1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/05(日) 13:49:57.06ID:OdHCfAUJ0
 
エレン「は?」

ミカサ「だから……その……」 モジモジ

エレン「何言ってんだ、ミカサ。お前のウォールマリア……?」

ミカサ「っ///」 ダッ

エレン「あっ! どこ行くんだよ!」

エレン「ったく……どうしたってんだ」

ライナー「あー、エレン」

エレン「ん? 何だよライナー」

ライナー「不本意ながら一部始終見せてもらったが……ありゃ愛の告白だ」

エレン「愛の告白ぅ?」

ライナー「その、つまり……ミカサはセックスしたいと言ったんだ、お前と」

エレン「セ、セックスって……この前俺とライナーがした奴か?」

ライナー「そうだ……女性の場合はまたちょっと違うがな……」

エレン「まさか、ミカサが俺を誘うわけ……」

ライナー「はぁ……お前はもう少し自分の魅力に気付いたほうがいい」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/05(日) 13:52:43.56ID:Eus5e44u0
さらっとホモスレだった







ネタバレ注意


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/05(日) 13:56:39.28ID:OdHCfAUJ0
 
エレン「はぁ? 魅力って何……」
 
 さわっ

エレン「っ!?////」 ビクッ

ライナー「ほら、ココとかな?」

エレン「や、やめろよ……誰かに見られたら……////」

ライナー「冗談だよ、冗談」 スッ

エレン「ば、馬鹿やろー……少しおっきくなっちゃったじゃねーか」

ライナー「ほんとに巨人化しやすいな、お前は」

エレン「っ……」////

ライナー「エレン、顔あげろ」

エレン「え?」

 ちゅっ

エレン「あっ……////」

ライナー「フッ……じゃ、続きはまた今夜な」

エレン「ふ、不意打ちはやめろよなぁ! もう……」////




11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/05(日) 13:57:39.56ID:Q/HGiZ7h0
もうやだこのスレ




12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/05(日) 13:57:40.10ID:twKR34m30
サシャも芋もどすホモレベル




32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/05(日) 14:13:03.30ID:OdHCfAUJ0
 
───

 ゴソ…

エレン「皆寝たかな……?」

ライナー「そのようだ。 空き部屋へ行こう」 スッ

───

 空き部屋

ライナー「じゃ、服を脱ごうか」

エレン「お、おう……」

 スルスル…

ライナー「ふむ、訓練のせいか、最近お前の体もたくましくなってきたな……」

エレン「そんな、ライナーにはかなわないよ」

ライナー「ほら、太ももの筋肉なんか特についてきたな」 さわっ

エレン「ふっ、ん……////」

ライナー「ほら、どうした? 何震えてるんだ?」 さわさわ

エレン「べ、別に、寒いだけだよっ……////」 ビクッ ビク




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/05(日) 14:25:13.81ID:OdHCfAUJ0
 
 ライナーの逞しい指が、エレンのふとももを優しく撫でるたびに、
 その体はビクビクと打ち震えた。

ライナー「なんだ、もうこんなになってるじゃないか」

 ライナーの手がエレンの半勃ちしたそれを優しく包む。

エレン「うっ、あ……////」 ビクッ ビクン

 その柔らかな刺激に思わず声が漏れるエレン。

エレン「ちょ、ライナ……んぐっ!?」

ライナー「んむっ……」

 ライナーの唇が無理やりエレンの口を塞ぐ。
 その半ば強引な進撃に、エレンの股間は巨人化を完了させようとしていた。
 そして唇を奪いつつも、ライナーはその手の動きをやめない。

ライナー「んっ、んむ」

エレン「ふあ…んちゅ…んっ……」

 シュッ シュッ シュッ

エレン「あっ、ふあっ、あぁっ////」 トローン




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/05(日) 14:44:33.79ID:OdHCfAUJ0
 
ライナー「チュパッ……おいおい、どうした?」

エレン「ラ、ライ、ナー……」 トローン
 
ライナー「じゃ、こっちはどうかな」 パク

 次偽にライナーが攻めたのは乳首だ。
 エレンの可愛らしいそれを優しく唇で挟み、軽く吸ってやる。

エレン「ふっ、あ、んっ////」 ビクンッ

 弱点を知り尽くしたライナーの攻め。
 翻弄されるエレンはされるがままに身をよじり、声を漏らした。

ライナー「ふふっ、こっちもビンビンだな」 シュッシュッシュッシュッ

エレン「う、あぁ……ライ、ナー……出そう……」

ライナー「しょうがない奴だな……」 スッ

 乳首から口を離すライナー・
 エレンは少し寂しそうな顔をしたが、

ライナー「パクッ」

エレン「ふぁぁっ!?」 ビクーン!

 ライナーに肉棒を咥えられ、その感触に思わず腰が砕けそうになる。





52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/05(日) 14:58:14.77ID:OdHCfAUJ0
 
ライナー「んっ んぐっ、んぐっ」 ジュッポジュッポジュッポジュッポ

エレン「ふあ、ふあああぁっ!」 ビクッビクッ

 口内の暖かくぬらりとした淫靡な感触。
 ライナーの舌先がエレンのソレをくまなく舐め上げる。
 そのたびにエレンの肉棒はビクビクと波打った。

エレン「う、あっ!」////

ライナー「んぐ、ちゅぱ、んぐ」

 そして、ライナーが口をすぼめ、スパートをかける。

  ズゥルルルルルル!ジュズッ!

エレン「ふあ、あああぁっ!////」

 ビクン、とエレンの体が大きく打ち震え、

ライナー「!」

  ビュルッ!ビュルルル!

   ドグッ…ドグッ…

ライナー「んぐっ、ゴク……んっ……」

エレン(ハァ……ハァ……ライナー……俺のを飲んでくれてる……)




54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/05(日) 15:04:07.85ID:OdHCfAUJ0
 
ライナー「……ゴクッ……ぷは、ズズッ」

ライナー「ふう、相変わらずすごい量だな」 ニカッ

エレン「ラ、ライナー……俺……」

  ズオオォォォッ

 エレンの立体起動は一度の噴射では満足できないようだった。

ライナー「ふっ……いいぞ……ほら」

 ライナーが四つん這いになり、ケツをエレンの方へと向ける。

ライナー「いいぞ、来いよ」

エレン「はぁ、はぁ……ライナー……ライナーっ」

 エレンはいきり立ったそれをライナーの穴へとあてがい、

  ニチ・・・ニチ…

 徐々に埋め込んで行く。

ライナー「ふぅ、ふぅ…」

  ズンッ!!

ライナー「ふお、おぉぉおぉっ!!」




58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/05(日) 15:12:24.97ID:OdHCfAUJ0
 
エレン「うあ、あ、全部、入ったよ……」

ライナー「……いいぞっ……う、動いてくれっ……」

  ズリュ…ズリュ…

ライナー「おぉ……もっと、もっとだ……!」

エレン「うっ、ふっ、ふんっ!」

  ズリュッ!ズリュッ!ズリュッ!

 エレンの巨人が容赦なくライナーの腸の内壁を擦り上げる!
 その度に両者は快感に打ち震え声を漏らした。

ライナー「あっ、あっ、うっ////」 ズチュッ ズチュッ

エレン「ふっ、あ……んっ////」 ズリュッ ズリュッ





59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/05(日) 15:13:16.00ID:OdHCfAUJ0
 
ライナー「あ、あぁぁ……エレン……!」

エレン「う、あ……で、出そうだっ……」

ライナー「い、いいぞっ……出せっ……」

ライナー「全部俺の中に出せっ……!」

エレン「う、うぅぅうあぁっ!!」 ビクンッ!

 ビュルッ ビュルルルル!

    ビューッビュルーッ!

エレン「あ、あぁぁ……」 ガクガク

ライナー「……っ、……っ」 ビク、ビクッ

───





62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/05(日) 15:17:57.93ID:OdHCfAUJ0
 
───

ライナー「……最高だったぞ」 ナデナデ

エレン「へへっ……」////

エレン「俺さ……」

ライナー「ん?」

エレン「好きだよ、ライナーのこと」////

ライナー「な、何だよ、改まって」////

エレン「ずっと……」

 ぎゅっ

エレン「ずっと、一緒にいてくれるよな……?」

ライナー「……」

エレン「ライナー……?」

ライナー「エレン……」

エレン「……?」

ライナー「お前に……いや、お前たち、皆に……秘密にしていたことがある……」




68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/05(日) 15:34:31.07ID:OdHCfAUJ0
 
エレン「え?」

ライナー「聞いてくれ、俺は……」

───

 ざわざわ

ミカサ「おはよう、どうしたの……?」

コニー「あ、いや、それが……いなくなっちゃったんだ!」

ミカサ「……いなくなった……?」 ポリポリ





69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/05(日) 15:35:28.26ID:OdHCfAUJ0
アニ「ああ、置手紙を残していなくなっちまったんだ……脱走、って奴かな」

ミカサ「………ふーん……誰が……?」ポリポリ

コニー「ライナー」

ミカサ「………へー………」 ポリポリ
 
コニー「とエレン」

 ガシッ!!

ミカサ「どうして?エレン?エレンがどうして?いなくなった?どうしていなくなったの?」

ミカサ「いなくなったってどういうことなの?脱走ってどういうことなの?」

ミカサ「私の前からいなくなるわけないじゃない。エレンが私の前から消えるわけがないじゃない」

ミカサ「何の冗談なの?冗談はやめて。エレンに関する冗談はやめて。殺すよ?エレンはどこ?」

ミカサ「エレンはどこエレンはどこエレンはどこ」 ユサユサユサユサユサユサユサ

コニー「わぁぁ!!し、し知らないよぉぉぉ!!!」 ガクガクガクガクガクガク





71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/05(日) 15:39:55.57ID:OdHCfAUJ0
 
ミカサ「…………手紙」

コニー「え?」

ミカサ「置手紙と言った。  出せ、すぐ出せ それとも貴様の首を出すか? さあ早く」 ユラ…

コニー「ひぃぃぃ!! こ、これだよぉ!!」

 バサッ

───

 『皆、ごめん。 訳あって、俺とライナーは二人で壁の外に出る。』

 『皆と別れるのは、辛い。 でも、俺にとっちゃライナーと別れる方がずっと辛いんだ。』

 『ライナーは優しいし、逞しいし、気持ちいいし、俺にとってすっごく大事な存在なんだ。』

 『ライナーも俺を好きだと言ってくれてる。 俺たち、愛し合ってる。』

 『それに、ライナーも俺と同じ、巨人だった。』

 『だから、俺たち、もう壁の中にはいられない。 これ以上皆を裏切り続けないように、二人で壁の外に出ようって決めた。』

 『これからは敵同士だけど、こんな言い方、正しいか分からないけど、』

 『これからも、僕たちをよろしくお願いします☆』

 『エレン・イェーガー』 




78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/05(日) 15:43:56.53ID:OdHCfAUJ0
 
ミカサ「………」

クリスタ「ミ、ミカサ……?」

ミカサ「………」

クリスタ「だ、だいじょ」

ミカサ「フッ」

クリスタ「え?」

ミカサ「うふ、うふふふふ」

クリスタ「ミカサ……?」

ミカサ「うふっふふふふふふふふ!!!」

クリスタ「ひィっ!?」

ミカサ「クククク……はぁーっはっはっはぁッ!!!」

ミカサ「あはっはははははぁはははははァ!!!」

ミカサ「……………」

ミカサ「………」

ミカサ「駆逐してやる」




80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/05(日) 15:48:47.03ID:OdHCfAUJ0
───

 ……10年後


モブA「将軍!! 将軍!!」

ミカサ「……」

モブA「ミカサ・アッカーマン将軍!!」

ミカサ「……報告しなさい」

モブA「ハッ!」

モブA「えー、壁外から、例の"鎧型巨人"と"黒髪の巨人"が、ウォールマリアへ向かって来ています!!」

ミカサ「………」

モブA「えー、このままですと壁が……」

ミカサ「……出来る限り、食い止めましょう……突破されれば、その時はその時です」

モブA「は、ハッ!」

ミカサ「……ウォールマリアは私の管轄……好きにはさせない……」 ビリ…

モブA「ッ……」 ゾクッ





83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/05(日) 15:51:30.40ID:OdHCfAUJ0
 
 ドッ ドッ ドッ ドッ

  ドッ ドッ ドッ ドッ


モブA「黒髪の巨人、壁に向かって突進してきます!!」


ミカサ「エレン………」


ミカサ「エレンの巨人で、私のウォールマリアを突破しても構わない」


  シュルッ…   シャキン…


ミカサ「中で私が、この手で殺してあげる」

  
ミカサ(だって……)


         ヒ ト
 私が愛した、巨人だから



      完




93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/05(日) 16:02:10.18ID:HNFjI7Q+P
乙。いい話だった




101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/05(日) 19:08:03.05ID:rLJfzvH40

純愛やなぁ


転載元
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1367729397/l50




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...