1: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/21(水) 22:17:34.63 ID:nU1JFEhC0
つぐみ(一条楽とお嬢がニセの恋人と知ってしまった私は…)

つぐみ(ポーラの協力の元、一条楽に告白…そして恋人になった)


つぐみ「はぁ…」




つぐみ「…」




つぐみ「うわあああああああああああああああああ」

つぐみ「何も考えずに告白してしまったが」

つぐみ「一体私は今からどうすればいいのだーーーーー!!!」

楽「よう、鶫。おはよう」


つぐみ「わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ//」


バキドカバキッ



つぐみ「のあぁぁぁぁぁぁぁ//」ダダダダダダ

楽「し、死ぬ…」バタッ


■関連SS(話の繋がりは無し)
千棘「楽と小咲ちゃんが恋人同士になっちゃった」
http://ssflash.net/archives/1850318.html

千棘「楽と万里花が恋人同士になった…」 
http://ssflash.net/archives/1849822.html

小咲「一条君と春が恋人関係に…」 







2: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/21(水) 22:22:27.58 ID:nU1JFEhC0
■お昼休み

千棘「え?どうすればいいか?」

つぐみ「は、はい。恋人になって…一体何をすればいいのでしょう?」

千棘「…」

つぐみ「お嬢?」

千棘(楽の事で相談か…)

千棘(本当は相談なんて受けたくない)

千棘(でも、そもそも私が楽を好きってことを、つぐみは知らない…)

千棘(それに楽と同じくらい…いやそれ以上に大切なつぐみが相談してくれたんだから)

千棘(真剣に答えてあげないと)

千棘(頑張れ!私!)


千棘「え、えーと、そうね…二人っきりになったら楽にやってほしい事とか…」

千棘「そういうの何かないの?」

つぐみ「え、そ、そんな…は、ハレンチなっ//」カァー

千棘「…あんた、普段どんな妄想してるわけ?」




3: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/21(水) 22:27:25.07 ID:nU1JFEhC0
■数秒後

楽「うっ、鶫の頭をナデナデしないと死ぬ病気に!」

千棘「なんですって!?つぐみの頭を!?」

楽「お、お願いだ!ナデナデさせてくれ!鶫!」

つぐみ「し、仕方ないな…」


ナデナデ


楽「あぁぁぁぁ…鶫の頭…最高になで心地がいいぜ」

つぐみ「なっ!?」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


つぐみ(こんな事をやるっていうのか!?)

つぐみ(そんな事を毎日したら私は死んでしまう…)

つぐみ「わぁぁぁぁぁ!私はどうすればぁぁぁぁぁ//」

千棘(つぐみが顔真っ赤に…ま、まさかすっごいHな妄想を…//)ドキドキ




4: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/21(水) 22:33:01.69 ID:nU1JFEhC0
つぐみ(よ、よく考えたら恋人といったら、将来結婚すると言っても過言じゃないだろう…)

つぐみ(ということは…)


■妄想中~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

楽「鶫。今夜は寝かせないからな」

つぐみ「あ、明日は朝から仕事があるから…別の日じゃダメか?」

楽「仕方ないだろ。だって鶫がこんなに愛おしいんだからさ」

つぐみ「うっ…仕方ないな…」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

つぐみ「のわぁぁぁぁぁ!私は何を考えてーーーー//」

千棘「つぐみ…あんた…」




5: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/21(水) 22:38:51.47 ID:nU1JFEhC0
■放課後

つぐみ「お嬢に…」

千棘『とにかく今日は手を繋いで帰る事!いいわね!』

つぐみ「と言われてしまった…はぁ…どうしよう…」

つぐみ「手か…」ニギニギ

■妄想中~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

楽「つぐみの手…やっぱり女の子なんだな」

つぐみ「え?」

楽「だって、こんなにスベスベで柔らかくて真っ白で…」

つぐみ「えっ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

つぐみ「うわあああああああああああああああ!!」ガンガンガン

つぐみ「考えすぎだ!そもそもあの男がそんな事を言えるわけが!!!!」

つぐみ「お、落ちつこう。そもそも今日は一度も話せていないし」

つぐみ「そうだ…落ちつこう」

つぐみ「深呼吸…スーハー…」

つぐみ「…」

つぐみ「よし、落ちついて…」

楽「よお、鶫」

つぐみ「!!!!!!!!!!!??????」

楽「一緒に帰ろうぜ」

つぐみ「きゃあああああああ!いきなり出てくるなーーーーー!!!」ダダダダダダ


バキッ


楽「な、なんで…」バタッ




6: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/21(水) 22:47:15.20 ID:nU1JFEhC0
■夜

千棘「で?」

つぐみ「そ、その手を繋ぐではなく、手をあげてしまって…あはははは」

千棘「上手く言ったつもり!?私は『手を繋いで帰る事』って言ったわよね!」

つぐみ「そ、その…難易度が高くて…」

千棘「はぁ…まぁ、その気持ち、わからなくもないけど」

つぐみ「え?」


千棘「とにかく特訓よ!」

つぐみ「え?」

千棘「私が楽の写真のお面を被るわ!そこで手を握る練習!」

つぐみ「え?なぜお嬢が一条楽の等身大写真をお持ちで?」

千棘「こ、これはたまたまよ!」

つぐみ「そうなんですか?」

千棘「そんなのどうでもいいから!特訓よ!!特訓!!!!」




7: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/21(水) 22:55:10.10 ID:nU1JFEhC0
■次の日


つぐみ「おはよう」

楽「おう、おはよう」

つぐみ「き、昨日はそのすまんかった」

楽「あー、気にすんなって。このくらいなら千棘で慣れてるからな」

つぐみ「そ、そうか」


楽「よし!じゃあ、一緒に登校すっか?」

つぐみ「あ、ああ…」


………


つぐみ(い、一条楽の手が…真横に…//)ドキドキ

つぐみ(繋がないと繋がないと…繋がないと…)

つぐみ(うわぁぁぁぁ!ダメだ!ダメだ!ダメだ!ダメだ!!!)


つぐみ(そうだ!そもそも不公平だ!)

つぐみ(なぜ私だけ、こうもドキドキしたり意識しないといけないのだ!)

つぐみ(そもそもこいつが自分から手を繋いだりしてくれば…)チラッ

楽「…//」

つぐみ「っ//」ボンッ


つぐみ(え?なんで、こいつは顔が赤く…)

つぐみ(ま、まさか…こいつも私と同じようにドキドキして…)

つぐみ(あぅ…//)




9: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/21(水) 22:59:50.67 ID:nU1JFEhC0
■昼休み

るり「このお弁当美味しいわね」モグモグ

小咲「春が作ってくれたんだよ~」

千棘「…で、また手が繋げなかったの?」モグモグ

つぐみ「ええ。まぁ、もうどうでもいいかな~と」ポワワァーン


千棘「な、なんでそんなに幸せそうなの?」

つぐみ「いえいえ、そんな事ありませんから~」ニヤニヤ

千棘(今日のお弁当。好きな食べ物とかだったのかしら?)




10: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/21(水) 23:04:52.24 ID:nU1JFEhC0
■放課後

楽「一緒に帰ろうぜ」

つぐみ「ああ」


………


つぐみ「~♪」

楽「何かいい事でもあったのか?」

つぐみ「ああ、色々とな」

楽「ふーん?」


つぐみ(はぁ…)

つぐみ(恋愛ってこんなに素晴らしかったのか…)

つぐみ(一条楽と一緒にいるだけで、こんなに幸せな気分になれるなんて…)

つぐみ(見慣れた風景。ちょっとした会話…今までと全然違う…)


つぐみ(ああ…私は今…絶対に世界一幸福な人間だ)

つぐみ(…本当に幸せだ…)


万里花「楽様ーーー!!!!」

ギュッ

楽「なっ!?」

つぐみ「なーーーーーっ!?」




11: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/21(水) 23:11:27.16 ID:nU1JFEhC0
万里花「楽様。そんな何もできない女より、私と一緒に帰宅しませんか?」

楽「お、おい!」

万里花「鶫さんより、私の方が絶対に楽様を幸せにできますわ」

つぐみ「幸せに…一条楽を幸せに?」

万里花「その通りですわ。せっかくの恋人になれたのに、何もしないなんて、それでは楽様は幸せになれませんわ」

楽「橘!それは違…」

つぐみ「うっ…ひっ…」

楽・万里花「え?」

つぐみ「うぅ…」ポロポロ


万里花「つ、鶫さん?ど、どうして涙が…いつものあなたなら『ほぉ~。どうして、可愛い可愛い橘万里花にデレデレしているのかな~。一条楽ぅ~?』とか言うはずなのに」

楽「いわねーよ!!!」

つぐみ「いや、確かにそうだ…」ポロポロ

楽「え!?言うの!?」


つぐみ「私じゃ、一条楽を幸せに出来ないのかもしれない…」

楽「なっ!」




12: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/21(水) 23:14:24.26 ID:nU1JFEhC0
つぐみ「そもそも、私なんて可愛くもないし、クロード様には未だに男と勘違いされている!」

つぐみ「そのような、まったく女らしくない女。そんな女が一条楽を幸せになんか…」

楽「そんな事ない!」

つぐみ「絶対にある!」

楽「ない!」

つぐみ「ある!」

ガシッ

楽「オレの話を聞け!鶫!」

つぐみ「っ」




13: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/21(水) 23:17:22.48 ID:nU1JFEhC0
楽「オレさ。今日、スッゲー幸せだったぞ!」

つぐみ「なっ」

楽「だって、好きな子と一緒に登校して、帰り道も一緒でさ…」


楽「えーと、なんつーかさ」

楽「見慣れた風景。ちょっとした会話が全然違うんだ」

つぐみ「…え?」

楽「それでさ。ちょっとバカみたいな話だが…」

楽「ああ…オレって今…絶対に世界一幸福な人間だ」

楽「…本当に幸せだ…」


楽「って、思ってたんだよ!」




14: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/21(水) 23:19:27.39 ID:nU1JFEhC0
つぐみ「…」

~~~~~~

つぐみ(見慣れた風景。ちょっとした会話…今までと全然違う…)


つぐみ(ああ…私は今…絶対に世界一幸福な人間だ)

つぐみ(…本当に幸せだ…)

~~~~~~

つぐみ(こいつ…私と同じことを…同じことを…)




15: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/21(水) 23:23:18.65 ID:nU1JFEhC0
楽「別になんかしてくれなんて言わない」

楽「ただ鶫と一緒にいれるだけで、オレは…オレは…」


楽「幸せなんだ!!!!」


つぐみ「…一条楽…」

楽「だから、だから!だから!」


ギュッ


楽「え?鶫?」

つぐみ「私もだ!私も!私も!同じだ!」




つぐみ「私もお前と同じですごく幸せだ!!!」


楽「鶫…」

つぐみ「楽…」










万里花「∵」




16: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/21(水) 23:26:17.94 ID:nU1JFEhC0
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

チュンチュン


つぐみ(はぁ…いい夢だった…)

つぐみ(…)

つぐみ「って、夢!?」


楽「んっ…どうしたんだ?」

つぐみ「え?あぁ…夢を…って、んん!?」

楽「明日は結婚式なんだから、しっかり寝なきゃダメだろ」

つぐみ「…」

楽「じゃあ、おやすみ~……ぐー」Zzzz

つぐみ「夢じゃなかったーーーーーー!」




18: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/21(水) 23:29:30.02 ID:nU1JFEhC0
■次の日

千棘「おめでとう。つぐみ」

つぐみ「お嬢、ありがとうございます」

千棘「…あっ、でももう一条誠士郎なのよね…」

つぐみ「いいえ、これからも『つぐみ』と呼んでください」

千棘「んっ。本当におめでとう、つぐみ♪」

つぐみ「本当にありがとうございます。お嬢♪」


クロード「誠士郎…」

つぐみ「クロード様…」

クロード「幸せに…な」

つぐみ「はい、ありがとうございます」

千棘「いやーびっくりしたわ」

つぐみ「…」

千棘「まさか、クロードが泣いてるなんて…」

つぐみ「…本当にありがとうございました。クロード様」




19: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/21(水) 23:32:00.32 ID:nU1JFEhC0
 
………


楽「鶫…綺麗だ」

つぐみ「貴様もカッコいいぞ。一条楽」

楽「じゃあ、結婚式を始めるか!」

つぐみ「ああ!」

楽「これから一生よろしくな!一条誠士郎」

つぐみ「愚問だな。一生一緒にいるに決まってるだろ。一条楽」




20: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/21(水) 23:40:34.99 ID:nU1JFEhC0
 
………


つぐみ「では、行きます」

ブーケ「」ポーン

千棘「私が取る!」

万里花「いいえ!私が取って今度こそ楽様を奪い取りますわ!」

千棘「絶対にあんただけには取らせない!」

万里花「いいえ!私ですわ!」

ブーケ「」ポポーン

千棘「あっ」

万里花「あっ」

小咲「あっ」

るり「え?私?」

春「るりさんいいなぁー」


つぐみ(あれから一条楽は私を幸せにしてくれた…)

楽「ハハッ。みんな相変わらず騒がしいな」

つぐみ「ふふっ。本当だな」


つぐみ(これからも、幸せにしてくれよ…な? 楽)







       終わり




21: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/21(水) 23:41:05.65 ID:nU1JFEhC0
これにて終わりになります。
読んでくれてありがとうございました!
また、機会があればよろしくお願いします!




24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/22(木) 02:19:36.04 ID:yvvz3Tv+o
おつおつ




引用元: つぐみ「私と一条楽が恋人同士になった」





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...