引用元: DIO「『ザ・ワールド』ッ! 時計よ、止まれッ!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/17(土) 01:41:27.54 ID:Wa/f+mAao
DIO「『ザ・ワールド』ッ! 時計よ、止まれッ!」

ピタッ

DIO「フハハハハッ! 止まったぞッ!」

エンヤ婆「さすがですじゃ! DIO様こそ世界を支配するお方ですじゃ~~~~~!」

DIO「……って」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481906487








2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/17(土) 01:44:59.86 ID:Wa/f+mAao
DIO「なんなのだ、この踏み潰されたカエルからはみ出したクソのような能力はッ!」

DIO「こんな能力で一体なにをどうしろというのだァッ!」

エンヤ婆「お……落ち着いて下され、DIO様」

エンヤ婆「ブタもおだてりゃクソの山に登るといいますし、きっと使い道があるはずですじゃ!」

DIO「暗に『カス能力つかまされましたね、お可哀想に』といってるではないか!」

エンヤ婆「ヒイッ! つい本音が出てしまいましたですじゃ!」

DIO「クソッ、なぜこのDIOがこんな目に……!」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/17(土) 01:46:26.61 ID:Wa/f+mAao
夜の散歩中――

DIO(あのレストランでメシを食ってから、館に戻りたいが……)

DIO(まもなく『閉店時間』だッ! まずいッ!)

DIO(しかし……あそこの店主は閉店前に入れば、注文を受けつけてくれるタイプ!)



DIO「『ザ・ワールド』ッ! 時計よ、止まれッ!」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/17(土) 01:50:04.66 ID:Wa/f+mAao
ガチャ…

DIO「こんばんは」

店主「すみません、お客さん……もう閉店でして……」

DIO「ンン~~~? そいつはどうかな?」

店主「へ?」

DIO「時計をよく確認してみるがいい……」

店主「ハッ! まだ閉店時間になっていないッ! 『閉店5分前』だッ!」

店主「失礼しました! カウンターのお席にどうぞ~」

DIO「うむ、長居するつもりはないから安心しろ」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/17(土) 01:53:07.11 ID:Wa/f+mAao
試験中――

DIO(ひょんなことから資格試験を受けてみたが……)

DIO(この配点の高そうな問題を解くのに、時間が足りんッ!)

DIO(時間をかければ解くことができるだろうに、試験時間はもう残りわずか……)

DIO(まさかこのDIOがッ!)

DIO(試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分を味わうとはッ!)

DIO(ハッ、そうだ!)

DIO「『ザ・ワールド』ッ! 時計よ、止まれッ!」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/17(土) 01:57:26.41 ID:Wa/f+mAao
ザワザワ… ガヤガヤ…


受験生A「会場全体の時計が止まってて、試験時間が10分も延びちゃったらしいな」

受験生B「でも今さらやり直しなんかできないだろうし、ラッキィ~」

受験生C「会場の時計だけでなく、おれたちの時計も止まってたもんなァ~……」



DIO(ククク……このDIOに感謝するがいい)




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/17(土) 02:00:50.07 ID:Wa/f+mAao
待ち合わせ――

プッチ「DIO……遅いぞ。10分の遅刻だ」

DIO「わたしが遅刻……? よく時計を見てごらんよ……」

プッチ「こ、これはッ! 今がちょうど『待ち合わせ時刻』だったというわけか!」

プッチ「すまなかったDIO……君を遅刻者扱いしてしまった」

DIO「いや、いいんだよ……気にしないでくれ。わたしと君との仲じゃあないか……」

DIO(時計を止めておけば……遅刻は遅刻にはならないッ!)




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/17(土) 02:04:27.64 ID:Wa/f+mAao
読書中――

DIO「――ん」

DIO「おおっ! デジタル時計が『11:11』を表示しているッ!」

DIO「このDIOは、実はこういうゾロ目が揃うシーンが結構好きなのだッ!」

DIO「『ザ・ワールド』ッ! 時計よ、止まれッ!」

ピタッ

DIO「フフフ……これでいつまでも『11:11』を眺めていられる……」




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/17(土) 02:08:31.13 ID:Wa/f+mAao
買い物中――

DIO「この時計、もう少し安くならないのか?」

店員「なりませんねェ~、この値段でイヤならよそへ行って下さいよォ~」

DIO「『ザ・ワールド』ッ! 時計よ、止まれッ!」

ピタッ

DIO「おい、この時計、針が止まっているぞ。欠陥品じゃあないのか?」

店員「あれェェェ!? こんなハズが……ッ!」

DIO「なにがこんなハズだ。現に止まっているではないか」

店員「ヒィィーッ!」

DIO「ところで、値段……」

店員「はいっ、お客様の言い値で売らせていただきますゥ!」




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/17(土) 02:09:16.23 ID:Wa/f+mAao
DIO「フッフッフ……ン~フフフフフ……」

エンヤ婆「DIO様、近頃妙に『ハイ』になっておられますが、どうしたんですじゃ?」

DIO「エンヤ婆よ」

DIO「時計を止める能力……結構役に立つッ!」







< 完 >




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/17(土) 02:23:37.96 ID:lw3vBLEVO
優しい世界




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/17(土) 03:03:59.81 ID:Yuw37FUYO
???「おれが時計を止めた…」




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】DIO「『ザ・ワールド』ッ! 時計よ、止まれッ!」




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...