のアピールをスルーしてきたけど…」

真尋「まあ、あんまり意味が無かった気がする……」

真尋「結局ニャル子のアタックは終わらないしな…」

真尋「発想の転換で逆に押してみたらどうなるかな」




続きを読む

貴音「らぁめんに溺れてみたいです」P「まかせろ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:59:36.27ID:eqJNpz0V0
貴音「本当ですか、プロデューサー!」

P「ラーメンの食べ放題に行こう」

貴音「食べ放題!!」




続きを読む

マコちゃん「このままじゃマズイって!!」夏奈「急にどうした?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/22(金) 11:16:35.46ID:MMmLzCV70
マコ「きたよー!!」

千秋「マコちゃん、いらっしゃい」

マコ「あれ、ハルカさんは?」

夏奈「ハルカは買い物だ」

マコ「そっかぁ……」

千秋「マコちゃん、遊ぼう」

マコ「そうだね! 遊ぼうかチアキ!!」

千秋「うむ。実はマコちゃんに見せたいものがあったんだ」

マコ「なになに?」

千秋「マコちゃんって服のセンスがいいから、このファッション誌から私に似合いそうな奴を選んで欲しいんだ」

マコ「オレに任せろ、チアキ!! 姉譲りの選美眼でチアキにぴったりの服を選ぶから!!」

千秋「心強いな。流石はマコちゃんだ」

夏奈「……」




続きを読む
先週のオススメ記事
いろいろ
このエントリーをはてなブックマークに追加

全記事一覧
TOP絵置き場


まとめ依頼募集してます。

ブログパーツ
記事検索
Twitter プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
逆アクセスランキング
マスコット:しょうこたん

カゼタカ2ブログchのkaibu222様に頂きました!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
本文