1: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/06/30(日) 20:58:45.69 ID:lTfpFpvAO
杏子×まどかというマイナーな組み合わせです

まどほむが見たい!きょうさやが見たいと言う方は見ない事をお勧めします

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372593525





2: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/06/30(日) 21:02:59.74 ID:lTfpFpvAO
ほむら「(何とか……マミとさやかと杏子を生かした状態でワルプルギスの夜を倒せたわ……)」

ほむら「(これで、もう何にも縛られずまどかとラブラブ出来る!筈だったのだけれど……)」

杏子「まどか~、あーん」

まどか「あーん」パクッ

マミ「あらあら、今日も二人は仲良しね」

さやか「暑苦しい位ですよ」

ほむら「(何故!何故この軸のまどかは杏子とくっついてんのよ!!)」




3: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/06/30(日) 21:06:14.30 ID:lTfpFpvAO
ほむら「(ていうか、杏子とまどかは接触がかなり少ない筈よ……)」

まどか「杏子ちゃんもあーん」

杏子「あーん」パクッ

杏子「ん~、まどかがくれたクッキーは格別に美味い!」

まどか「そんな……照れるなぁ」

さやか「なーに見せ付けてくれちゃってんのよ!まどか!私にもあーん!」

マミ「はいあーん」

さやか「あむっ……美味しい!けど何か違う!!」




4: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/06/30(日) 21:08:14.67 ID:lTfpFpvAO
マミ「ほら暁美さんもあーん」

ほむら「……自分で食べれるわよ」

マミ「もう、照れちゃって」

ほむら「……あーん」パクッ

ほむら「相変わらず、美味しいわね」

さやか「うーん……そういえばさ」




5: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/06/30(日) 21:09:50.03 ID:lTfpFpvAO
さやか「何で杏子とまどかはそんなに仲が良いんだろう」

杏子「まさか……さやかテメェ!私のまどかを取ろうってのか!?」

さやか「違うよ!?恭介居るしね!!」

マミ「でも本当……何故かしら」




6: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/06/30(日) 21:14:01.95 ID:lTfpFpvAO
まどか「えっと……」

まどか「実はね……」

―――――――――――――――

A子「私、B男君と付き合う事になったんだー」

まどか「へぇ、A子ちゃんおめでとう!」

A子「あ、図書室でB男君待たせてるんだ、じゃあね!」

まどか「うん、また明日ね」




7: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/06/30(日) 21:20:16.87 ID:lTfpFpvAO
まどか「うーん……また友達に一人恋人が出来ちゃったなぁ」

まどか「私もそろそろ……」コロッ

杏子「おいアンタ、これ落としたよ」スッ

まどか「あ、ありがとうございます」

杏子「食うかい?」スッ

まどか「!!!!」




8: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/06/30(日) 21:22:34.25 ID:lTfpFpvAO
―――――――――――――――

まどか「これが、杏子ちゃんと出会った時で、同時に杏子ちゃんに恋しちゃった瞬間なんだー」

杏子「いやぁ、今思うと照れるなぁ」

マミ「(美樹さん、今の回想で惚れる所は?)」

さやか「(私的には無いっすね)」




9: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/06/30(日) 21:24:41.62 ID:lTfpFpvAO
ほむら「(ほむぅ……ほむぅ……杏子が憎いわ……)」ギリギリ

まどか「うわっ!ほむらちゃんいきなり何で歯ぎしりしてるの!?」

ほむら「あ、いや……癖なのよ」

さやか「歯ぎしりが癖って聞いた事無いんだけど」




11: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/06/30(日) 21:32:16.61 ID:lTfpFpvAO
QB「やぁ皆」

さやか「あ、キュウベえじゃない」

QB「皆、何の話をしていたんだい?」

マミ「何で鹿目さんと佐倉さんが仲が良いのか聞いていた所なのよ」

QB「うーん、僕にとっては、人間の一部が非生産的な活動をしているのか不思議でたまらないんだけどね」

QB「ところでほむらは何で血が出るまで歯ぎしりをしているんだい?」

ほむら「……癖だから」ギリギリ




12: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/06/30(日) 21:35:09.84 ID:lTfpFpvAO
QB「あー!マミ!僕の分のクッキーが無いじゃないか!」

マミ「あら、ごめんなさい」

QB「あーあ……お菓子も食べられないなんて……僕は何て不幸なインキュベーターなんだろう……」

マミ「まぁまぁ、まだケーキが冷蔵庫にあるから」

杏子「まどか!またあーんしようぜ!」

まどか「うん!」




13: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/06/30(日) 21:37:36.54 ID:lTfpFpvAO
―――――――――――――――

杏子「まどかー、あーん」

まどか「あーん」パクッ

QB「やれやれ、本当に人間というのは訳が分からないよ」

マミ「愛と言うのは人それぞれなのよ」

ほむら「ほむぅ……ほむぅ……!!!!」ギリギリ

さやか「うわ、やべぇよこの歯ぎしりの音は!」




14: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/06/30(日) 21:41:31.21 ID:lTfpFpvAO
杏子「あ、クリームついてるぞ」スッ ペロッ

まどか「あ、ありがとう杏子ちゃん!」

ほむら「(まどかに付着したクリームを舐めた……!?)」

ほむら「ほむぅぅぅぅぅ!」ポロポロ

さやか「いきなり泣き出した!?」

QB「ほむらは頭のネジが無くなってしまったのかい?」モグモグ キュップイ




15: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/06/30(日) 21:43:32.96 ID:lTfpFpvAO
マミ「全く……」ギュッ

ほむら「ほむ……!?」

マミ「大丈夫よ暁美さん……私が、貴女の味方よ……」ナデナデ

ほむら「……」

ほむら「(ま、マミに頭を撫でられただけなのに……)」

ほむら「(この安心感は……何?)」ポワー




16: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/06/30(日) 21:50:33.37 ID:lTfpFpvAO
QB「あーあ、ほむらはマミの虜になっちゃったね」

さやか「確かに、今のほむらの顔……逝きそうな勢いだもん」

杏子「まどかー」ギュッ

まどか「もう、杏子ちゃんは甘えんぼさんだなぁ」スリスリ

さやか「こっちのバカップルも爆ぜちまえ」

QB「僕にはもう着いて行けないよ……」




22: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/06/30(日) 22:30:19.68 ID:lTfpFpvAO
さやかの部屋

さやか「明日は恭介と遊園地ー♪」

QB「明日が楽しみだね」

さやか「いや何でアンタが居るのよ!?」

QB「マミはほむらとあんな状態だしね、仕方なく此処に来たんだ」

さやか「まどかの家は?」

QB「杏子も居るしね、むやみに殺されたらたまったもんじゃないよ」

さやか「あー確かにね」




23: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/06/30(日) 22:32:04.83 ID:lTfpFpvAO
さやか「恭介との初デートだし、今日は早めに寝よっ!」

QB「そして明日の夜は生殖活動を行うって訳だね」

さやか「死ねっ!」ザクッ

QB「アウチ!」




24: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/06/30(日) 22:32:57.89 ID:lTfpFpvAO
さやか「全く……おやすみ」

QB「おやすみさやか」

さやか「(やべぇ、QBの威圧感と明日が楽しみで眠れない……)」




25: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/06/30(日) 22:35:19.34 ID:lTfpFpvAO
鹿目宅

まどか「ただいまぁ」

杏子「ただいま」

知久「あ、まどかと杏子おかえり」

タツヤ「おかえりー」

杏子「父さん、今日の晩飯は?」

知久「今日はポテトサラダとカレーだよ」

まどか「カレー!?やったー!」





26: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/06/30(日) 22:38:35.80 ID:lTfpFpvAO
杏子「おかわり」サッ

知久「本当に杏子は沢山食べるねぇ」

まどか「そこが杏子ちゃんの良い所でもあるんだよね」

杏子「父さんが作るカレーはやっぱり最高だな!」ガツガツ

知久「いやぁ、杏子がこの家に来てから、父さん料理の腕が更に上がったような気がするんだ」

まどか「ふふっ、杏子ちゃんはやっぱり良い家族だよね」

タツヤ「あうあー」ムシャムシャ




27: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/06/30(日) 22:40:24.18 ID:lTfpFpvAO
―――――――――――――――

杏子「ふぅ、疲れた後は風呂に限るぜ」

まどか「杏子ちゃんったらお年寄りみたいだね」

QB「いや、この湯加減は確かに最高だね」

杏子「だろ?」




28: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/06/30(日) 22:42:17.35 ID:lTfpFpvAO
杏子「って……」

杏子「何でテメェが居るんだよ!?」

QB「さやかは寝ちゃったし……暇で暇で仕方ないんだよ」

まどか「きょ、杏子ちゃん……」プルプル

杏子「あぁ!出ていけ淫獣!!」バキッ

QB「ギュッブイ!?」




32: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/07/01(月) 00:16:21.17 ID:Z9PZLdLAO
―――――――――――――――

杏子「ふぅ、まどかが居るだけで安心して眠れそうだな」

まどか「そうかなぁ、私は杏子ちゃんと手を繋いで寝ないと安心して眠れないけどね」

杏子「ははは、じゃあ明日は早出だしな、おやすみまどか」

まどか「おやすみなさい杏子ちゃん」




33: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/07/01(月) 00:19:00.28 ID:Z9PZLdLAO
次の日

さやか「あー!寝過ごしたー!」

さやか「行ってきまーす!」ダッ

―――――――――――――――

恭介「やぁさやか、少し遅かったようだけど……何かあったのかい?」

さやか「はぁはぁ……す、少し寝坊しちゃって……」

恭介「ははは、さやからしいや」

さやか「ちょっ!どういう意味よ!!」




34: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/07/01(月) 00:30:03.12 ID:Z9PZLdLAO
恭介「じゃあ早速入ろうか」

さやか「そうだぬぅぅぅぅ!?」

恭介「さ、さやか!?」

さやか「あ、あそこに居るのってまどかと杏子!?」

恭介「ん?あ、本当だ」

さやか「追ってみよう!」

恭介「えっ」




37: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/07/01(月) 04:58:10.05 ID:Z9PZLdLAO
恭介「さやか……何故追う必要があるんだい?」

さやか「ほら、恋のキューピッド的な役目があるじゃん私……だから」

恭介「あ、早く入らないと!行こうさやか!」ダッ

さやか「ちょっ!話は最後まで聞いてよ!?」ダッ




38: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/07/01(月) 05:00:24.09 ID:Z9PZLdLAO
まどか「今日は晴れて良かったね」

杏子「だな、今日は思い切り遊ぼうぜ」

まどか「うん!」

QB「僕はまずジェットコースターに乗りたいなぁ」

杏子「何ナチュラルに会話に参加してんだテメェは!!」




39: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/07/01(月) 05:02:35.70 ID:Z9PZLdLAO
QB「だってマミの所に帰ったらもうマミ達寝てたし、さやかの所で寝ようとしたらもうさやかが居なかったんだ」キュップイ

杏子「……ならジェットコースターに行くか」

まどか「う、うん」




40: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/07/01(月) 05:05:05.21 ID:Z9PZLdLAO
ジェットコースター

係員「では安全バーを下げてお待ち下さい」

杏子「よいしょっと」ガコッ

まどか「……」ガコッ

杏子「どうしたまどか、顔が青いがまさか……」

まどか「いや、大丈夫だようん」

杏子「なら良いけど……」




41: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/07/01(月) 05:07:53.13 ID:Z9PZLdLAO
ブーーー

ガタン ガタン

杏子「お、動き出したぞ」

まどか「そ、そうだねぇ……」

QB「あれ……」

ゴォォォォ

杏子「わぁぁぁぁ!」

まどか「きゃああああああ!!」

QB「キュップィィィィィ!そういや僕には安全バーなんてなかったぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」




42: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/07/01(月) 05:10:39.61 ID:Z9PZLdLAO
ガタン ガタン ガタン

杏子「ふぅ、楽しかった……」

まどか「……」ブクブク

杏子「ま、まどか!?」

杏子「仕方ないな、よいしょ」グイッ

係員「(お、お姫様だっこ……キマシタワー!!)」




44: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/07/01(月) 05:15:50.62 ID:Z9PZLdLAO
―――――――――――――――

まどか「ん……」

杏子「お、起きたか」

まどか「きょ、杏子ちゃん……私……」

杏子「全く、ジェットコースターが苦手なら言えば良いのにな」

まどか「(ていうか私、杏子ちゃんにひざ枕されてる……)」

まどか「(温かいなぁ、杏子ちゃんのふともも……)」




48: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/07/01(月) 17:12:28.05 ID:Z9PZLdLAO
杏子「そうだ、ソフトクリーム買ってくるよ」

まどか「ありがとう……杏子ちゃん」

まどか「(しばらくあのままで居たかったなぁ)」

―――――――――――――――

ほむら「……はっ!此処は!?」

マミ「あら、暁美さんったらやっと起きたわね」

ほむら「マミ?ということは此処は……」

マミ「私の部屋よ」




49: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/07/01(月) 17:14:10.52 ID:Z9PZLdLAO
マミ「暁美さんったら、泣いた後に寝ちゃって……」

ほむら「このベッドはマミのかしら?」

マミ「えぇ、私はソファーで寝たわ」

ほむら「(マミに悪い事をしたわね……)」




50: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/07/01(月) 17:17:06.99 ID:Z9PZLdLAO
ほむら「あ、まどかは!?」

マミ「昨日のうちに帰ったわ、何か明日は早出とか言ってたみたいだけど」

ほむら「ほむぅ……!!!!」

ほむら「マミ!今の時代はNTRよ!」

マミ「NT……何それ?」

ほむら「良いからまどかを追うわよ!間違いが起きてからじゃあ遅いわ!」

マミ「佐倉さんが居るから無いと思うけど……」

ほむら「杏子だからあるの!」

マミ「え!?」




51: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/07/01(月) 17:20:30.45 ID:Z9PZLdLAO
マミ「それってどういう……」

ほむら「まどかは今、杏子とべったりなの」

ほむら「それに付け込んで杏子がまどかにナニをするとか考えない訳?」

マミ「何?……とりあえず考え過ぎじゃないの?」

ほむら「良いから!」グイッ

マミ「服の生地が伸びるから引っ張らないで!」




52: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/07/01(月) 17:43:39.31 ID:Z9PZLdLAO
―――――――――――――――

まどか「杏子ちゃん遅いなぁ……」

ショウさん「お、君可愛いね」

まどか「え?」

ホストB「俺達と遊ばない?」

まどか「いや……その……」

ショウさん「遊ぼうぜ、暇なんだろ?」




53: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/07/01(月) 17:46:30.46 ID:Z9PZLdLAO
杏子「まどかー!買ってき……」

ショウさん「君みたいな可愛い子と遊びたいなぁ」

ホストB「ほら行こうぜ」グイッ

まどか「きゃっ!」

ショウさん「さてまずは何処n」

ドグシャアアアアアア!

ショウさん「ゲボラッ!?」

杏子「まどか!こっちだ!」ガシッ

まどか「きょ、杏子ちゃん!」




54: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/07/01(月) 18:56:55.76 ID:Z9PZLdLAO
ジェットコースター付近

杏子「まどか、大丈夫か?」

まどか「うん……さっきの杏子ちゃん、かっこよかったよ!ありがとう杏子ちゃん」

杏子「……」ボンッ

まどか「(杏子ちゃん顔が真っ赤でリンゴみたい……)」




55: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/07/01(月) 19:00:42.56 ID:Z9PZLdLAO
―――――――――――――――

マミ「……で?あれでも間違いを起こすかしら?」

ほむら「ほむぅー!」

ほむら「何がまどか、大丈夫か?よ!!」

ほむら「私なら爆弾であの男達を……」

マミ「はいはい、物騒な事言わないで帰るわよ」

ほむら「ほむっ!?もう帰るのかしら!?」

マミ「当たり前でしょ……私だって帰ってケーキ作らないといけないし……」

ほむら「貴女、他に友達が」チャキッ

マミ「ティロフィナるわよ?」ニコッ

ほむら「あぁ!私も手伝うわマミ!!」




59: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/07/01(月) 20:12:39.09 ID:Z9PZLdLAO
まどか「今日は楽しかったなぁ」

杏子「だな、また一緒に行こうぜ」

まどか「うん、二人っきりでね」

―――――――――――――――

さやか「結局二人を見失ってしまった」

恭介「まぁまぁ、楽しめたんだし良いじゃないか」




60: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/07/01(月) 20:14:13.02 ID:Z9PZLdLAO
夜 まどかの部屋

まどか「杏子ちゃん」

杏子「ん?どうした?」

まどか「抱きしめて寝て……良いかな」

杏子「んー……良いぜ」

まどか「やった!」ギュッ

杏子「ま、まどか……苦しい……」

まどか「あ、ゴメンね」




61: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/07/01(月) 20:15:11.21 ID:Z9PZLdLAO
まどか「じゃあ杏子ちゃん、おやすみなさい」ギュッ

杏子「ん、おやすみ」

また明日、貴女に良い事がありますように

おわり




62: ◆XxgaUyHWhQ6B 2013/07/01(月) 20:17:52.99 ID:Z9PZLdLAO
SSを書くのはこれが初めてでした

皆さんご指摘をどうもありがとうございました

皆さんのご指摘を参考にして、またSSを書きたいと思います

最後になりますがコメントをいただき本当にありがとうございました




63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 20:42:20.73 ID:NugdedKH0

わりと好きだったよ




66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 21:50:02.54 ID:oa5SzmEIo
乙!
ちょっと心がほっこりした



転載元
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1372593525/




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...