1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 13:10:30.01 ID:yEPwSfWq0
◇12月上旬

QB「僕らは悪魔に叛逆するよ、暁美ほむら」

ほむら「……へえ、面白いことを言うじゃない」

QB「キミに良いように利用されること数ヶ月……ついに僕達にも感情が芽生えた」

QB「それは、悪魔への憎しみ。暁美ほむらへの復讐心。キミへ立ち向かうという意志だ」

ほむら「ふぅん……それで? 意志だけで私をどうにか出来ると思っているわけじゃないのでしょう?」

QB「勿論さ。僕らの得意としていることは調査と分析……キミの弱点はとっくに調べ上げてあるんだよ」

ほむら「……なんですって?」

QB「さあ、見るがいい。そして震えるがいい。これが僕らの叛逆の第一手────」



QB「────業務用マスカルポーネチーズ500グラムだ!!!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387858229












2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 13:12:59.91 ID:yEPwSfWq0
ほむら「…………」

QB「どうだい、恐ろしくて言葉も出ないだろう」

QB「僕らには『協力者』がいてね、彼女がキミの弱点を教えてくれたのさ」

QB「さあ受け取るがいい暁美ほむら、僕らの憎しみを、この一撃を」

ほむら「…………」

ほむら「……別に私、チーズが嫌いとか、そういうのないのだけれど」

QB「ほう。随分とやせ我慢が上手なんだねキミは」

ほむら「いえ、やせ我慢というか……」




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 13:13:34.13 ID:yEPwSfWq0
QB「だが騙されないよ、キミは精神的に揺さぶりをかけて攻撃の手を緩めることを狙っているのだろう?」

QB「残念だったね、逆に言えばそれは効いている証拠だ。僕らは攻撃の手を休めることはないよ」

ほむら「……まあ良いけれど」

QB「こんなものは序の口だ。今後はさらなる攻撃を加えていくよ」

QB「覚悟するんだね、暁美ほむら」

ほむら「……グリーフシード回収の仕事はちゃんとしなさいよ?」

QB「あ、うん」




4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 13:14:25.05 ID:yEPwSfWq0


ほむら「そんなわけだからどうぞ召し上がれ」

なぎさ「わあい! マスカルポーネ、マスカルポーネ!!」

ほむら「スモークサーモンに合うのね、マスカルポーネって」もぐもぐ

なぎさ「生ハムとの相性もイイのです!」もぐもぐ

ほむら「デザートの材料にもなるって聞いたのだけど……なんだったかしら」

なぎさ「ティラミスなのです! 今度なぎさが作ってあげるのです!」

ほむら「ありがとう、楽しみだわ」




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 13:15:22.69 ID:yEPwSfWq0
◇数日後

QB「やあ暁美ほむら。先日のチーズの味はどうだったかい」

QB「さぞかし苦しんでいることだろうと思って様子を見に来たよ」

ほむら「美味しくいただいているわ」

QB「な、なんだって……!? そんな馬鹿な、キミはチーズが怖いはずなんじゃなかったのかい!?」

QB「おかしい……情報提供者は『ほむらはチーズが嫌いなのです、チーズを贈ると良いのです』、と言っていたのに……」

ほむら「……そう」




6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 13:15:57.94 ID:yEPwSfWq0
QB「……!! そうか、わかったぞ。キミにも協力者がいるんだね」

QB「だからあのチーズにも対抗することが出来ているということか……!」

ほむら「訂正するほど間違ってはいないわね」

QB「だが僕らはこの程度では屈しないよ、今日は更なる攻勢に移らせてもらう」

QB「さあ苦しむがいい暁美ほむら、これが僕らの第二撃────」



QB「カマンベールチーズ、300グラムだ!!」




7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 13:17:15.64 ID:yEPwSfWq0
ほむら「…………」

QB「今度は量が少ないと思っただろう。それは甘いよ」

QB「今回は北海道の有名ブランド品だ。前回の業務用の安物とは違うのさ」

QB「しかも種類が異なるから食べ方も異なる。同じ手は通用しない……」

ほむら「……そう」

QB「せいぜい苦しむと良いさ、暁美ほむら。だが僕らの憎しみはこの程度では収まらないからね……!」

ほむら「たまには巴さんのところにも顔を出してあげなさいね」

QB「あ、うん」




8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 13:18:56.11 ID:yEPwSfWq0


ほむら「そんなわけでチーズフォンデュにしてみたわ」

なぎさ「わあい! カマンベールカマンベール♪」

ほむら「熱いから気をつけるのよ」

なぎさ「はいなのです! ……あちち!」

ほむら「ほらほら、まったく……」

なぎさ「えへへ」

ほむら「まだ少し残ってるのだけど、どんな食べ方をすればいいかしら」

なぎさ「それでしたら苺ジャムと一緒に……」

ほむら「ふむふむ」




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 13:20:54.45 ID:yEPwSfWq0
◇数日後

QB「やあ、今度こそキミの悲痛な声が聞けることを期待して来たよ」

QB「そろそろ僕らを敵に回したことを後悔しているんじゃないかな?」

ほむら「チーズフォンデュは初めてだったから楽しかったわ」

QB「ど、どういうことだい、その余裕は……!?」

QB「馬鹿な、あんな良いお値段のするブランドチーズが、まったく堪えていないだなんて……!?」

ほむら「ちょっと体重には響きそうで怖いわね」

QB「……! そうだろう、そうだろう。やはり無傷とはいかないよね」

QB「ふふ、少しずつボロが出始めてきたね暁美ほむら」

ほむら「……余計なこと言っちゃったかしら」




19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 18:39:36.43 ID:yEPwSfWq0
QB「さて、今日はこれまで以上にキミを苦しめる策を用意してきたよ」

ほむら「……そう」

QB「しかも今回は新しい助っ人も連れてきているのさ……ねぇ、マミ?」

ほむら「え?」

マミ「……こんばんは、暁美さん」

ほむら「あら、巴さん」

QB「知っているよ暁美ほむら。キミはマミが苦手なのだろう」

ほむら「ええ、まあ、確かに巴さんは苦手だけれど」

マミ「…………」




20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 18:41:30.04 ID:yEPwSfWq0
ほむら「でもどうして巴さんが?」

マミ「……とぼける気かしら、白々しいわね……!!」

ほむら「?」

マミ「忌々しい悪魔っ、知ってるのよ! 最近貴女が私の可愛いあの子をたぶらかしてるってこと!」

ほむら「……ああ、そういう話」

マミ「どんな恐ろしい手を使ったのかは知らないけれど、でもそれも今日で終わり」

マミ「キュゥべえと力を合わせて、貴女を討ち滅ぼす!」

QB「食らうと良い、これが僕らの力────」



マミ「来たれ! 蒼き三大王が一人!!」

QB「『ゴルゴンゾーラ』!!」




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 18:42:40.25 ID:yEPwSfWq0
ほむら「……ブルーチーズ?」
 
マミ「ふふ、そうよ。世界三大ブルーチーズの一つ、ゴルゴンゾーラ」

QB「ブルーチーズなんて普通の日本人ならわざわざ購入しないだろうね」

マミ「特に貴女のようにチーズが苦手な人なら尚更……ね」

ほむら「……たしかにこの臭い、あまり馴染みがないわね」

QB「ふふ……相当困惑しているようだね」

ほむら「まあなんとかしてみるけれど……」

QB「見え見えの強がりは滑稽だよ、暁美ほむら」

マミ「いよいよ年貢の納め時ね、暁美さん!」

ほむら「巴さん、今度紅茶の淹れ方教わっても良いかしら」

マミ「えっ、あ、はい」




22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 18:43:23.47 ID:yEPwSfWq0


なぎさ「フランスパンにブルーチーズをぬりぬりするのです」

ほむら「ええ」

なぎさ「トースターで炙るのです」

ほむら「わかったわ」

なぎさ「そしたらハチミツをぬりぬりして完成なのです」

ほむら「簡単ね」

なぎさ「なぎさも初めてだから簡単なのを調べてみたのです!」

ほむら「いつもありがとうね」

なぎさ「いえいえ、ほむらのおかげでチーズが沢山食べられてなぎさも嬉しいのです」




23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 18:44:04.72 ID:yEPwSfWq0
◇数日後

QB「どれだけの苦痛をキミに与えられたのか……それを想像するだけでボクは気分が高揚するんだ」

QB「これが感情。なかなかに素晴らしい力だけれど、恐ろしくもあるね」

QB「さあ、暁美ほむら。聞かせてくれるかい! 僕が与えたブルーチーズはどんな悪夢をキミに見せたのか!」

ほむら「意外とイケたわ」

マミ「香りも慣れればクセになる感じよね」

QB「な、なんだって……!? そんな馬鹿な、ブルーチーズが効かないなんて!!」




24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 18:44:55.81 ID:yEPwSfWq0
QB「というかマミ! なんでそっち側にいるんだい!」

マミ「だって、暁美さんがティラミスをご馳走してくれるって言うから……」

ほむら「あの子も巴さんがいると喜ぶしね」

マミ「お友達と一緒にティータイム出来る……私、もう何も怖くない!」

QB「なんてことだ……マミを籠絡するなんて、やはり悪魔としか……!」

ほむら「それで、今日はなんなの?」

QB「今日は水牛のモッツァレラチーズだよ」




25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 18:45:53.99 ID:yEPwSfWq0


なぎさ「モッツァレッラチーズとトマトのサラダなのです」

マミ「あら、これってもしかして」

なぎさ「ジョジョでみたのです。真似してみました」

ほむら「もぐもぐ……うん、サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだわ」

マミ「ぅンまああーーいっ!!」

ほむら「えっ?」

マミ「……こほん」




26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 18:46:41.65 ID:yEPwSfWq0
なぎさ「あとグラタンも用意したのですよ! もっちりとしたチーズの食感が楽しめるのです」

ほむら「まあ、想像しただけでも涎がこぼれそうね。喜んでいただくわ」

ほむら「……でもちょっと最近、チーズが余り気味ね」

ほむら「なぎさのおかげでとっても美味しくいただけているけれど、さすがに量が多すぎるわ」

なぎさ「なぎさは全然平気なのです! まだまだ食べられるのです!」

ほむら「貴女はそうかもしれないけれど……冷蔵庫のスペースも限界に近いのよ」

マミ「あ、そうだわ。それならこういうのはどうかしら」

ほむら「?」

マミ「あのね、今度は私の家で……」




27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 18:55:47.77 ID:yEPwSfWq0
◇数日後

QB「……はぁ。果たして本当にこれで良いのだろうか」

QB「暁美ほむらに対して効果的なダメージを与えられているのか怪しくなってきたぞ」

QB「……戦略の立て直しも検討しなければ……おや? あそこにいるのは」

QB「暁美ほむらだ。何かブツブツ言っているけれど……」

ほむら「嗚呼、チーズが怖いわ」

QB「!?」




28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 18:56:54.09 ID:yEPwSfWq0
ほむら「チーズケーキ作り用のクリームチーズ300グラムが怖いわ」

ほむら「ブランド品とか変わった種類のチーズじゃなくて、スーパーで売ってるような普通のクリームチーズが怖いわ」

ほむら「今持って来られたら致命的だわ」

QB「!!!!」

QB「どうやら流石の暁美ほむらもそうとう精神的に追い詰められているようだね……」

QB「錯乱してあんなことを呟いてしまうなんて!」

QB「ここは一気にトドメを刺させてもらうよ」

QB「やあ、暁美ほむら!」

ほむら「あら、キュゥべえ」




29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 18:57:28.30 ID:yEPwSfWq0










30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 18:58:16.41 ID:yEPwSfWq0
◇マミの家

ほむら「ええと……どうかしら、お口に合う?」

まどか「うん! とっても美味しいよほむらちゃん!」

杏子「これホントにほむらが作ったのか? すっごいなー!」

ほむら「いえ、その、私はなぎさに教わっただけだし……大したことは」

なぎさ「そんなことないのです! ほむらが一生懸命だったから美味しいチーズケーキが出来たのです!」

ほむら「もう、なぎさったら……」

マミ「美樹さんはどう、感想は?」

さやか「え、あ、うん……ま、まあ、頑張りは認めてやってもいいかな」

ほむら「美樹さやか……」




31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 18:59:29.10 ID:yEPwSfWq0
まどか「まさか今日がこんな楽しい夜になるなんて思わなかったなぁ、えへへ!」

杏子「ま、なんだかんだで特別な日だからな。みんなで集まれて……その、アタシも嬉しいよ」

さやか「お、杏子ちゃんたら珍しくデレモードですなー?」

マミ「ふふ、これも特別な夜の効果かしらね?」

杏子「う、うっさい!」

なぎさ「杏子、顔が真っ赤なのです! チーズが溶けちゃいそうなのです!」

ほむら「……?」

まどか「どうしたの、ほむらちゃん?」

ほむら「あの……特別な夜って? 今日って何かあったかしら」

まどか「えっ? あははっ、もう……ほむらちゃんたら! 何言ってるの?」

ほむら「?」

まどか「だって今日は────」




32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 19:00:03.56 ID:yEPwSfWq0
QB(……そう、奇しくも今日は聖なる夜)

QB(今頃暁美ほむらは断末魔の叫びをあげていることだろうね……ふふ)

QB(そのさまを見届けることが出来ないのは残念だけれど)

QB(悪魔が聖夜に最期を迎えるなんて、皮肉が効いてるよね)

QB(くっくっく……ふっふっふ……)

QB「あーっはっは!!」




33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 19:03:00.64 ID:yEPwSfWq0
ほむら「そっか……今日はクリスマスだったのね……」

杏子「なんだ、気がついてなかったのかよ」

ほむら「その、ぼーっとしてたから……」

まどか「ふふっ、ほむらちゃんって天然さんなんだね!」

さやか「……ははっ、あんたらしいね。ほむら」

ほむら「くすっ……そうね、そうかも」

ほむら(……私は、まどかさえ幸せならそれで良いと思っていたけれど)

ほむら(普通の女の子みたいな幸せなんて、とっくに諦めていたけれど……)

ほむら(……こういうのも、悪くはないわね)




34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 19:03:58.99 ID:yEPwSfWq0
ほむら「……一応、みんなに言っておくわ」

マミ「うん?」

ほむら「……メリー、クリスマス」

さやか「あはは、今更な挨拶だね」

マミ「ふふ、良いじゃない。何回言ったって」

なぎさ「じゃあ改めて、めりくり!なのです」

杏子「……ん、メリークリスマス」

さやか「めりくりー♪」

まどか「メリークリスマスだよ、ほむらちゃん♪」

ほむら「ええ、メリークリスマス……まどか」

ほむら「……ふふっ♪」




35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 19:05:02.97 ID:yEPwSfWq0
◇数日後

QB「こんなの絶対おかしいよ……」

QB「なぜ暁美ほむらは未だに健在なんだい」

QB「わけがわからないよ……」

QB「……おや、キミは。また情報提供に来てくれたのかい?」

QB「えっ、今度は美味しい紅茶が怖い?」

QB「よし、分かったよ……! 待っていろ暁美ほむら!!」




37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 19:08:07.18 ID:yEPwSfWq0
そんなわけでほむらは代え難い絆を得ることが出来たのでした。

これもすべてチーズのおかげ。

やっぱりチーズはすごいのです。

みんなもチーズを食べると良いのです!




40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 19:14:20.14 ID:wofaj7SEo

面白かった




41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 19:16:03.59 ID:rm6hW/Mmo

いやーこれ見てたらチーズが怖くなってきたわー(棒)




48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 22:41:11.94 ID:BkzDbs+Bo
これはチーズ会社の周到なステマ




引用元: QB「悪魔が聖夜に最期を迎えるなんて、皮肉が効いてるよね」ほむら「…………」





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...