1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 23:50:52.82ID:dAsC7sIP0
社長「今日からマネージャー見習いとして入社することになった黒沢君だ」

黒沢「いやー、どうもどうも、はじめまして・・・!黒沢です・・・!」

社長「黒沢君は以前建設会社で勤務していたんだ。

  この業界は初めてだから、皆いろいろと教えてあげてくれたまえ」

P「はじめまして、よろしくお願いします」

黒沢「こちらこそよろしくお願いしますっ・・・!」








2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 23:52:35.45ID:dAsC7sIP0
亜美「うっ……」

真美「げっ……」

伊織「ただのオッサンじゃないの……」

律子「むしろ汚いオッサンじゃない……」

やよい「ううー……、怖いおじさんですー……」

雪歩「折角プロデューサーは大丈夫になってきたのに……

  また男の人なんて……」




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 23:53:13.15ID:dAsC7sIP0
暴走族によるホームレスへの襲撃を食い止め、

一時意識不明になった黒沢・・・

奇跡の生還・・・!!

しかし・・・しかし・・・

黒沢・・・度重なる警察沙汰と怪我により・・・

遂に穴平建設を解雇・・・すなわちクビ・・・!!失業・・・!!




4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 23:55:02.89ID:dAsC7sIP0
黒沢(まあ、あれだけ派手に暴れれば・・・

  しかし、前科はつかなかった・・・大丈夫・・・生きていける・・・)

黒沢(・・・・・・わけねーだろっ・・・!!

  俺はもう40過ぎ・・・無いっ・・・何もっ・・・・・・)

黒沢(資格も・・・若さも・・・)

黒沢(これがホープレスっ・・・このまま・・・路上生活者・・・すなわちホームレスの仲間入り・・・)

失意・・・

失意の中・・・

社長「ティンと来たっ・・・!!」

黒沢「はあ?」




5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 23:56:14.70ID:dAsC7sIP0
社長「ティンと来たっ・・・!!!」

黒沢(やべえ・・・危ない親父だ・・・)

黒沢「おい、親父さん・・・まだボケる年でもねーだろっ・・・」

社長「君・・・運転免許は持っているかね?」

黒沢「あ?おう、それがどうしたんだ?親父さん」

社長「そうか・・・それなら、働きたまえっ・・・!ウチで・・・!!!」

黒沢「・・・分かった分かった・・・働く・・・」

社長「何をキョロキョロしているのかね?」

黒沢「呆けた親父を探す家族がどっかにいるんじゃないかと思ってな」

社長「私は呆けてはいないよ・・・!」

黒沢「・・・分かった分かった・・・」




6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 23:58:02.32ID:dAsC7sIP0
黒沢(まさか・・・あのオッサンが本当に社長だったとは・・・)

黒沢(しかし・・・幸運・・・!捨てる神あれば拾う神あり・・・!)

黒沢(難無く再就職ゲットっ・・・!しかも・・・・・・)

黒沢(芸能事務所・・・アイドル専門のっ・・・)

黒沢(ツイてる・・・今まで不遇だった分・・・取り返すっ・・・これから・・・)

黒沢「こんな歳ですが・・・新人として・・・心機一転・・・頑張りますっ!!」

アイドル達「……」




9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 23:59:35.08ID:dAsC7sIP0
黒沢(しかし・・・)

黒沢(アイドル事務所って言っても・・・想像してたのとは・・・)

黒沢(確かにかわいい・・・上玉・・・それは間違いない・・・)

黒沢(しかしながら・・・全員、子供・・・!!平たく言えば・・・ガキっ・・・!!)

あずさ「よ、よろしくお願いします~」

春香(あ、あずささんが行った・・・!)

黒沢「あ、はい、どうぞよろしく・・・」

黒沢「!!」

あずさ「はい~」どたぷ~ん




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:01:24.72ID:wFYQDB4c0
黒沢・・・驚愕・・・!!


黒沢(ぶるんぶるんしてやがる・・・ぶるんぶるん・・・)


封印されし・・・エロハンド・・・

人の道に外れた行為・・・

黒沢(くぅ~・・・いかんいかん・・・!また失うつもりかっ・・・!

  せっかく拾った命・・・蜘蛛の糸・・・

  アイドルへのセクハラは即クビっ・・・!手放したら落ちる・・・奈落の底へ・・・)

千早「何だか、体調でも悪いのかしら……?突然辛そうにし出したけど……」

貴音「はて……?」

響「あずさが苦手なのかなあ?」

真「まさか、そんなことないと思うけど……」

小鳥「それじゃあ、必要な事務仕事をこれから指導しますので、こちらへどうぞ」

黒沢「はっ・・・は、はい・・・お願いします・・・」




11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:03:38.08ID:wFYQDB4c0
黒沢の仕事は、しばらくの間、簡単なデスクワーク・・・

そして、スケジュールを確認してアイドルの送迎・・・

平たく言えば・・・対象の定まらないカバン持ち・・・


黒沢(まあ・・・このくらいは・・・)


しかし、デスクワーク・・・これが曲者・・・

今まで建築会社一筋の黒沢・・・

出来ない・・・電話対応の一つも・・・




12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:04:57.53ID:wFYQDB4c0
律子「ちょっと黒沢さん!この電話どこからの電話なんですか?」

黒沢「え?はあ、○×テレビの・・・」

律子「○×テレビの~っていう名字の人は2人いるんです!きちんとフルネームで聞いてください!」

黒沢「は・・・はい・・・すんません・・・」


律子「ちょっと黒沢さん!?何でこの書類手書きなんですか?」

黒沢「え・・・いや・・・そういう内容で・・・ということだったんで・・・」

律子「エクセルで表作って下さいよ!」

黒沢「あ~、なるほど・・・」

律子「……もしかして……エクセル……使えないんですか……?」

黒沢「・・・・・・ハイ・・・・・・」

律子「はぁ~。……もういいです」

黒沢「すんません・・・」




13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:06:11.15ID:wFYQDB4c0
もう一つの仕事・・・送迎・・・

曲がりなりにも現場監督として働いてきたので・・・

意外と言えば意外だが・・・黒沢、スケジュール管理は得意・・・

黒沢(最近失点続きだからな・・・この仕事は何とかしないと・・・!)

黒沢「あ、お疲れ様です・・・」

雪歩「ひいっ……!あ、きょ、今日は黒沢さん……?」

黒沢「え?ああ・・・はい・・・」




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:08:00.87ID:wFYQDB4c0
黒沢(車の中でもずーっと無言・・・)

雪歩「……」

黒沢(気まずい・・・)

黒沢「あ、あの、どうでした・・・?お仕事の方は・・・?」

雪歩「ひ、ひいっ……ふ、普通ですぅ……」

黒沢「そ、そっすか・・・」

雪歩「……」

黒沢「……」


事務所では小娘に怒られ・・・車のなかでは気まずい雰囲気・・・


黒沢(これじゃあ・・・穴平のほうがよっぽどマシ・・・

  帰りたい・・・懐かしい現場へ・・・!)

黒沢「おっと・・・事務所に忘れもん忘れもん・・・」




16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:10:25.24ID:wFYQDB4c0
―事務所―

??「……よねー」

黒沢(アイドル達・・・まだいるのか・・・)

律子「本当に駄目ね、あのオッサン!」

黒沢(げ・・・・・・)

小鳥「まあ……ちょっと……

 事務仕事は向いてないんじゃないかな……とは思うわ……」




17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:11:42.98ID:wFYQDB4c0
あずさ「それに……」

あずさ「胸……ずっと見て来るんです……」

伊織「そうね……あからさまに見てるわね……」

貴音「そうですね……私も見られているような気がします」

千早「セクハラなんて……許せません!!」

亜美「あとさー」

真美「あー、あれかー」

雪歩「あれ……?」

響「言いにくいけど……その……ちょっと臭うぞ……あの人……」

雪歩「あー……」

真「うーん、送迎の時って……車じゃない?」

春香「あー、密閉空間だからねー……」




22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:13:43.21ID:wFYQDB4c0
黒沢「……」

P「あれ?黒沢さん、どうしたんですか?今帰りですか?」

黒沢「ああ・・・はい・・・・・・」

P「あ、それなら、一杯どうですか?」

黒沢「スミマセン・・・今日は・・・用事が・・・」

P「そ、そうですか……」




23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:15:17.14ID:wFYQDB4c0
黒沢「うっ・・・・・・くそっ・・・・・・」

黒沢「畜生っ・・・・・・」

黒沢「泣いてんじゃねえよっ・・・!分かり切ったこと・・・」

黒沢「今までだって、そうだったじゃねえか・・・」

黒沢「畜生っ・・・・・・」


prrrrrrrrrrr


黒沢「くそっ・・・誰だ、こんな時に・・・・・・」

    着信――仲根――

黒沢「・・・・・・」




25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:17:24.95ID:wFYQDB4c0
―居酒屋―

仲根「兄さんっ・・・ありがとう・・・来てくれて・・・」

黒沢「おめー、中学生だろうが・・・・・・居酒屋は止めとけよ・・・」

仲根「ふふ、これはお祝いだから・・・再就職の」

仲根「あ、今日は兄さんに会いたいって人、連れてきたんだ」

スタッフ「こんばんは・・・黒沢さんですね・・・」

スタッフ「仲根から話は聞いてます・・・」

スタッフ「あ、俺、○○テレビのスタッフでして・・・」

黒沢「・・・こりゃあどうも・・・」




27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:19:22.30ID:wFYQDB4c0
仲根「まっ・・・飲んでよ・・・兄さん」

黒沢「聞いてるって・・・どうせまた変なこと吹聴してるんだろうがっ」

スタッフ「いえ、いつも大絶賛・・・ティラノサウルスみたいな人だって・・・」

黒沢「ティラノ・・・・・・ダメじゃんそれ・・・・・・」

仲根「それだけ器が大きいってことですよ・・・」

黒沢(しかし、どんな評価であれ・・・芸能界の知り合い・・・)

黒沢(しかも・・・俺を嫌ってない初めての知り合い・・・)

黒沢(嬉しい・・・・・・)

仲根「じゃ、かんぱ~い!!」




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:21:09.04ID:wFYQDB4c0
―数時間後―

黒沢「ぎゃおおおおおおお!!」

スタッフ「ぎゃはははは!!」

仲根「ぐははははは!!」

黒沢「大体、あいつら何も分かっちゃいねえんだよっ・・・!!」

スタッフ「そうだそうだ!!そういや、黒井って嫌な野郎がいましてね・・・!!」

黒沢「おう・・・お前なかなか話せるじゃねえか・・・!!」

スタッフ「へっへっへ、黒沢さんこそ・・・」

黒沢「さ、飲め飲めっ・・・!飲めーいっ・・・!」バタッ




29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:22:31.97ID:wFYQDB4c0
仲根「あーあ、潰れちゃった・・・」

スタッフ「まあ、あれだけ飲めばなあ・・・」

仲根「どうよ・・・?765プロって事務所は・・・?」

スタッフ「今時なかなかいないくらい、素直な子が揃ってるんだけど・・・」

仲根「まあ、兄さんと女は水と油っ・・・・・・

  あいつらにとっちゃ宇宙人より遠い存在だろうさ・・・・・・」

仲根「分かっちゃないんだ、兄さんの凄さ・・・」

スタッフ「しかし・・・聞いた通りの人だな・・・本当に・・・」

仲根「ああ、齢を重ねても、中学生のような熱い情熱を持っている・・・

  そんな男なんだ・・・」




30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:23:50.84ID:wFYQDB4c0
―次の出勤日―

黒沢「・・・行くか・・・・・・」

我に返った黒沢、流石に沈痛・・・・・・

行きたくないっ・・・事務所に・・・

あんな話を聞いては・・・

黒沢(くそっ・・・どんな顔して働けばいいんだ・・・)




31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:25:36.09ID:wFYQDB4c0
―事務所―

黒沢「・・・・・・はあっ・・・・・・?」

社長「君もそろそろ・・・慣れた頃だろう・・・・・・」

社長「誰か一人・・・アイドルに付きたまえ・・・

  マネージャーとしてっ・・・・・・!」

黒沢「いやいやいや、無理ですって・・・他の仕事もあるし・・・」

黒沢(嫌われてるしっ・・・・・・)

社長「他の仕事は、合間にやればいい・・・」

律子「社長っ!!何言ってるんですかっ!!ダメに決まってます!!」




32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:27:16.43ID:wFYQDB4c0
社長「これは・・・私の決定だよ・・・?意見は許さない・・・・・・」

律子「うっ…」

P「でも社長、どのアイドルを受け持つんです?」

社長「ふふふ、もう決まっているさ・・・・・・」

社長「萩原君を・・・担当したまえ・・・・・・」

雪歩「ふぇ……?えええええええええ!?」

律子「社長!!」

黒沢「ほら、嫌がってますよっ・・・!!」

社長「じゃあ、頼んだよ・・・」




34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:28:41.01ID:wFYQDB4c0
黒沢「ぐぬぬぬぬぬ・・・・・・・」

黒沢「・・・・・・・・・」チラッ

雪歩「……」サッ

黒沢(超・・・嫌がってるしっ・・・・・・)

黒沢(目も・・・合わせねえし・・・・・・)




35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:30:08.66ID:wFYQDB4c0
律子「大丈夫よ、雪歩」

雪歩「ふええ~……」

律子「すぐ失敗して、あのオッサン担当外されるわ。それまで我慢して」

雪歩「プロデューサーぁ~」

P「俺もサポートするから、黒沢さんと頑張って行こうな」

雪「ひええ~」

黒沢(この兄ちゃん、顔はかっこいいけど・・・何かずれてるよなあ~・・・)




36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:32:00.58ID:wFYQDB4c0
―仕事へ向かう車の中―

黒沢「・・・・・・」

雪歩「……」

黒沢(やっぱり・・・会話も無え・・・・・・)

黒沢「あの~、萩原さん・・・?」

雪歩「……ひいっ……な、何ですか?」

黒沢「まあこれは・・・気まぐれ・・・社長の・・・」

黒沢「オレが失敗してれば、いずれあの兄ちゃんにまた受け持ってもらえるっ・・・」

黒沢「だから、元気出してくれや・・・なっ・・・」




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:33:49.02ID:wFYQDB4c0
雪歩「……多分、それは違うと思いますぅ……」

黒沢「へ?」

雪歩「きっと、社長は、しばらくの間、黒沢さんを替えないと思います……

  そういう人ですから……」

黒沢「・・・そうなの・・・・・・?」

雪歩「はい……」

黒沢(ってことは、オレはどっちみちこのお嬢ちゃんとしばらく仕事するのか・・・)

黒沢(・・・大丈夫かね・・・?こんな気弱な子が・・・・・・)




39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:35:58.85ID:wFYQDB4c0
―仕事の現場―

黒沢「うっ・・・・・・!!!」

雪歩「ど、どうしたんですか?!」

黒沢「そういえば、オレは実際現場に出るのは初めてっ・・・・・・!!

  緊張する・・・・・・!!」

雪歩「わ、私も緊張してます~」

黒沢「は、萩原さんっ・・・先を歩いてくれっ・・・!!」

雪歩「く、黒沢さんが先を歩くべきですぅ!年功序列ですぅ!!」

黒沢「ま、まあそんなこと言わずにどうぞどうぞ・・・」

雪歩「そ、そんなぁ……酷いです……」




41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:38:04.68ID:wFYQDB4c0
黒井「おいこら君たちィ、道の真ん中で漫才は止めてくれたまえ」

黒沢「あっ、こりゃどうも失礼を・・・・・・」

黒井「む……、誰かと思えば、765プロの貧相なアイドルじゃないかね?」

雪歩「ふぇぇ……、そ、そうですぅ……」

黒井「全く、目障りな……

  む、ということは……、このデカい男は……、新しいプロデューサーか?」

黒沢「いえ、オレは単なるマネージャー見習いでして・・・」




43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:39:26.67ID:wFYQDB4c0
黒井「はっはっは!!こんな冴えない、野卑な男を雇うとは、遂に高木も
  
  耄碌したらしいな!!」

黒沢「む!!なんだとっ・・・・・・!!」

黒井「くくく、まあ、泣かず飛ばずのアイドルには相応しい男かも知れんがね!」

黒沢(くそっ、的確に分析しやがって・・・・・・)

雪歩「うう……」

黒井「さあ、どいてくれたまえ。私のジュピターは君たちと違って忙しいんだ!!」

黒井「いくぞ!!!」

北斗「はい……」




46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:41:13.61ID:wFYQDB4c0
黒沢(言いたい放題言いやがって・・・・・・しかし・・・・・・)

黒沢(確かに・・・オレはド素人なうえに事務所の嫌われ者・・・)

黒沢(それにこのお嬢ちゃんはあがり症で男性恐怖症・・・)

黒沢(くそっ・・・底辺同士、体よく組まされた・・・ってことか・・・)

雪歩「……ううっ……」

黒沢「ま、まあ元気出して・・・」

黒沢(なんて言っても、無理だよなあ・・・・・・)




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:42:45.54ID:wFYQDB4c0
―仕事―

黒沢(結局お嬢ちゃんは沈んだきり・・・・・・)

スタッフA「はーい、では萩原雪歩さん入りまーす!!」

雪歩「……はいっ!!」キリッ

黒沢「お?おおっ・・・?」


今の今まで・・・どう見ても落ち込んでいた萩原雪歩・・・

仕事になるとまさしく一変・・・!!


雪歩「よろしくお願いします!!」

緊張は見える・・・が・・・立派に仕事をこなす・・・!!




50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:44:15.57ID:wFYQDB4c0
黒沢「す、すげえ・・・・・・」

スタッフB「あ、新しいマネージャーの方で?」

黒沢「はい・・・そうです」

スタッフB「いやー、雪歩ちゃんね、評判良いんですよ最近」

スタッフB「まあ何ていうか、この業界、ほとんど作ってるって言うんですか。

    会ってみると性格悪かったり、みたいな子多いんですよ」

スタッフB「それが雪歩ちゃん、普段からあの調子・・・

    大丈夫かなあ?と・・・最初は思いましたが・・・」

スタッフB「仕事に入ると、いつもガラッと変わるんですよねえ・・・」

黒沢「そ、そうなのか・・・!!」




53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:46:02.27ID:wFYQDB4c0
―仕事終わり―

雪歩「お疲れ様でしたー!」

スタッフA「はいお疲れ様ですー」

雪歩「ふぅ……」

雪歩「……あ、黒沢さん……お疲れ様ですぅ……」 

黒沢「萩原さんっ・・・!!」

雪歩「ど、どうしたんですか?」

黒沢「感動したっ・・・!!オレはっ・・・!!

  仕事に賭ける思い・・・!!」




54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:47:54.27ID:wFYQDB4c0
雪歩「あ……えへへ……

  その、私、仕事に入るときは、えいっ!って

  ……気合を入れてから入ることにしてるんです」

雪歩「仕事の間だけでも、頑張れるようにって……」

雪歩「私の理想のアイドルは……いつも堂々としてて……輝いてて……

  そんな風に、少しの時間だけでもなれたらって」

黒沢「・・・今日オレは・・・物凄く・・・感動したっ」

黒沢「怯え・・・恐怖・・・そういうものを一度飲み込んで・・・」

雪歩「そ、そんな、褒めるようなことじゃ……

  仕事が終わるといつもフラフラで……

  ううっ……今だってそうなんです……」




56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:49:50.52ID:wFYQDB4c0
黒沢「・・・・・・武士(もののふ)っ・・・・・・」

雪歩「……へ?」

黒沢「死地に向かう・・・・・・侍っ・・・・・・!!」

黒沢「萩原さんは・・・現代の侍・・・・・・!!」

黒沢・・・涙・・・感涙・・・!!

雪歩「わ、私……女ですぅ!!」

黒沢「・・・・・・手伝わせてくれ・・・オレにも・・・!!

  侍が往く・・・アイドルの途っ・・・!!」

雪歩「ふぇ……」

雪歩「わ、分かりました……だから侍は止めてくださいー!!」




57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:51:28.88ID:wFYQDB4c0
―次の日―

黒沢(やってしまったっ・・・・・・!!)

黒沢(アイドルに縋り付いて泣いてしまうとは・・・・・・)

黒沢(セクハラ・・・クビ・・・セクハラ・・・クビ・・・)

雪歩「黒沢さん、おはようございます」

黒沢「ひゃあ!」




60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:53:12.93ID:wFYQDB4c0
雪歩「えっ?あの……?」

黒沢「ちょっと考え事を・・・・・・

  おはようございます・・・」

雪歩「あの……昨日、嬉しかったです。これからよろしくお願いします」

黒沢「・・・おおっ!もちろんっ・・・もちろんだともっ・・・!」


P「あ、雪歩、社長が呼んでるよ」

雪歩「は、はい~、それでは」

黒沢「お、おうっ」




61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:54:20.76ID:wFYQDB4c0
―社長室―

雪歩「そ、そんなぁ~!!」

黒沢「ど、どうしたんすかっ・・・?」

社長「何・・・萩原君に・・・新たな仕事をお願いしただけさ・・・・・・!」

P「新たな仕事……?」

社長「作詞をしたまえ・・・・・・」

P「なるほど……雪歩の趣味は……詩を書くことか……」

黒沢「いやっ・・・でも、そう簡単に書けるもんではないんじゃ・・・?」

雪歩「そ、そうです~」




63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:56:52.16ID:wFYQDB4c0
社長「・・・萩原君は、いまいちアイドルとして伸び悩んでいる・・・」

P「……」

黒沢「そんなことはないでしょ・・・?」

雪歩「……そのとおりですぅ……

  他の皆と違って、アイドルランクも伸び悩んでるし……」

黒沢「そ、そんな・・・・・・」

社長「・・・少し、これまでとは違った売り出し方を模索したいと思ってね・・・」

社長「・・・そうだな・・・2週間・・・・・・

  2週間で何本か・・・書いてみたまえ・・・!!」

雪歩「そ、そんなあ……」

P「雪歩、これはチャンスだ……。俺はやってみるべきだと思う」 

黒沢「ぐぐぐ・・・・・・」




65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:58:23.43ID:wFYQDB4c0
社長「まあ・・・本決まりの企画というわけではない・・・

  可能性を広げる意味でも・・・やってみたまえ・・・・・・!」

雪歩「……わかりました……」


アイドル萩原雪歩・・・早速の難局っ・・・!!


黒沢(手伝うと言った手前・・・何か助け船を出したいが・・・)

黒沢(作詞だあ・・・?国語の授業かよっ・・・・・・)


黒沢にとっては未知の領域・・・当然、行き詰まる・・・!!  


黒沢(大体、オレは詩なんか書いたことねーぞ・・・・・・)

黒沢(どうすりゃいいんだ・・・・・・)




67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:59:45.21ID:wFYQDB4c0
―仕事終わり―

黒沢「お、お疲れ様っ・・・・・・!!」

雪歩「…………はっ、はい、お疲れ様です……」

黒沢「あのっ・・・あまり思いつめないで・・・・・・」

雪歩「は、はいっ……」フラフラ

黒沢「ああっ・・・危ない・・・フラフラしてるっ・・・!!」

黒沢(こりゃ、早く何とかしないと、仕事にも影響でるぞ・・・)




69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:01:55.65ID:wFYQDB4c0
黒沢(書いたことが無い人間が何か言おうったって無理な話だ)

黒沢(これはひとつ、書いてみるしかない・・・)

黒沢(しかし・・・どうすればいいのか全く分からない・・・!!)

黒沢「・・・・・・」チラッ

律子「……」ゾクッ

律子「何ですか……?じろじろ見ないで下さいよ……」

黒沢「・・・・・・」

律子「ちょ、ちょっと……なんですか?」

にじり寄る黒沢・・・・・・!




71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:04:03.00ID:wFYQDB4c0
律子「きゃっ……」

黒沢「・・・・・・頼むっ!!詩はどうやって書けばいいんだっ!!

  教えてくれっ・・・!!!」

律子「は?詩……?」

律子「よ、良くは分かりませんけど……当事者の気持ちになりきって、

  当事者の気持ちを書きつづればいいんじゃないですか……?」

律子「資料として詩集なんか本棚にあったはずですから!それじゃ失礼します!!」

黒沢「なりきる・・・・・・

  すまないっ!!恩にきますっ・・・!!」

律子(何なのよ……もうっ……)




72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:05:29.29ID:wFYQDB4c0
黒沢「さて・・・本棚にあった詩集を読んだところ、色恋沙汰絡みがほとんど・・・」

黒沢「しかし今回は、萩原さんが歌う歌・・・即ち、若い女の子の気持ちになる・・・」

黒沢「オレが若い女の子だったら・・・・・・」

女黒沢っ・・・!!

黒沢「オエエっ・・・・・・馬鹿っ・・・!!」

黒沢「オレが女になるわけじゃないっ・・・!!」

黒沢(しかし・・・考えてみれば・・・不憫っ・・・

  オレ子っ・・・不憫っ・・・!!!)

黒沢(若い女の子だ・・・恋の一つもしたいだろうに・・・

  顔がオレなせいでっ・・・!!)




73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:06:20.62ID:gtoJR0JF0
感情移入するなよww




77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:07:21.03ID:wFYQDB4c0
男子A「恐竜が通るぞー」

オレ子「・・・・・・」

男子B「オラっ、何か言えよ恐竜!!」ゲシッ

オレ子「あっ・・・!」

男子A「げー、オレ子菌が付くじゃん」

男子B「ほーらオレ子菌だぞー!」

男子A「ひゃー!」

オレ子「・・・・・・」




78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:08:51.75ID:wFYQDB4c0
オレ子「あの・・・・・・これ、読んでください」

男子C「は?」

男子D「ヒュー、ラブレターじゃん」

男子C「手前っ、ふざけんなよっ・・・!!」

オレ子「え・・・・・・?」

男子C「オレがお前みてーなの相手にするわけねーだろっ!!」

オレ子「そ、そんな・・・・・・」

男子C「俺に近寄るんじゃね―ぞ」




79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:10:17.53ID:wFYQDB4c0
黒沢「ふざけるなっ・・・!!馬鹿ども・・・」

黒沢「それは禁じ手っ・・・人として・・・そればっかりは

  やっちゃいけない行為っ・・・・・・!!」

黒沢「大体、お前らの何人かは・・・大人になって思う・・・

  あんとき、オレ子にいっときゃよかったっ!!・・・と・・・」

黒沢「泣くなっ・・・泣くんじゃないっ・・・オレ子っ・・・」

黒沢「お前の良さ・・・分かる男が・・・きっと現れるっ・・・!!」

黒沢「・・・自分を・・・否定するんじゃないっ・・・!!」




81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:12:12.04ID:wFYQDB4c0
―次の日 事務所―

P「黒沢さん、黒沢さん!!」

黒沢「・・・ん・・・?ああっ?!寝てたのかっ・・・?!オレは?」

P「ええ、ちょっと寒いので、起こしておこうかなと」

黒沢「そ、それはありがとうございます・・・い、今は何時だ・・・?」

P「あ、まだ始業には時間がありますよ。

  事務所が温まるまで朝ご飯でも食べてきては?」

黒沢「・・・ではお言葉に甘えて・・・」

P「……それは……?」




83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:13:38.96ID:wFYQDB4c0
黒沢「風呂道具です・・・近所で朝からやってる銭湯を見つけまして・・・」

P「はあ……」

黒沢「・・・・・・加齢臭がですね・・・・・・」

P「そんな……そんなの誰も気にしませんよ……」

黒沢「いえ・・・加齢臭ってのは・・・疲れい臭だから・・・」

P「は……?」

黒沢「齢を重ねてしまうと・・・日頃の疲れが臭いになって出てくるっ・・・

  だから若い人間は加齢臭を嫌うっ・・・!!そう、思うんですよ・・・」

P「はあ……」

黒沢「ちょっと、行ってきます・・・」

P「いってらしゃい……」


P「ふーむ、何を言っているか分からなかった……」

P「おや……?このノートは……」




84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:15:05.17ID:wFYQDB4c0
―始業時間―

黒沢「いやー、すっかりギリギリになっちゃって・・・

  遅れてスンマセン・・・・・・」

雪歩「このフレーズがすごくいいですぅ!!」

P「ああ、ストレートな思いが伝わってくる」

黒沢「・・・?何を見てるんですかっと・・・・・・」

雪歩「このノートですぅ」

黒沢「ん?それどっかで見たことあるような・・・・・・」

黒沢「ってオレのかいっ・・・!!」




85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:16:37.83ID:wFYQDB4c0
P「黒沢さんっ……雪歩の参考になるようにわざわざ自分で作詞を……」

雪歩「…私、感動しました……

  特にこの、自分を否定するな……っていうところ……」

P「女性視点なのに、普遍的なメッセージを込めているんだね」

黒沢「ぐわわわわ・・・・・・冷静に解説しないでくれっ・・・!!」

小鳥「へぇ……どんなのですか?」

真「興味あるなあ」

律子「昨日の話はコレだったんですね……」




86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:18:01.61ID:wFYQDB4c0
雪歩「あ、皆、凄いんだよ!これとか!」

黒沢「止めろーっ・・・!!」

あずさ「こんな繊細な詞を書けるなんて……」

伊織「……ふんっ、まあよくある内容だけど悪くは無いんじゃない?」

亜美「ゆきぴょんのために恥を捨てましたなー」

真美「ラブアンドピースですなー」

やよい「学校で配ってもいいですかー?」

黒沢「止めてくれっ、褒めるなっ・・・・・・!!」




88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:19:29.70ID:wFYQDB4c0
雪歩「黒沢さんっ……ありがとうございます……

 私、頑張ってみます!!」

黒沢の長年積み重ねた妄想癖・・・!!

産まれて初めて役に立つ・・・・・・!!

しかし、黒沢には、精神的外傷・・・いわゆるトラウマ・・・

トラウマ級の出来事っ・・・




90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:21:27.24ID:wFYQDB4c0
―作詞締切日―

社長「・・・萩原君、どうかね・・・?」

雪歩「はいっ……出来ました……」

P「……」ゴクリ

黒沢(頼むっ・・・・・・)

社長「ほう・・・見せてもらおうか・・・」




92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:23:00.58ID:wFYQDB4c0
…………

……



社長「これは・・・いけるな・・・」

雪歩「っ!!本当ですか?」

社長「ああ、どこか懐かしい気分になる歌詞だ・・・」

P「では社長!!」

社長「早速、作曲家に打診だっ・・・!どこか懐かしい雰囲気の曲を付けよう・・・」

P「ええ、そうですね!!」

雪歩「黒沢さんのおかげですぅ!!」

社長「ほう・・・・・・」

黒沢「いや・・・オレは何にもしてないっつーか・・・

  あの話は蒸し返さないで欲しいっつーか・・・」




94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:25:14.34ID:wFYQDB4c0
社長「往年の名曲のカバー・・・なども当たるかもしれんな・・・」

黒沢「・・・・・・いえ・・・

  それは止めときましょう・・・・・・」

社長「・・・ほう・・・?」

黒沢「昔の曲ってのは・・・それぞれの時代ごと・・・

  聞く人間によって思い出が・・・パンパンに詰め込まれてます・・・」

黒沢「萩原さんが・・・そういうのを歌うと・・・イメージが・・・

  昔の思い出に引っ張られるっ・・・!!」

黒沢「昔の曲は・・・素の萩原さんというか・・・その萩原さんが浸透してからでも遅くないっ

  ・・・と・・・思うんですが・・・」

雪歩「黒沢さん……」

P「なるほど……」

社長「・・・ふむ・・・君の熱い思いは分かった・・・

  萩原君の歌が売れるように・・・精進したまえっ・・・・・・!!」




95:>>93 黒沢のを基に書いたってことで:2012/12/31(月) 01:27:29.62ID:wFYQDB4c0
―CDリリース後―

P「売れたなー!!」

社長「・・・売れたね・・・」ニヤリ

雪歩「し、信じられないですぅ……皆さんのおかげですぅ……」

律子「何言ってるの。雪歩の実力の勝利よ」

黒沢(良かったっ・・・・・・!!)


曲の完成後・・・事務所を挙げての奔走・・・!!

それが効いたか・・・詞の力か・・・

遂に事務所で一番の売り上げを記録っ・・・!!




98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:28:42.60ID:wFYQDB4c0
P「それでな……次の曲と……」

雪歩「?」

P「年末のスーパーLIVEの出演が決まったぞ!!」

雪歩「ひ、ひえぇ!!」

黒沢「なーに、今の萩原さんには勢いがあるっ・・・!大丈夫っ!!」

雪歩「そ、そうですか……?まだまだ自信はないんですけど……」

黒沢「・・・大丈夫っ・・・いつもオレ達が付いてる・・・

  萩原さんがっ・・・実力を発揮できるようにっ・・・・・・!!」

雪歩「そ、そうですね……」




101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:30:24.10ID:wFYQDB4c0
―スーパーLIVE当日―

雪歩「ふぇぇ……や、やっぱり緊張しますー……」

P「これだけ規模の大きい生放送は初めてだからな

 緊張するなと言っても無理な話さ」

雪歩「そ、そういうものですか……?」

黒沢「萩原さんっ・・・オレ・・・ライブ中でも分かるように

  デカい声で応援するっ・・・!!」

雪歩「は、はい!」

黒沢「オレに気づいたら手を振ってくれ」

P「さて……そろそろスタンバイも近いかな……」

雪歩「その……もう少しだけチェックを……」

P「分かった分かった」




102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:31:53.67ID:wFYQDB4c0
―会場―

黒沢「行ったか・・・ふーむ、

 この段階に至るとあとは応援しかすることが無い・・・」

浅井「黒沢さーんっ・・・!!」

坂口「本当だったんですね・・・アイドル事務所に就職したって・・・」


穴平建設・・・黒沢の人脈・・・かつての黒沢一派集結っ・・・!!




104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:33:29.00ID:wFYQDB4c0
黒沢「例のものは用意してきただろうな・・・?」

浅井「もちろんっ!!」

黒沢「・・・よしっ!!頼むぞ・・・お前らっ・・・!!」

小野「まかしといてくださいっ・・・!!」

黒沢「・・・仲根は・・・?」

小野「あのデカい中学生なら・・・中に知り合いがいるとかで・・・

  中に入って行きましたけど?」

黒沢「はあっ?くそっ・・・困るじゃないか・・・ちょっと見てくる」




106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:35:22.97ID:wFYQDB4c0
―関係者以外立ち入り禁止―

黒沢「仲根の知り合いっつーと・・・いつかのスタッフの兄ちゃんか・・・?」

仲根「兄さんっ・・・」

黒沢「仲根っ・・・だめじゃないか」

仲根「静かにっ・・・!」

黒沢「・・・?」

仲根「聞いてください・・・」




108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:36:53.72ID:wFYQDB4c0
黒井「頼むよー」

スタッフ「そ、そんなこと・・・できませんっ・・・」

黒井「ははは、何もずっと止めろって言ってるわけじゃないんだよ」

黒井「ほんの一分…いや、30秒…萩原雪歩の曲を止めてくれればいいんだ」

黒井「あのメンタルの弱いアイドルのことだ、その程度でも実力を発揮できまい」

スタッフ「しかし・・・」

黒井「なーに、この程度のトラブルは、あとで取り返しがつくように

  スケジュールは組んである。心配はいらない」

黒井「君の仕業だとばれないように…私が上に口添えするから……」

スタッフ「でもっ・・・!!」

黒井「……一スタッフのクビくらい…飛ばすのは簡単なんだよ……?」

スタッフ「くっ・・・」

黒井「じゃあ、頼んだよ……」




109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:38:56.17ID:wFYQDB4c0
黒沢「・・・あの野郎っ・・・いつかの嫌な社長じゃねーか・・・!!」

スタッフ「く、黒沢さんっ・・・・・・!!」

黒沢「おうっ・・・」

仲根「あの野郎・・・許せねえ・・・追いかけてぶん殴ってやるかい?」

黒沢「いや・・・・・・」

黒沢「それだと・・・この兄ちゃんの仕事はどうなる・・・」

スタッフ「・・・!!」

黒沢「この兄ちゃんは指示通りにした・・・しかしライブは無事終了・・・

  こういう筋書きが一番いい」




111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:41:11.80ID:wFYQDB4c0
黒沢「もし何か起こっても・・・見学の中学生のちょっとした悪戯っ・・・

  厳重注意で済む・・・こういう感じがいい・・・」

仲根「ちゅ、中学生って・・・オレ・・・?」

黒沢「他に誰がいる・・・?」

スタッフ「し、しかし・・・黒沢さんの・・・萩原雪歩ちゃん・・・

  大丈夫なんですか・・・?」

黒沢「・・・大丈夫にするっ・・・!!聞けっ、お前らっ・・・!!!」




112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:42:42.81ID:wFYQDB4c0
―ライブ 雪歩の出番―

雪歩「ううう……」

P(予想以上に緊張しているな……)

P「雪歩、普段通りだ」

雪歩「は、はいい……」

雪歩(駄目だ……全然緊張が取れない……

  こんな大舞台で……失敗……そんな……)

AD「萩原雪歩さん、スタンバイです」

P(くそっ、もう出番か……)

雪歩「はははいぃ……」




114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:44:10.06ID:wFYQDB4c0
―舞台上―


ワーワー!!! ユキホチャーン!!!

雪歩(凄い人……)

雪歩(あれ……私……何してるんだろう……)

雪歩(歌……歌わなきゃ……え?歌……?)

雪歩(こ、声が……出ないかも……)


客「あれ……?何か曲始めるの遅くね……?」

客「雪歩ちゃん出てきてるけど……」




117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:46:29.00ID:wFYQDB4c0
ユキホー!!! ユキホー!!!

雪歩(……!!)

黒沢「雪歩ぉー!!!」

雪歩「黒沢さんっ!!!」


黒沢の出で立ち・・・

萩原雪歩Tシャツ・・・!

萩原雪歩ハッピにバンダナ・・・!!

さらにはのぼりっ・・・のぼりには・・・『ラブリー雪歩』の文字っ!!!




120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:47:52.65ID:wFYQDB4c0
黒沢「お前らっ!!」

浅井「はいっ!!」

黒沢組・・・!!垂れ幕を準備・・・!!!

そこに書かれた文字は・・・


『君が目指したアイドルにきっとなれる』


黒沢に気圧され・・・

大人数が集まるライブとは思えないほどの静寂っ・・・・・・




121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:50:01.78ID:wFYQDB4c0
黒沢「雪歩っ・・・!!!思い出せっ・・・!!!

  アイドルに賭ける思い・・・曲に込めた思いをっ・・・!!!」


黒井(高木め……!!)

黒井「くそっ……何をしてる……警備員っ…!!」


雪歩「……」キリッ

雪歩「いええええええええええええい!!!」

観客「うおおおおおおおおおおおお!!!」


黒沢(今だっ・・・!!!)


仲根「合図だっ・・・」

スタッフ「良い頃合いですっ!」


黒沢(行けっ!!『自分REST@RT』!!!)


このタイミングでっ・・・音楽スタートっ・・・!!




123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:51:57.05ID:wFYQDB4c0
―昨日までの生き方を否定するだけじゃなくて

これから進む道が見えてきた

弱いだけの女より我慢とか背伸びしても

カッコつけた自分が好きだから―


警備員「こらっ、お前っ、こっちにこいっ!」

黒沢「ああ・・・分かってるよ・・・」


―会場外―


警備員「進行を止めやがってっ・・・不届きものっ・・・!!」

黒沢「すまねえな・・・」




125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:53:13.37ID:wFYQDB4c0
北斗「……離してあげなよ」

警備員「ん?」

北斗「さっきのは、演出の一部さ」

北斗「ウチの社長が勘違いしただけでね」

警備員「そ、そうなんですか?」

北斗「出演者が言ってるんだ、間違いはないよ」

警備員「そ、そうですか・・・失礼しました・・・」




127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:55:47.39ID:wFYQDB4c0
黒沢「助かったっ・・・ありがとうっ・・・」

北斗「いや……ウチの社長が原因だから」

黒沢「あ・・・あんた・・・あの社長の所の・・・・・・」

北斗「ええ……」

黒沢「・・・いいのか?こんな・・・社長に知れたら大変なんじゃ・・・?」

北斗「何、分かりはしないよ……」

黒沢「そうか・・・恩にきるっ・・・」

北斗「ほら、早くしないと、歌が終わっちゃうよ」

黒沢「お、おおっ、そうだっ・・・それじゃあ、ありがとうっ・・・!!」


北斗(765プロ……いいスタッフがいる……)




129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:57:17.16ID:wFYQDB4c0
―ライブ後―

P「雪歩っ、最高だった!!」

雪歩「あ、ありがとうございますっ」

雪歩「え、えっと……?」

P「黒沢さん?」

黒沢「・・・いやー、その、この度は・・・大変なことをしでかしまして・・・」

雪歩「黒沢さーん!!」

黒沢「うおっ・・・!!」

雪歩「ありがとうございました…!!」




130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 01:59:21.75ID:wFYQDB4c0
黒沢・・・齢40を過ぎて・・・初めて・・・

初めて女の子に抱きつかれるっ・・・!!


社長「・・・やはり雇って良かったろう・・・?」

律子「……まだまだ……トップアイドルの道はここからですよ」

小鳥「ふふ……素直じゃないんだから」

律子(この人私と一緒に陰口言ってたのに……)




131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 02:01:00.32ID:wFYQDB4c0
―その後―

坂口「萩原雪歩ちゃんの仕事の成功を祝って・・・」

皆「かんぱーい!!」

黒沢「いやー・・・どうもどうも・・・」

黒沢「オレは幸せだっ・・・お前らのような仲間を持って・・・」


しかし、黒沢は知らないのだった・・・

ライブの際の黒沢の格好、行動・・・

そして、警備員に連行されたこと・・・

これらから導き出される答え・・・

それはっ・・・黒沢は、再就職などしていないっ・・・

そして、辛い現実から逃げるために・・・アイドルにハマった・・・!!

黒沢一派が、このように勘違いしていることを・・・




133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 02:02:58.58ID:wFYQDB4c0
浅井「でも、黒沢さん、本当に雪歩ちゃんのこと好きになってたりして~」

黒沢「馬鹿野郎っ・・・・・・!

 まあ、でも・・・・・・確かに惚れる・・・!」

坂口(重症だっ・・・・・・!!)

黒沢「オレが・・・中学生だったらな・・・・・・」

浅井(まあ・・・)

坂口(・・・ギリギリ踏みとどまってる・・・犯罪行為はしないだろう・・・)




135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 02:04:31.77ID:LCKWovHS0
http://i.imgur.com/u5iED.jpg

これは…本当に些細な……
ほんの落書き…!だが…!!
支援だっ…!!受け取れっ…!!

viploader2d731891



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 02:07:09.56ID:wFYQDB4c0
>>135
これは・・・まさしく僥倖・・・!!




149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 02:10:22.04ID:Pp6J1e2k0
>>135
圧倒的美人・・・・!!




136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 02:05:53.18ID:wFYQDB4c0
黒沢「がはははははっ!!」

黒沢「それでな、そのときオレの雪歩がっ・・・・・・」

坂口(いつの間にか・・・オレの呼ばわり・・・これはいかん・・・!!)

浅井「く、黒沢さん・・・飲んで飲んで・・・

  チケット代だって馬鹿にならないんだから・・・・・・」ボロボロ

坂口「そうですよ・・・飲んで飲んで・・・」ボロボロ

黒沢「お前ら・・・オレと雪歩の成功を泣いて喜んでくれるとは・・・

  オレは幸せだっ・・・ありがとう・・・・・・!!」

結局、この誤解が解けるのは更に3か月後のことであった・・・!!


終わり




148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 02:10:18.59ID:wFYQDB4c0
バッドな終わりを期待したアレな方には申し訳ありませんが、
こんな感じに落ち着きました
読んでくださった皆さん、ありがとうございました




150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 02:12:45.55ID:LCKWovHS0
>>148
圧倒的乙っ…!




151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 02:13:24.48ID:nZ8mhveM0
乙・・・!


転載元
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1356879052/l50




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...