引用元: 木曾「虫歯になった?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 18:28:50.77 ID:QegZIZT+0
多摩「そうみたいだニャ」

木曾「で、アレか」



球磨「クマは虫歯なんかじゃないクマ!!」ジタバタ!!ジタバタ!!

北上「そー言ってもさっきすごかったじゃん」

大井「明石さんに治してもらいましょう?」

球磨「嫌だクマー!!怖いクマああああああああああああああああああああ!!!!!!」ジタバタ!!ジタバタ!!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443950930








2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 18:37:09.94 ID:QegZIZT+0
木曾「発端はなんなんだ?」

多摩「あれは演習の時だったニャ――――」



演習中

球磨「舐めるなクマあああああああああああ――――あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”ッッッ!!!!!!」

魚雷を撃つと同時に一瞬バランスを崩す。

北上「どうしたの、大丈夫?」

球磨「な、何でもないクマー!!」


多摩(明らかにほっぺた抑えていたニャ・・・)





3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 18:50:50.20 ID:QegZIZT+0
そして演習終了後

球磨「第二艦隊演習終わったクマよ」

提督「お疲れさん。あ、これご褒美のアイス券ね」

と、全員にアイス券を渡す。

球磨「クマー!!早速食べに行くクマー!!」

北上「まあまあそう焦らなくてもアイスは逃げないよー」


駆逐艦’s「「「お疲れでしたー!!」」」

多摩「お疲れだニャー」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 19:02:05.56 ID:QegZIZT+0
間宮

多摩「疲れが取れていくニャー・・・」

北上「そだねー」

球磨「やっぱり演習後のアイスはやっぱ格別だク――――ああッ・・・!!こ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”ッッッ!!!!!!」


多摩・北上「「ッ!!??」」ビクン!!


球磨「ぬ”うううううううううううああああああああああああ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”!!!!!!」

右頬を両手で抑えながら床をゴロゴロと転がる。





5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 19:16:22.78 ID:QegZIZT+0
北上「演習の時もだけどこれって・・・」

多摩「どうみても虫歯だニャ・・・」



―――

――



多摩「って訳だニャ」

木曾「あー・・・」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 22:16:42.83 ID:QegZIZT+0
球磨「嫌だクマー!!」


多摩「さっきから説得してるけどこの有様ニャ」

木曾「なるほど。なら俺が行ってみよう」

多摩「頼んだニャ、木曾秘書官」

木曾「秘書官は余計だ」




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 22:23:19.25 ID:QegZIZT+0
木曾「球磨姉」

球磨「グスン・・・木曾ぉ・・・」

木曾は横に倒れてる球磨の前で膝をつき優しい口調で話しかける。

木曾「とりあえず診察だけでもしてもらおう?実はまだ軽い症状ですぐ治るかもしれないよ?いつから痛い?」

球磨「ここ一週間くらいだクマァ・・・」

木曾「そっか、なら大丈夫だよ。すぐ終わるくらいだ。だから一緒に明石さんのところに行こう?」


球磨「・・・クマあ」コクリ




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 22:35:33.85 ID:QegZIZT+0
北上・大井「「おー!!」」パチパチ

多摩「流石としか言いようがないニャ・・・」


木曾は「じゃあちょっと行ってくるよ」と言って球磨を連れて部屋を出た―――




陸奥「でえ、球磨ちゃんが間宮でほっぺ抑えながら転げまわってたのよ」

長門「まったく・・・呆れて何も言えないな」ジャッコジャッコ!!!!

歯をガッツリ磨きながら返し、洗面台でうがいをする。

コップに入った冷たい水で口内をゆすいで吐きだし、ガラガラするべく口に水を含み上を向くと


長門「っ・・・!?」ズキッ




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 22:41:27.67 ID:QegZIZT+0
含んだ水が奥歯に触れた瞬間激痛が走った。

長門(まさかっ・・・この私が!?)

が、冷静に痛みをこらえてうがいを済ませる。


長門「・・・陸奥、少し出かけてくる」

陸奥「行ってらっしゃ~い」


陸奥(長門・・・歯磨くときすごい力強く磨いてるけど大丈夫かしら)




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 22:50:48.25 ID:QegZIZT+0
廊下

長門(言えない。ビックセブンと言われたこの戦艦長門が虫歯とは絶対に言えん!!!!)

長門(陸奥に知られたらなんて言われるか・・・)

長門「ん?」



球磨「クマ・・・クマ・・・」シクシク

木曾「大丈夫、怖くないって―――あ、長門さん」


長門「木曾か。球磨は・・・様子から察するに虫歯か?」

球磨「な、なんで知ってるクマ!?」

長門「その時陸奥が翔鶴と昼食を取ってて球磨が転げまわってる様子を見てたそうだ」




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 22:55:36.27 ID:QegZIZT+0
球磨「クマの威厳があ・・・」

長門「まあその時は陸奥と翔鶴しかいなかったみたいだからそんなに広がることもないだろう。陸奥も私にしか言わないと言っていたし私も口外しはしない」

木曾「よかったな、球磨姉」

球磨「クマあ・・・」シクシク

再び涙を流す球磨。

木曾は「かわいい顔が台無しだよ」とハンカチで球磨の涙をぬぐった。




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 23:02:29.18 ID:QegZIZT+0
長門「二人とも明石のところに行くんだろう?私も同行して構わないか、体調管理について明石に用があるんだ」

木曾「そうでしたか。なら一緒に行きましょう」

球磨「クマ!!」


提督「じゃあ俺も一緒しようかな」


木曾「提督か、お前も何かあるのか?」



提督「うん・・・まあ長門と同じく体調管理についてな・・・」

木曾「お前の体調なら俺がちゃんと管理してるだろう?」

提督「いや、それでもちょっと気になることがあってな」

木曾「・・・そうか」




21: ランサー「ロア!!俺もう我慢できねえ!!」 ◆/Pbzx9FKd2 2015/10/05(月) 22:42:07.67 ID:s1i6lR+y0
工廠

提督「明石さんいるー?」



明石「いますよー。何か御用でしょうか?」


長門「私達は別々に用があるのだが先に球磨から見てやってくれないか。私の用事はいつでも大丈夫だからな」

提督「そうだな。俺もそんな大した用じゃないから球磨先でいいよ」

球磨「クマ・・・クマ・・・」シクシクシクシク



明石「球磨さん・・・あっ」

頬を抑える球磨を見て明石は事情を察した。




22: ランサー「ロア!!俺もう我慢できねえ!!」 ◆/Pbzx9FKd2 2015/10/05(月) 22:52:20.93 ID:s1i6lR+y0
明石「じゃあ向こうで見ましょうか」

木曾「お願いします。ほら、球磨姉」

球磨「・・・分かってるクマ」


明石「では提督と長門さんはそこの椅子で待ってていただけますか」


提督「なあ、俺も診察の様子を見させてくれないか?」

提督(実は俺も歯が痛い・・・けど、ここは球磨を犠牲に治療の様子を見る!!)

すると

長門「私も、虫歯について知っておきたいな・・・」




23: ランサー「ロア!!俺もう我慢できねえ!!」 ◆/Pbzx9FKd2 2015/10/05(月) 23:10:00.65 ID:s1i6lR+y0
提督(ここで長門が興味を示した!?ならば・・・)

提督「俺も長門と同じく・・・。虫歯ってちゃんと歯を磨いててもなるって聞くし・・・」


木曾「・・・球磨姉はいいのか?」

球磨「別にいいクマー・・・」


明石「じゃあこちらへ・・・」




25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/05(月) 23:26:37.49 ID:s1i6lR+y0





明石「あーこれは虫歯ですねー。抜歯した方がいいです」

球磨「く、クマあ・・・」プルプル


提督「・・・」ドキドキ

長門「・・・」ドキドキ


明石「まあ大丈夫ですよ。麻酔打って鉗子で抜くだけですから」

そう言いながら引き出し道具一式を出した。

その中には歯を抜く用の鉗子もある。




26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/05(月) 23:30:49.26 ID:s1i6lR+y0
球磨「・・・もしかして、それで抜くクマか」

明石「そうですよー」

球磨「・・・」

長門(・・・心の整理がついたら改めて来よう)

提督(おっし、今日はもういいや)


球磨「・・・」


木曾「球磨姉?」


球磨「・・・」







球磨「」ダッ!!

瞬間、球磨はダッシュで逃げだした。




27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/05(月) 23:34:07.05 ID:s1i6lR+y0
長門「っ・・・しょうがない!!」

即座に反応した長門が球磨を追って工廠を出て行った。

提督「球磨!!」

少し遅れて提督も球磨を追おうとするが―――



ガシッ!!


木曾「まあ待てよ」




28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/05(月) 23:41:55.63 ID:s1i6lR+y0
提督「き、木曾・・・」

木曾「お前も明石に用があったんだろ?球磨姉は長門さんに任せてまずはお前の用を済ませようぜ」

提督「い、いや・・・でも大したことじゃないし・・・」

木曾「・・・なあ、もしかして―――」


「―――俺に何か隠してるのか?」と薬指のケッコン指輪をチラつかせる。


提督「そ、そそそそそんな隠してるなんて大げさな・・・」



明石(出来ることなら今すぐこの場を離れたい!!)

今の明石は位置的に木曾と提督の前を通らなくてはいけない。

だが今の明石にそこを通る勇気はなかった。




29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/06(火) 00:01:18.16 ID:ow4QzoNk0
木曾「・・・当ててやろうか、お前が明石さんを訪れた理由」

提督「へ」

木曾「虫歯なんだろ」


提督「い、いや、、、そんなんじ―――「えい」プニ


提督「ぬ”うううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああッッッッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!!」ジタバタ!!ジタバタ!!


木曾「明石さん、普通の人間の治療も出来ますか?」

明石「えあ、はい・・・大丈夫ですが」





30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/06(火) 00:08:24.61 ID:ow4QzoNk0
木曾「後多分長門さんも虫歯ですよ。球磨姉を追うのを機に出て行っちゃいましたけど」

明石「あー・・・」

木曾「3人・・・お願いできますか?」

明石「その辺は大丈夫ですよ」

木曾「ありがとうございます。今度何かお礼しますから・・・」



木曾「さ、まずは――――――あれ」

そこに提督はおらず代わりに部屋の入り口には多摩がいた。

北上「何かあったー・・・?」

多摩「今提督がすごい勢いで走ってたニャ・・・」




36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/07(水) 02:17:19.69 ID:IuJXPs+K0
木曾「・・・はあ、しょうがないな」



―――――



執務室

提督「はあはあ・・・」

阿修羅の如く逃げた提督は「ここまで来れば」と一息。

とりあえず執務室の扉の鍵を閉めておく。




37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/07(水) 02:37:49.04 ID:IuJXPs+K0
そして心が落ち着くまで待ち、状況を整理し自分の愚かさを呪った。

提督「やべえよやべえよ虫歯怖くて逃げるって・・・しかも嫁の前でって・・・」


球磨「クマは長女でありながら妹4人の前で駄々をこね末っ子と泣きながら一緒に工廠行った挙句逃走したクマよ。全然マシクマよ」


提督「お前・・・ここに逃げたのか・・・」

球磨「机の下に隠れてたクマ。だけど冷静になってみたら『自分は一体何をやってるんだろう』って思えてきたクマ」

提督「そうか・・・」




38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/07(水) 02:48:08.25 ID:IuJXPs+K0
提督「あれ、そういえば長門は?」

球磨「逃げ切ったクマァ・・・」ドヤア・・・



「あっ長門さーん!!」

「む、島風か」


外から声がした。

球磨「多分クマを探してるんだクマ・・・」

提督「そうだな。にしても島風と長門って珍しいな」

球磨「意外と仲いいクマよ、あの二人。最初は長門さんがずっと話しかけてるだけだったけど気づいたら仲よくなってたクマ」

提督「全然知らなかった・・・」





39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/07(水) 02:54:22.72 ID:IuJXPs+K0
と、話しながら島風と長門の会話に耳を立ててみる。


島風「今日ね、演習頑張って提督から間宮のアイス券貰ったんだよ!!」

島風の手には食べかけの間宮のアイスがある。

海を眺めながら食べている最中だったのだろう。

長門「そうか、頑張ったな」ナデナデ

島風「えへへーだって早いもん!!あ、一口上げる!!」

長門「え」

「はい、あーん」とアイスを出す。





40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/07(水) 03:01:48.40 ID:IuJXPs+K0
長門(正直今冷たいものがキツイ・・・!!だが唯一私を怖がらない心優しい島風の好意を無下には出来ん!!!!)

長門「あ、あーん・・・」

と、アイスを一口。

長門「美味いな」

島風「でしょー?」

長門(つ、冷たい!!だがさっきは普通に耐えられた。ちょっと我慢すればいいだけd・・・)

キィィィィィィーーーーーーーーーーーーーーーーーン






長門「だあ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”ッッッッッッ!!!!!!!???????」






41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/07(水) 03:10:10.62 ID:IuJXPs+K0
島風「」ビクッ!!



球磨「アレって・・・」

提督「長門ェ・・・」


島風「だ、大丈夫!?」

長門「・・・大丈夫だ、見苦しいところを見せたな」

島風「いや、でも大丈夫って声じゃあ・・・」

長門「じ、実は・・・陸奥との約束を思いだしてな」


提督「誤魔化した」

球磨「誤魔化したクマ」




42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/07(水) 03:17:41.46 ID:IuJXPs+K0
長門は島風に手を振り再び歩きだした。

島風もすぐに他の駆逐艦に呼ばれてそっちに行った。



長門(思っていたより重症だな・・・)

と、角を曲がると、

陸奥「探したわよ、長門」

木曾「さ、行きましょうか」

そこには全てを察してる陸奥と木曾がいた。

そして長門は悟ったかのように「・・・そうだな」と返事をし3人で工廠へと向かった。




48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/08(木) 17:51:41.45 ID:N4Lo8CpHO
執務室

提督「長門・・・」

球磨「木曾と陸奥にしっかり両腕掴まれてたクマ・・・」



工廠

長門「そういえば球磨はどうしたんだ?」

木曾「ああ、多分提督と執務室にいると思います」

長門「提督?」

陸奥「提督も逃げ出したんだって」

長門「あっ・・・(察し)」




49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/08(木) 17:58:01.43 ID:N4Lo8CpHO
木曾「じゃあ後はお願いします」

陸奥「わざわざ悪いわね」


明石「じゃ、こちらへどうぞー」

長門「ああ・・・」








コンコン

木曾「おーい、来たぞー」


提督(完全に読まれてる・・・)

クマ(球磨ー・・・)




50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/08(木) 18:09:48.63 ID:N4Lo8CpHO
木曾「ほら、二人とももう子供じゃないんだからさ」


提督(球磨、お前は隠れるんだ!!)

球磨(クマ・・・)

球磨「ぐあ”あ”・・・」

声を殺し隠れる球磨。



提督「木曾・・・すまない。けど、一度感じてしまった恐怖を払拭するには時間がいるんだよ」

木曾「ここで恐怖から逃げたらもっと辛くなるぞ?俺も一緒に行くから一緒に行こう、な?」

提督(クソッ・・・なんでこんな心に響く・・・!!)

この時の提督には木曾の声に母性のようなものを感じずにはいられなかった。




51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/08(木) 18:18:18.40 ID:N4Lo8CpHO
提督「で、でもお・・・」

木曾「・・・はあ、仕方ないやつだな」

提督「!!分かってくれたか!?」

木曾「ああ。分かったよ、悪いな川内。頼む」


提督「え」

川内「ドーモ、テイトクサン」

ガチャ

提督「あっ、ふーん・・・」





55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 17:05:53.39 ID:n6amoCFKO
提督(天上からさりげなく川内が下りてきてさりげなく執務室のカギを開けやがった・・・何を言ってるのかわかんねーが――――)

木曾「よお」

提督「よお」

木曾「球磨姉はいないのか?」

提督「いや、球磨は知らない。俺だけだ」

木曾「ここには提督が一人で隠れていた、と?」

提督「ああ・・・」


球磨(提督・・・ゴメンクマー・・・)




56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 17:12:19.61 ID:n6amoCFKO
木曾「そうか、ならいいか。じゃあ行こうか」

提督「分かったよ・・・俺の負けだ」

木曾「そんなしけた顔するな。終わったら今夜、お前が好きな『赤ちゃんプレイ』してやるから」

球磨(は?)

提督「ちょっ・・・おま・・・いきなり何言ってるんだ!!」

木曾「ククッいいじゃないか。今は俺とお前だけだ」

提督「いや、でも今川内が!!」




57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 17:23:30.72 ID:n6amoCFKO
木曾「川内ならもう部屋に戻ったよ。扉開けるために呼んだだけだからな」

提督(確かに、ここに川内はいない。だがこの部屋に球磨が隠れている!!球磨にこの話を聞かれるわけにはいかない!!!!)

木曾「今は二人きりだ。いいんだぞ、少しの間なら甘えても」

提督(あああああああああああああああああああああ甘えたい!!出来ることなら今すぐに抱き着いて甘えたい!!)

木曾「ん、どうした?」

と、木曾が提督に歩み寄ると――――


球磨「待つクマー!!」




58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 19:18:40.71 ID:rdLqIa6+0
提督「く、球磨!?」

木曾「球磨姉!!」

球磨「『赤ちゃんプレイ』ってどういうことクマー!!クマは最初から全部聞いてたクマよ!!」

木曾「知ってるけど」

球磨「クマ?」

川内「はい捕まえた」





59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 19:22:07.28 ID:rdLqIa6+0
提督「アイエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ!!!!????センダイ!!ナンデ!!??」

川内「ハジメカライマシタヨ?」

球磨「じゃ、じゃあ『赤ちゃんプレイ』って・・・」

木曾「これくらい言えば出てくるかなって思ってさ」



球磨「ハメられたクマーーーーーー!!!!」




60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 19:38:47.19 ID:rdLqIa6+0
木曾「川内、球磨姉頼むわ」

川内「はーい」

球磨「クマァ・・・」

木曾「ほら行くぞ」

提督「はい・・・」


工廠

長門「お、来たようだな」

木曾「歯はどうでした?」

長門「知覚過敏だった。歯を磨くとき強く磨きすぎてたようだ」




61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 23:46:00.28 ID:rdLqIa6+0
提督「そうか、よかったな」

球磨「球磨達は虫歯だクマ」

長門「案外なんともないものだぞ。だからその、二人とも涙目になるなよ」


明石「すいませーん。どちらから治療しますか」


球磨「ここはじゃんけんで決めるクマ」

提督「いいだろう。どれじゃあ――――」

「「じゃっけっぽ!!」」

提督と球磨は涙目になりながらじゃんけんした。

そして、

球磨「お先どうぞクマー」




62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/10(土) 00:03:50.94 ID:7hioyGsU0
提督「あ、ああ・・・」

明石「じゃあこちらへどうぞー」

木曾「ほら、提督」

提督「う、うう・・・グスッ・・・グスッ・・・」

瞬間、涙目だった提督の目から大粒の涙が落ちた。

そして提督は膝を付き声を上げて泣き始める。

自身の恐怖心に負けたのだ。




63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/10(土) 00:14:35.18 ID:7hioyGsU0
とりあえず木曾は提督の背中を撫でながら「大丈夫だよ」と言葉を掛ける。


明石「大丈夫ですよー提督。本当に痛いこととかありませんから!!」

明石(泣くってお前・・・)

そう必死に落ち着かせようとする明石の表情は引きつっていた。

ドン引きだ。



長門「て、提督・・・」アセアセ

陸奥「そ、そんな泣かなくても・・・」

川内「そーだよ!!大丈夫だから!!痛いこととかないから!!」





65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/10(土) 00:24:03.67 ID:7hioyGsU0
提督「うわああああああ!!!!」

木曾「俺がいるからな」

「よしよし」と子どもをあやすように頭を撫でる。


球磨「・・・」

一方、球磨はこの時思いのほか冷静だった。

球磨(正直ドン引きクマ。だけど)

球磨(さっきクマが嫌がってた時みんなからクマは今の提督のように見えてたクマか?)

と考える。

最終的に、提督は木曾と一緒に診察室へ入って行った。




66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/10(土) 00:29:17.43 ID:7hioyGsU0
提督の診察中、球磨は一人椅子に考える人の体制で座りながらこれまでの自分について振り返っていた。

艦娘としての今の自分

艦としてのかつての自分

球磨はただ一人で過去を振り返って行った。

途中、駆けつけてくれた多摩に「さっき、クマのことドン引きしてたクマ?」と聞くと「ドン引きというより情けないという意味で呆れてたニャ」と返され球磨は泣き始めた。

ガチ泣きだ。




67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/10(土) 00:37:09.02 ID:7hioyGsU0
長門「まあ、艦娘であれ怖くて逃げ出したくなる時があるのも分かる」

陸奥「そうね。分かる気がするわ」

川内「私も夜戦したいから夜になるまで逃げ重視の時があるなー!!」

多摩「それはダメだと思うニャ・・・」


さりげない会話でフォローしようとしているのだろう。

だが今の球磨には逆効果だった。


30分後、提督の治療が終わった。




68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/10(土) 00:41:24.31 ID:7hioyGsU0
提督「あー!!スッキリしたー!!」

木曾「だから大丈夫だと言ってただろう」

提督「いやーごめんごめん」


球磨「だ、大丈夫だったクマ!?」


提督「いやー親知らずが虫歯でさー。抜歯したらスッキリよ!!」


明石「球磨さーんいいですよー!!」




69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/10(土) 00:47:44.38 ID:7hioyGsU0
球磨「クマー!!」


球磨「あ、木曾、多摩。さっきは迷惑かけたクマ」

木曾「気にすんな」

多摩「慣れてるから問題ないニャ」


球磨「ま、まあとにかく行ってくるクマ!!」

提督の様子と、和やかな雰囲気で球磨の恐怖はすっかり取り除かれていた。

球磨(クマは今回で学んだクマ)





球磨「歯が痛くなったらさっさと歯医者に行くべきだってことに・・・クマ」




76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 01:56:06.82 ID:AlVP6+dC0
数日後

多摩「疲れが取れていくニャー・・・」

北上「そだねー」

球磨「やっぱり演習後のアイスはやっぱ格別だクマ!!」

大井「軽い虫歯だったんでしょ?早く行ってよかったじゃない」

球磨「歯を抜かなくて済んでよかったクマー」

北上「そういえば提督は歯抜いたんだよね」

木曾「と言っても親知らずだから問題ない」




77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 02:31:00.55 ID:AlVP6+dC0
大井「ふーん、じゃあもう大丈夫なの?」

木曾「ピンピンしてるよ」


長門「やっぱりいいな・・・アイスというものは」

陸奥「虫歯じゃなくてよかったじゃない」

長門「ふっ・・・そうだな。だから異変を感じたらさっさと行くべきだ」





78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 04:02:27.32 ID:AlVP6+dC0


提督「木曾、お願い!!」

木曾「しょうがないやつだな。ほら、口開けろ」

提督「あーん」

シャコシャコ

夜、木曾に歯を磨いてもらうようになった。

虫歯の親知らずを抜いた時、もう一方の親知らずの話をされ提督は「出来るだけ抜かないようにしたい」と答え親知らず用の歯ブラシを貰ったのだ。

磨くのは木曾―――もとい嫁に頼んでいる。





79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 04:12:24.62 ID:AlVP6+dC0
木曾「ったく、あの時はあんな大泣きしてたのにな」

提督「ハハハ迷惑かけるな」

木曾「慣れてるから気にすんな」

本当、木曾には頭が上がらない。





川内「ってまあ色々大変だったのよ」

那珂「那珂ちゃんはアイドルだから一ヶ月に一回は必ず検査してもらってるなー」

神通「可愛らしいですね球磨さんも提督も」




80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 05:03:43.11 ID:AlVP6+dC0
川内「あ、そうだ。提督からアイス貰って来たんだよね。はい二人も」

那珂「ありがとー!!那珂ちゃんアイス大好きー!!」

神通「ありがとうございます」


パクッ

那珂「んー!!おいしー!!」

パクッ

ズキッ!!

神通「っ・・・!!」

川内「ん、どうしたの?」

神通「な、なんでもないですよ・・・」

そう言いながらアイスを口に入れた瞬間―――




神通「ぬう”う”う”う”う”う”う”う”う”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”ッッッ!!!!!!!!!!!」





81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 05:11:42.45 ID:AlVP6+dC0
とりあえず何が言いたいかっていうと、木曾はかわいいってことと皆さんも虫歯には気をつけましょうって話です。ありがとうございました。

前作
木曾「お前の全てを受け入れてやる」





87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 02:08:37.91 ID:6p0sdn5AO




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】木曾「虫歯になった?」




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...