1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/01(土) 23:07:24.00 ID:bv1EluyZ0
初心者・初投稿・若干キャラ性格改変あり

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414850833







2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/01(土) 23:09:21.79 ID:bv1EluyZ0
Selector Spread WIXOSS 第1話より


伊緒奈「バトル…してあげればよかったのに……」


るう子「バトルは…しない」


伊緒奈「タマに会いたいんでしょう?」


伊緒奈「その願いも叶うかもしれない…バトルをすれば」


るう子「しない……るうは、るうはもう‼︎」


伊緒奈「じゃあなんで私を持ってるの?」


るう子「え?」


伊緒奈「バトルをしないなら、捨ててしまえばいい」


るう子「………」


るう子「Σ(゚Д゚)ハッ‼︎」


伊緒奈「やっぱり……したいn」


るう子「その手があったか‼︎」


伊緒奈「え?」




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 23:11:57.46 ID:bv1EluyZ0
るう子「そうだよ、捨てればいいんだ!なんで今まで思いつかなかったんだろう」


伊緒奈「いやちょt」


るう子「そうだよね…伊緒奈の言うとおりだよ。無理にバトルなんてしなくてもいいんだ」


伊緒奈「るう子、話を聞いt」


るう子「むしろバトルなんてしたら、悲しい未来しか見えないよ……バトルをしなくても、願いは叶えられるはず!」


伊緒奈「それは違うわ!」


るう子「え、何?もう捨てるよ?」


伊緒奈「るう子、まずは話を聞いてちょうだい。いい?あなたは…」


るう子「あ!ちょうどゴミ収集車が来た‼︎せっかくだし捨ててもr」


伊緒奈「待ちなさい‼︎」





4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 23:13:53.88 ID:bv1EluyZ0
るう子「はぁ…もう、うるさいなぁ……何?」


伊緒奈「るう子、あなたの願いは何?」


るう子「えっと………あれ?なんだっけ」


伊緒奈「どうしてそこを忘れるの⁉︎」


るう子「実は最近もの忘れがヒドくて…アハハ。あ、ばあちゃんに卵買うの頼まれてたんだった!」


伊緒奈「それは覚えてるのになぜ願いは忘れてるの⁉︎」


るう子「実は最近もの忘れがヒドくて…アハハ。あ、ばあt」


伊緒奈「ちょちょちょっと、ループやめて」




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 23:15:25.75 ID:bv1EluyZ0
るう子「え、ループ?」


伊緒奈「……自分の言ったことも覚えてないの?」


るう子「え?覚えてるよ?るう、捨てるってちゃんと言ったよ?」


伊緒奈「違うわ。いやそうなんだけど違うわ」


るう子「どういうこと?」


伊緒奈「あなたの話はまるで的を得ていない、ということよ」


るう子「というと?」


伊緒奈「さっきから私とあなたとの会話が全く成立していない、ということよ」


るう子「まぁ普通に考えてカードと話が通じるなんてありえないんだけどね(´Д` )」


伊緒奈「それは言わない約束よ」




6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 23:17:17.35 ID:bv1EluyZ0
伊緒奈「話が進まないわね」


るう子「ほんとだよ。いいから早く話を進めてよ。ほんっとトロいなぁ」


伊緒奈「あ、あなたねぇ…‼︎まぁいいわ。るう子、あなたはタマに会いたい……そうでしょ?」


るう子「うん、会いたいよ?」


伊緒奈「なら、私が言いたいことは分かるわね?」


るう子「それだけで分かったら、るうは超能力者だね、アハハ。もしくは伊緒奈と以心伝心?なんちゃって。…………冗談でも気持ち悪いね、それ」ボソッ


伊緒奈「聞こえてるわよ。というか超能力使わなくても誰だって分かるわ‼︎」


るう子「で、言いたいことって?」


伊緒奈「タマに会うためには方法は一つしかない、ということよ」


るう子「タマが一つしかないって、なんか笑えるねww」


伊緒奈「あなたふざけてるの⁉︎」




7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 23:19:05.12 ID:bv1EluyZ0
伊緒奈「タマに会うためにはバトルをしなければいけないわ」


るう子「嫌だよ。めんどくさい」


伊緒奈「直球ね……」


るう子「なんで伊緒奈はそこまでバトルにこだわるの?」


伊緒奈「あなたと共にバトルをすれば、私はより私の存在意義を確かにできるからよ」


るう子「やめてよ気持ち悪い」


伊緒奈「ちょ、直球ね……」


るう子「そんな重荷背負いたくないよ」


伊緒奈「悲観的に捉えなくていいのよ。思い出してみて。あなた、バトルをするとき、スゴく楽しかったでしょう?」


るう子「実は最近」


伊緒奈「もの忘れがヒドかったのよね。聞いた私が悪かったわ」





8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 23:20:58.21 ID:bv1EluyZ0
伊緒奈「というかあなた、さっきから自分の都合のいいように私の発言を解釈していない?」


るう子「そう?真面目に考えてるけど」


伊緒奈「真面目に思考をする人はタマが一つなんて発言をしないわ」


るう子「ちょww伊ww緒ww奈wwww 何言ってるのwwww」


伊緒奈「あなたが言ったんじゃないの‼︎」


るう子「読者モデルからそんな言葉聞けるなんてアキラッキーだね。あ、今はルリグかw」


伊緒奈「今のやりとりは絶対にアキラには話さないでちょうだい、いいわね?」


るう子「いいから早く本題に移ろうよ、変態ルリグ」


伊緒奈「ルリグでなければ今すぐにでもビンタしてるところよ」




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 23:22:42.10 ID:bv1EluyZ0
伊緒奈「いい?るう子、今私たちはある意味非常事態に陥ってるの」


るう子「るうも自分のルリグが変態って分かってちょっと非常事態だよ」


伊緒奈「ちょっと黙ってて‼︎」


るう子「はーい」


伊緒奈「いい?まずカードアニメでありながら、第1話からカードバトルをしないカードアニメなんて前代未聞だわ」


るう子「え、これってアニメだったの?」


伊緒奈「こっちの話よ」


伊緒奈「るう子、あなたはバトルをしなければタマに会えない」


るう子「そんなことないよ」


伊緒奈「いいえ、違うわ。あなたはバトルをしなければならない」


るう子「実はね、るうには考えがあるの」


伊緒奈「考えって?」




10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 23:24:19.07 ID:bv1EluyZ0
るう子「バトルをしなくてもタマに会える方法………それはね」


伊緒奈「………」


るう子「…………………知りたい?」ドヤ


伊緒奈「……ええ、あなたがどんな策を持っているのか気になるわ」


るう子「どーしよっかなー、言っちゃおうかなー」ドヤァァァァ


伊緒奈「………何が狙いなの?」イラッ


るう子「へ?」


伊緒奈「私と取引をしたいのでしょう?いいわ、乗ってあげる」


るう子「あ、いや別に今のはちょっと焦らすセリフを言ってみたかっただけなんだけどね。まぁるうの策としては…」


伊緒奈「(こ、こいつ……‼︎)」




11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 23:26:30.91 ID:bv1EluyZ0
伊緒奈「つまり、あなたの策は………全てのセレクターのカードを集める、ということね」


るう子「そ。そうすればいつかタマに会えるよね?てかいちいち復唱しなくていいよ」


伊緒奈「読者が分かるためよ」


るう子「え、読者?」


伊緒奈「こっちの話よ」


るう子「どう?いい作戦でしょ?」


伊緒奈「言うまでもないわ。とんだ愚策ね」


るう子「なんで?」


伊緒奈「さっきも言ったじゃない。カードバトル無しのカードアニメなんて……おっと、アニメなんて言っても分からないんだったわね」


るう子「あ、そういえばこれって、Selector Spread WIXOSSってアニメなんだってね」


伊緒奈「あなたさっき知らないような素振りしてたわよね⁉︎」




12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 23:28:09.66 ID:bv1EluyZ0
伊緒奈「あなたには本当に呆れるわ」


るう子「そんなにバトルが重要かな?」


伊緒奈「ええ、とても重要よ。あなたが思ってるよりもずっと」


るう子「でもカードを集めればタマに会えるよね?」


伊緒奈「このアニメは絶望がinfect(伝染)し、spread(拡大)する物語なのよ。この物語にはバトルが不可欠な要素となってくるわ」


るう子「コンセプトやタイトルを変えればいいんだよ!ほら、ひたすらカード集めをするアニメ‼︎みたいに」


伊緒奈「タイトルは?」


るう子「Collecter Spread WIXOSS!」


伊緒奈「そんな話を観て一体誰が得するの」


るう子「誰得だねσ゚ロ゚)σ」


伊緒奈「ちょっと黙って」




13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 23:30:00.89 ID:bv1EluyZ0
伊緒奈「コレクターの日常を見てどうするのよ」


るう子「誰得d」


伊緒奈「いい加減にしなさい」


伊緒奈「カード集めなんて愚策よ。あなたはバトルをしなければならない」


るう子「………そっか」


伊緒奈「やっと分かってくれたかしら?」


るう子「あ、でもさ」


伊緒奈「何?」


るう子「タマって本当にこの世界にいるの?」


伊緒奈「どういうこと?」


るう子「もしかしたらタマは今、ルリグの世界にいるのかもしれない」


伊緒奈「………どうかしら」


るう子「前に聞いたことあるよ。ほら、ルリグの世界には『繭』って人がいるんだよね?」




14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 23:33:29.97 ID:bv1EluyZ0
伊緒奈「…ええ、会ったわ。感情が読めない人間だったけれど」


るう子「アハハ、それ伊緒奈が言う?」


伊緒奈「今日ほど感情を露わにしたのは初めてのつもりなのだけれど」


るう子「その『繭』にタマを返すように頼めばいいんじゃない?」


伊緒奈「……無理ね。WIXOSSのルールを無視する行為は絶対にしないはずよ」


伊緒奈「それに、どうやって会うの?あなたには無理でしょう?」


るう子「え?るうが会うんじゃないよ?」


伊緒奈「え?」


るう子「え?」




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 23:35:01.62 ID:bv1EluyZ0
伊緒奈「あなたまさか……私に会いに行かせるつもり?」


るう子「………だめ?」キラッ


伊緒奈「上目遣いで頼まれても腹が立つだけだからやめて」


伊緒奈「というかダメに決まってるじゃない」


るう子「えーなんで?」


伊緒奈「逆に何故承諾してもらえると思っているのか不思議でならないわ」


るう子「だってそんなのパパッと会いに行けるでしょ?」


伊緒奈「WIXOSSの世界を舐めすぎてるわねあなた」




16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 23:36:22.52 ID:bv1EluyZ0
伊緒奈「さっきも言ったとおり、『繭』はタマとの接触を許さないはずよ」


伊緒奈「仮にOKだったとしても………私から条件があるわ」


るう子「…何?」


伊緒奈「バトルをしなさい」


るう子「え……めんど」


伊緒奈「感情のおもむくままに生きるのね、あなたは。でもまずはバトルをしないことには始まらないわよ」


るう子「アキラに下ネタルリグのこと話すよ?」


伊緒奈「いや、ちょ、…えぇ…?´д` ;」




17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 23:37:52.05 ID:bv1EluyZ0
るう子「どうする?伊緒奈」


伊緒奈「(ほ、本当にこの子は……!)」ギリッ


伊緒奈「クッ………じゃあ」


遊月「るう子!!!」


一衣「やっと見つけた!!」ハァハァ


るう子「遊月!それに一衣も!」


伊緒奈「(ナイスタイミングよあなたたち‼︎)」グッ


一衣「もう……急に走り出すからびっくりしたよ」


遊月「でも、無事でよかった…」


るう子「ごめんね、2人とも…」


伊緒奈「(私のときと態度がまるで違うわね)」


遊月「てかさっき聞こえたんだけどさー」


一衣「そ、その……下ネタルリグって、何?////」


伊緒奈「(全然ナイスタイミングじゃなかったわ)」




18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 23:39:29.15 ID:bv1EluyZ0
遊月「まあ今はそんなこといいよ。それより……」


伊緒奈「(あ、いいんだ)」


一衣「やっぱり……タマのこと?」


るう子「………」


一衣「………るう子……」


遊月「………るう子、話を聞いて」


るう子「………」


伊緒奈「(落ち込んでるふりしてるけど絶対嘘よねそれ)」





19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 23:41:04.69 ID:bv1EluyZ0
るう子「タマを助けたい……皆を助けたいよ……‼︎」


伊緒奈「(いやいやこれ絶対嘘よ嘘)」


遊月「……それでも、バトルはダメ…」


伊緒奈「(いやこの子更々する気ないから!)」


一衣「私もどうしていいか分からない……だから、皆で考えよ!」


遊月「そう…るう子は1人じゃない。私たちも一緒。皆で一緒に頑張ろうよ!」


伊緒奈「(なんだかんだで、この子たちはマトモなのかも、ね……。るう子と違って……ん?)」


るう子「ヤバイちょっとタマタマ言い過ぎて思い出し笑いしちゃった……ww」ボソボソ


伊緒奈「(あ、もうこの子ダメだわ)」




20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 23:42:32.95 ID:bv1EluyZ0
るう子「う、うん!ありがとう!皆で頑張ろう‼︎………ププッw」


伊緒奈「(この子まだ笑ってやがるわ⁉︎)」


遊月「ところでるう子、下ネタルリグってなんなの?」ニヤニヤ


伊緒奈「(なにいいいいいいいい)」


るう子「あ、伊緒奈のこと?」


伊緒奈「なにサラッとバラしてるのあなた⁉︎」


一衣「うわっ⁉︎カードが喋った⁉︎」


伊緒奈「ルリグだから喋るに決まってるじゃないの!!」


遊月「るう子、あれだけバトルはダメって言ったのに、伊緒奈を持ち歩いてたの⁉︎……まぁ今はいいや、とにかく下ネタルリグって何⁉︎笑」


伊緒奈「詮索しないでよ!!」


るう子「実はね〜、かくかくしかじかで…ww」


エーウソーウケルーwww ヤメナサイヨ‼︎ ワーワーギャーギャー




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 23:43:54.90 ID:bv1EluyZ0
カツン…カツン…


伊緒奈「あの後、るう子に私の話を暴露され」


伊緒奈「私は3人の笑いものになった上に、アキラに暴露されたくなければ『繭』に会いに行けと脅迫された……」


伊緒奈「今さらだけど、るう子のルリグになってしまったことを後悔しているわ……」


伊緒奈「そうこうしているうちに着いてしまったけれど」


伊緒奈「この扉の向こうに彼女たちがいるのね……」


伊緒奈「正直全く気が進まないけど……」


伊緒奈「ここまで来たら、行くしかないわね…」


ガチャッ……ギィィ……


繭「お願いタマああああああ!!行かないでえええええ!!!」


タマ「もうーめんどくさいよー離してよー」


繭「お外怖いよううううう!!!うえええええええん!!」


ワーワーギャーギャー


伊緒奈「………」


伊緒奈「また話が長くなりそうね……」



つづくかも




23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 23:50:16.21 ID:bv1EluyZ0
以上です。

読んでくださった方、ありがとうございました。

ご指摘などいただけたら嬉しいです。

ネタが思いついたらまた書こうと思います。




26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/02(日) 00:05:56.50 ID:tZ1yrfNKo
> るう子「誰得だねσ゚ロ゚)σ」
ここで笑った




28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/03(月) 10:46:45.38 ID:Ev+QxLSuo
るう子はかわいいなぁ




引用元: るう子「じゃあ言うとおりにするよ」 伊緒奈「え」





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...