1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/11(金) 21:18:07.67ID:gpbaBHAU0
宮子「ゆのっち~あーそーぼ!」

ゆの「あ、入ってー」

宮子「えへへ、おじゃましまーす!」

宮子「そういやゆのっちなんかしてたー?」

ゆの「うん、さっきまで宿題してたけどもう終わったよ」

宮子「お~ならなら今日はこれで遊ぼうよゆのっち」

ゆの「なになに?」ワクワク

宮子「フフフ…見て驚くごと山の如し」

ゆの「なんか違う気が…」







4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/11(金) 21:25:11.84ID:gpbaBHAU0
宮子「その名も…」

ゆの「…」ゴクリ

宮子「じゃじゃーん!催眠君!」

宮子「なけなしの五円玉と余ってたひもで作りました!」

ゆの「わ~懐かしい」

ゆの「ふりこみたいに揺らしてアナタはだんだん眠くな~るてするんだよね!」

宮子「そうそう」

宮子「今日はこれを使って遊びたい所存でありまする!」

ゆの「わ~」パチパチ




5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/11(金) 21:32:33.66ID:gpbaBHAU0
宮子「まずはゆのっちにかけてみるね~」

ゆの「えへへ、ちょっと緊張するなあ」

宮子「ゆのっちはだんだん眠くなーる眠くな…」

ゆの「」グー

宮子「ゆのっち早!催眠君すごっ!」

宮子「ゆのっち~起きて~」ポンポン

ゆの「ん…私寝てた?」

宮子「うん!この催眠くん効果すごい!」

ゆの(宿題してたから眠くなってたなんて言えないしなあ…)

宮子「次はゆのっちが私にかけてみてー」

ゆの「え~宮ちゃんかからなさそうだよ~」

宮子「ふふーかかってきたまえゆのくん!」




9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/11(金) 21:37:26.99ID:gpbaBHAU0
宮子「あ、でも眠くなれ~は私がやったからからなんか別ので!」

ゆの「別のかあ」

ゆの「じゃあ…いくね?」

宮子「かもーん!」

ゆの「宮ちゃんはだんだんネコさんになーるネコさんになーる」

宮子「…」

ゆの「うう難しいなあ」

ゆの「次宮ちゃんの」

宮子「にゃー」

ゆの「!?」




11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/11(金) 21:41:25.04ID:gpbaBHAU0
ゆの「…」

ゆの「宮ちゃん物まね上手~」

宮子「にゃー!」ガバッ

ゆの「わわ!?」

ゆの(ほんとにかかってる?)

宮子「にゃ~ん」ペロペロ

ゆの「宮ちゃんくすぐったいよ~」




14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/11(金) 21:47:01.04ID:gpbaBHAU0
ゆの「って今はネコさんだよね」

宮子「はっ!?」

ゆの(あ、戻った)

宮子「私がゆのっち無理やり押し倒してる…」

宮子「ゆのっちを汚してしまったあああ!」

ゆの「落ち着いて宮ちゃん!大丈夫だから!」




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/11(金) 21:51:06.38ID:xgNHPnxz0
あらうふ




19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/11(金) 22:00:00.23ID:gpbaBHAU0
宮子「いつの間にか私もかかっていたとは…」

宮子「やっぱり催眠君すごい!」

ゆの「すごいね~」

宮子「しかし…こいつは強力すぎる…」

宮子「悪党の手に渡る前に封印しておくべきか…」

ゆの「悪党!?」

宮子「よし!最後に一回ずつやろう」

宮子「ゆのっちは嘲笑しながらかっこいいポーズをとる嘲笑ながら…」ユラユラ

ゆの(…)

ゆの(あれ?私にはかかってない?)

宮子「ゆのっちは嘲笑しながらかっこいいポーズをとる~」

ゆの(と…とりあえず)

ゆの「」ドヤッ ピシッ

宮子「お~全然出来てない!」パチパチ

ゆの(恥ずかしいよぅ…///)




21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/11(金) 22:05:42.09ID:gpbaBHAU0
宮子「次ゆのっちね~」

ゆの「うん」

宮子「しかしなんで私はゆのっちを押し倒したんだろうか…」

ゆの(覚えてないなんだ…)

ゆの(!)

ゆの(じゃあ宮ちゃんと///えへへ///)ニヤニヤ

ゆの(…ダメだよね)

宮子「次はかかりませんぜゆのさん!」

ゆの「えっと…」




24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/11(金) 22:16:01.39ID:gpbaBHAU0
ゆの「…」

ゆの「宮ちゃんは長い時間私に甘えてくーる甘えてくーる」

ゆの(これ都合良すぎな願いだよね!?)

宮子「…」

ゆの(宮ちゃん聞いてたら怒っちゃうかな…)

宮子「ゆのっち」

ゆの「宮ちゃん!?」ビクッ

ゆの(あうう…やっぱりダメかあ…)

宮子「今日は…ゆのっちに甘えたい気分」

ゆの「ええー!?」




26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/11(金) 22:17:15.62ID:xgNHPnxz0
キマシ!?




27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/11(金) 22:17:22.02ID:Vx4aiEfI0
ええー!?




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/11(金) 22:18:34.66ID:4y6GQGB00
やったー!




32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/11(金) 22:26:39.45ID:gpbaBHAU0
ゆの「で、でも一応成功だよね!」

宮子「ゆのっち…」ホッペタスリスリ

ゆの「いつもと違う感じの宮ちゃん可愛い///」

ゆの「しかも手足を使わずに宮ちゃんコントロール出来るなんて…」

宮子「ゆのっち…」ジー

ゆの「み、宮ちゃん!?」ドキッ

宮子「ゆのっちに頭撫で撫でてほしい…」

ゆの「えっと…こんな感じ?」ナデナデ

宮子「うん私ゆのっちにナデナデされるの好き♪」

ゆの「宮ちゃん///」




38:ご飯食べてた:2013/01/11(金) 22:44:24.44ID:gpbaBHAU0
ゆの「私も宮ちゃん撫でるの好きだよ~」

宮子「えへへ~ありがと~」

ゆの「えへへ」

宮子「ゆのっちて料理がお上手だし優しいから」

宮子「お嫁さんにするならゆのっちがいいな~」

ゆの「み、宮ちゃんてばあ///」

宮子「ホントだよ~私嘘つかないもん」

宮子「ねぇ…ゆのっちに抱きついてもいい?」

ゆの「うん!」




43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/11(金) 22:54:05.86ID:gpbaBHAU0
宮子「ゆのっちぽかぽかしてる~」

ゆの「宮ちゃんもあったか~い」

宮子「ゆのっちの温もりを感じつつ私は…」

宮子「…」zzz

ゆの「寝ちゃった…」

ゆの「寝顔可愛い」プニプニ

ゆの「…」

ゆの「あんまり変わってないような…」

ゆの「でも…うん、それでいいかも」

ゆの「お昼までに起きればご飯は…」ウツラウツラ」

ゆの「その頃には宮ちゃんも普通どおり…今も普通だよね、えへへ」

ゆの「宮ちゃんとくっついておやすみ…」zzz




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/11(金) 23:03:51.02ID:gpbaBHAU0


宮子「ゆのっちの手料理~!」

ゆの「待ってて~宮ちゃん」

宮子「楽しみ楽しみゆのっちの~手料理」

ゆの「美味しいの作るからね!」

ゆの(そういえば催眠君どこ行ったんだろう…宮ちゃんは忘れてるだろうし)

ゆの(…いいよね!)




56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/11(金) 23:12:06.51ID:gpbaBHAU0
ちょっと前

乃莉「ゆのさーんベリマートで買ったお菓子食べませんかー?」コンコン

乃莉「あいてる…失礼しまーす」

乃莉「…寝てるし!しかも宮子さんと二人仲良く」

乃莉「お菓子で後で渡しますか」ヤレヤレ

乃莉「ん?これって催眠術とかでよく見る五円玉の…」

乃莉「…」ニヤッ

乃莉「ちょっと借りてきますね~」(なずなにかけてみようっと)

終わり




60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/11(金) 23:21:35.17ID:gpbaBHAU0
なず乃莉を考えてなかった
こうなっちゃったのよ!こう出来ちゃったのよ!
どうしたらいい?




65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/11(金) 23:28:00.57ID:4y6GQGB00
乙乙乙


転載元
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1357906687/





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...