引用元: P「本当、羨ましいんです……」小鳥「……………」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 08:38:43.93 ID:XwUagV5X0




P「……………」カタカタ


P「……あ、また打ち間違えた……デリートデリート……」カタカタ


小鳥「えっと……この資料のチェックは終わって、次は……」


プルルルル……プルルルル……


P「はい、こちらPです」


P「……あ、どうも」


P「はい……今、居るので代わりますね」


P「音無さん、電話ですよ」スッ


小鳥「あ、はい、もしもし音無ですが……えっ、お母さん?」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447457923








2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 08:44:31.48 ID:XwUagV5X0




小鳥「ちょっと、この電話に掛けないでって……!」


小鳥「どうせ、そこにいるからって……もう!」


小鳥「次からは、あたしの携帯にしてよね?」


小鳥「それで用事は……うん……うん……」


小鳥「あぁ、それは来週の日曜よ、今週じゃないの」


小鳥「うん、そう……はいはい、わかりました、じゃあね」ピッ


小鳥「すみません、プロデューサーさん……母がとんだご迷惑を」スッ


P「いえいえ……何の電話だったんですか?」







3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 08:50:04.28 ID:XwUagV5X0



小鳥「来週、実家に帰るって言ったのに、勘違いして今週かと思ってたらしくて……」


P「あぁ~……確か、来週の日曜に遊びに行くんでしたよね?」


小鳥「はい……本当、そそっかしい母親で……勘違いなんかよくして」


小鳥「迷惑な母親で恥ずかしい限りです……」


P「でも、音無さんとは仲良好ですね、電話の様子も見ても……」


小鳥「……まぁ、そうなんですけどね」


P「……ん~!入力作業、一区切りついた!疲れた~!」ノビ~


小鳥「ちょっとここで一息入れて、休憩にしましょうか」


P「おっ、いいですね。一定の体勢じゃ体に悪いですからね」


小鳥「じゃあ、お茶とお菓子出しますね」スクッ


P「あっ、ありがとうございます」







4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 08:55:21.87 ID:XwUagV5X0





小鳥(えっと……煎餅があったけど……センスがおばさん臭く思われるかも……)ガサゴソ


小鳥(あっ、ポリッピー……まぁ、これでいっか)


小鳥「おまたせしました~、こっちで休憩しましょうか」スタスタ


小鳥「よいしょっ……と」ストンッ


P「そうですね……じゃ、いつもみたいに」


P「よっ……と」ゴロンッ


小鳥「ふふふ、プロデューサーさん、相変わらず横になるの好きですね」ニコッ


P「疲れた時は、一番楽な体勢でいるのが一番ですよ」ゴロゴロ






5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 08:59:56.60 ID:XwUagV5X0





P「あ、お菓子いただいていいですか?」


小鳥「あ、はい、どうぞ」スッ


P「じゃあ……」パクッ


P「……んん~、ポリッピーですか、酒が飲みたくなりますね」ポリポリ


小鳥「プロデューサーさん?お酒は残りの仕事が終わってからですよ?」


P「了解です……あ、そういえば」


小鳥「どうしました?」


P「音無さん、香水とか付けました?」くんくん


小鳥「えっ……あっ」


小鳥「そういえば、今日の朝、少し匂いの強いシャンプーに変えて……」


P「あ~、なるほど……どうりで入力作業の時、この匂いが……」くんくん


小鳥「すみません、迷惑でしたか?」


P「いやぁ、結構好きですよこの匂い」


小鳥「本当ですか?よかった……」ホッ







6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 09:05:55.12 ID:XwUagV5X0



P「いやぁ~、それにしても眠い……今日家に帰るのが億劫だ……」


P「いっそこのまま、今日も泊まり込みで仕事しようかな……なんて」


小鳥「ふふふっ……わざわざ自分の家に家賃払ってるのに、帰らないのって勿体無くありません?」


P「そうですよねー……帰るの疲れるなぁ」


P「それにしても……はぁ~……」シュン


小鳥「溜息ついて、どうしました?」


P「いや、あのですね……」


P「最近のカップル達が羨ましいんですよ……」







7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 09:10:10.49 ID:XwUagV5X0




小鳥「あぁ……またその話ですか?」


P「いや、だって本当羨ましいですよ……」


P「あんな人目を気にせずに、いちゃいちゃイチャイチャと」


P「俺にも、もし彼女がいたら、こんな惨めな気持ちにはなりませんよ……はぁ……」


小鳥「プロデューサーさんも、彼女を作ってみては?」


P「脈がありそうな相手がいなくて……」


P「今の女性の関係者全員に告白しても」


P「きっと、フられて終わり……ですよ」


P「なので、毎日カップルを妬んでは泣き、妬んでは泣きで……」


小鳥「はぁ……そうなんですか……」



小鳥「………………」







8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 09:15:14.70 ID:XwUagV5X0



P「この前見たカップルなんて、公園で膝枕してベンチ座ってるんですよ!?」


P「しかも、『耳の中見せてよ~///』『おぉい、や~め~ろ~よ~///』とかいう会話して……」


小鳥「公園で堂々と……凄いですね」


P「はぁ~……俺にも、彼女がいればな~……」


P「今は、大分前に頼んでから以降……」


P「音無さんに膝枕して貰ってるけど」ゴロゴロ


P「音無さんは彼女じゃないからなぁ……はぁ~……」ゴロゴロ


小鳥「…………………」






9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 09:19:17.80 ID:XwUagV5X0




P「音無さんが彼女だったらなぁ~……」


P「今の膝枕が、もっと幸せに感じるんだろうなぁ~……」


P「今も、柔らかい肌包まれた上、音無さんの美人顔が見れて幸せなんだけど……」


P「でも、音無さんは彼女じゃないからなぁ……」


P「これは必死に頼んだから、同情されて、やって貰ってる事なんだよなぁ……はぁ~……」


小鳥「………………」なでなで


P「あ、どうも」








10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 09:24:45.08 ID:XwUagV5X0



P「他にも羨ましい所があってですね……例えば……」


P「ファミレスとかで、『あ~ん』なんてしてるカップル!」


P「食べ物は自分で食べるって教育、受けなかったんですかね……全く」


P「……でも、羨ましい……はぁ」シュン


小鳥「食べた本人も、きっと何倍に美味しく感じてるんでしょうね」


P「……あ、またポリッピー貰っていいですか?」


小鳥「あ、はい、じゃあまた、さっきみたいに口開けてもらっていいですか?」


P「はい、あ~ん」パッ


小鳥「ふふふ、どうぞ」スッ


P「んっ……」パクッ


P「……うん、酒のつまみに合うなコレ」モグモグ


小鳥「あたしも少し貰いますね」パクッ






14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 09:28:42.43 ID:XwUagV5X0




P「音無さんが彼女だったらなぁ~……」


P「今の『あ~ん』が、もっと幸せな気分になれるんだろうなぁ……」


P「今も音無さんに食べさせてもらって、ちょっと指と唇が当たったりして、嬉しいんだけど……」


P「だけど、音無さんは彼女じゃないからなぁ……」


P「これは、お願いした事を叶えてくれてる事なんだよなぁ……はぁ~……」



小鳥「……はい、あ~ん」スッ



P「あ~ん」パクッ









16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 09:33:26.23 ID:XwUagV5X0



P「……他にも羨ましい所があってですね……例えば……」モグモグ


P「電車で、必要以上にくっつくカップルとかいたんです!」


P「2人して席に座って、ベタベタとくっついて……」


P「ほぼ彼女が、彼氏の膝の上に座ってる状態でしたよ」


P「全く……電車がガラガラに空いてたからって……傍迷惑な……」


小鳥「まぁ、ガラガラならいいじゃないですか」


P「……羨ましいなぁ……はぁ~……」


P「さっきは音無さんに、お願いして」


P「膝の上に座って貰いつつ、資料チェックしてもらったけど……」


P「音無さんは彼女じゃないからなぁ~……はぁ~……」


小鳥「…………………」







17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 09:37:43.48 ID:XwUagV5X0




P「音無さんが彼女だったらなぁ~……」


P「きっと、幸せの重さを、もっと噛みしめられるんだろうなぁ……」


P「さっき乗ってもらった時も、女性らしい柔らかい肌感触や、抱き心地の良さ」


P「シャンプーの良い匂いで、堪らなく幸せだったけど……」


P「しかし、音無さんは彼女じゃないからなぁ……」


P「乗って貰ったのは、頼まれたからやってもらってる訳で……はぁ~……」


小鳥「…………………」






19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 09:41:24.83 ID:XwUagV5X0



P「音無さんが乗ってる間、シャンプーのいい香りを堪能出来ましたよ」


小鳥「な、なんか、匂い嗅がれるのって恥ずかしいですね……///」


小鳥「スウィーティ系のシャンプー使ったんですけど……スウィーティ系好きなんですか?」


P「まぁ、そうですね。音無さんの匂い自体好きなんですけどね」


P「きっと、あの電車カップル彼氏も、彼女の匂いを堪能したんだろうなぁ」


P「彼女の匂いってのは、きっとどんな匂いでも好きになるんだろうな……うんうん」








20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 09:46:16.77 ID:XwUagV5X0





P「……他にも羨ましい所があってですね……例えば……」くんくん


P「帰り道の時、カップルが互いの両親に挨拶しに行く話をしてて……」


小鳥「ご両親に結婚報告ですかね?」


P「そうですかねぇ……結婚かぁ……俺も早くしたいなぁ……」


P「お互いの家族に認められて、満場一致とかだったら最高ですよね」


小鳥「挨拶しに行くのは緊張しますけど、良い思い出にはなりますね」


P「『娘さんを下さい!』なんてドラマみたいな台詞言って……羨ましいなぁ……はぁ~……」


P「来週の日曜は音無さんの実家へ、一緒に遊びに行きますけど……」


P「これは、結婚報告のご挨拶とかじゃないしなぁ……」


P「そもそも音無さんは、彼女じゃないしなぁ……はぁ~……」


小鳥「…………………」









21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 09:50:53.70 ID:XwUagV5X0


P「でも、音無さんのお母さん」


P「音無さんに用があるのに、俺の携帯にかけてくるとは……」


小鳥「すみません、いつも一緒にいるからって、そっちの携帯に掛けて……」


P「いやいや、俺は構いませんよ」


P「音無さんのご両親、凄く良い方達ですよね」


P「前一緒に遊びへ行った時も、夕飯まで用意して下さって……」


P「『うちの娘の事、末長くよろしくお願いします』なんて言って、娘想いな所あるし……」


P「大人になっても友人関係を心配してくれる親なんて、中々いませんよ?」


小鳥「友人……関係……」


小鳥「そう、ですね……ははは……」


P「次で俺、音無さんの実家に行くの2回目になりますけど……」


P「今いる、この音無さんの家には、もう何十回も遊びに来てますよね」







22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 09:55:57.10 ID:XwUagV5X0





小鳥「そうですよね……わざわざ遠くから電車で来ていただいて……」


P「よく残りの仕事をしに来たり、一緒に酒を飲みに来るようになりましたよ」


P「これが、彼女の部屋とかだったらドキドキするんだろうなぁ……」


P「今も音無さんの部屋に来ても、半纏姿を見てドキッてしますけど……」


P「きっと、彼女の家に遊びに行くのとは違うドキドキなんだろうなぁ……はぁ~……」


P「やっぱり、カップルが羨ましい……くそぅ……」ズ~ン…


小鳥「まぁまぁ、そんなに落ち込まないで下さいよ」なでなで


P「……ポリッピー……」


小鳥「はい、どうぞ」スッ


P「んっ……おいしいです」パクッ







23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 10:01:22.12 ID:XwUagV5X0




P「……やっぱ、お酒飲みたくなるなぁ……」モグモグ


小鳥「……お昼ですけど、もう飲んじゃいます?」


P「……そうですね!残りの仕事は後日やります!」スクッ


P「じゃあ、早速冷蔵庫を開けて……」スタスタ…


小鳥「あ、実はまだ買ってなくて……後でコンビニへ買いに行こうと……」


P「そうですか……あ、そうだ‼」


P「あの……音無さん」


小鳥「はい?」


P「一緒にデパートへ……手を繋いで、買いに行ってくれませんか?」


小鳥「手を繋いで……ですか?」


P「実は、前にカップルが手繋いでるのを見て羨ましくなって……」


P「またカップルの真似をしたいんです!」


P「だから……一緒に手繋いでくれませんか?お願いします!」バッ


小鳥「……うふふっ、あたしはかまわないですよ?///」ニコッ


P「やった!よし!」








24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 10:08:31.66 ID:XwUagV5X0




小鳥「あっ、夕飯も食べて行きます?それなら夕飯も一緒に買って……」


P「いいんですか?じゃあ、頂いて…」


P「あっ、でも……夜まで飲んでたら、終電ギリギリになりそうだな……」


小鳥「じゃあもう、今日も泊まって行きますか?」


P「いいんですか?6泊もしちゃって……」


小鳥「本当は家賃が勿体無いから、帰った方がいいと思いますけど……」


小鳥「まぁ、プロデューサーさん本人がいいなら」


P「いやぁ、ありがとうございます!」








25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 10:13:29.83 ID:XwUagV5X0


小鳥「じゃあ、化粧や着替えしますので……ちょっと待ってて下さいね」


P「はい、じゃあ、玄関の外で待ってますね」スタスタ


小鳥「あっ……いや、あの……」


P「それじゃあ、後で」ガチャッ


バタンッ










小鳥「……………」


小鳥「もう一緒のベッドで寝た仲だし……」


小鳥「正直、あんまり着替え見られても恥ずかしくないから」


小鳥「中で待ってくれてても、良かったのになぁ……」


小鳥「……まぁ、深い意味でのベッドで寝る、じゃ無いけど……」


小鳥「………………」


小鳥「はぁ……」


小鳥「何で交際相手になって下さい、って言えないんだろうなぁ……」


小鳥「プロデューサーさんも……あたしも」ズーン……










36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 21:33:08.04 ID:Z1pFPPeVo

家の壁とドアと窓がボロボロなんだが




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】P「本当、羨ましいんです……」小鳥「……………」




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...