1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 20:34:07.45ID:OcOpGKHj0
――――とある日の放課後


ウィーン「大智、ちょっといい?」

田中「ん? どした?」

ウィーン「少し、相談に乗って欲しいことがあるんだ」

田中「勉強か?」

ウィーン「勉強……うん。きっとそうだと思う」

田中「きっと?」

ウィーン「大智。この前大智が、空港で紗羽に言ったことなんだけど」

田中「!」

ウィーン「あれは、どういうことだったのかな?」

田中「え?」



TARI TARI 3 [Blu-ray]




2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 20:35:25.05ID:OcOpGKHj0
ウィーン「なんで、あんなことを言ったのか、教えてほしいんだ」

田中「なんでって……そりゃ……」

ウィーン「……」

田中「……笑うなよ」

ウィーン「もちろん」

田中「……好きだから……とか、そんなのだ」

ウィーン「……やっぱり、そうなんだね」

田中「なんだよ」

ウィーン「ううん。ありがとう。だからこそ、やっぱり大智に聞きたいことがあるんだ」

田中「?」

ウィーン「大智は、紗羽のこと考えるとどんな風になるの?」

田中「えっ……」

ウィーン「やっぱり、ドキドキしたり、胸がしめつけられたりするのかな?」

田中「あ、ああ。なんだ……。んー、俺はちょっと違うな」




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 20:37:05.69ID:OcOpGKHj0
ウィーン「違う?」

田中「別に普段からそうってわけじゃなくて、ふとした時っつか。
    なんか、今まで何の気なしに見てたけど……やっぱこう……」

田中「なんてんだろ……あー、俺もよくわかってねーな。悪い」

ウィーン「そうなんだ……ゴメン」

田中「いや、謝ることじゃねーだろ。で?」

ウィーン「ん?」

田中「相談、じゃないのか?」

ウィーン「うん。最近……いや、いつからかはもう覚えてないけど」

田中「ああ」

ウィーン「多分、僕は和奏を気にしてるんだ」

田中「気にしてる?」

ウィーン「うん」

田中「……それは前にみんなで沖田を励ました時と、同じ感じか?」




4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 20:39:10.82ID:OcOpGKHj0
ウィーン「違うと思う。きっと、大智の紗羽への気持ちと似てるんじゃないかな」

田中「……あー。似てるって? つまり、好きってことじゃないのか?」

ウィーン「好き……。という気持ちなのかな、これが」

田中「ガンバライジャー、お前好きだろ」

ウィーン「うん、もちろん」

田中「それがあるから頑張れたり、ずっと見ていたいと思ったり。そんな感じ、するよな」

ウィーン「そうだね。ガンバライジャーがあるから、ヤンとの繋がりあったし、僕自身も頑張れると思ってる」

田中「それを、坂井にも思ってるんだろ?」

ウィーン「……多分」

田中「……んー……」

ウィーン「ごめんね大智、こんなこと聞いちゃって」

田中「いいって、気にすんな」

田中「……とりあえず、もう少し様子見てみたらどうだ?」




5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 20:41:22.38ID:OcOpGKHj0
ウィーン「様子を?」

田中「多分だけど、お前の気持ちは間違ってないと思うぞ。単に、わかってないだけで」

田中「だから、もうちょっと坂井を見てみてさ。そうだと思ったら、また相談しにこいよ。
   一番大事なのは、自分の気持ちに、素直になることだからな」

ウィーン「……うん。そうする。ありがとう、大智」

田中「おう」


――――後日、学校にて。

和奏「……」

来夏「おはよー、和奏」

和奏「……あ、おはよう来夏……」

来夏「どしたの? 元気ないね」

和奏「うん。ちょっとね……」




6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 20:43:15.07ID:OcOpGKHj0
来夏「何かあったの?」

和奏「あったというか……今もあるというか」

来夏「?」

和奏「……」 チラッ





ウィーン「……」 ジーッ




7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 20:45:10.85ID:OcOpGKHj0
和奏(またこっち見てる……なんかしたのかな、私?)

来夏「和奏?」

和奏(でも、怒ってる風でもないし……なんだろう)

来夏「和奏ー?」

和奏「あ、ごめん。何だっけ?」

来夏「何だっけって、それを聞いてるんだけど」

和奏「……うん」

来夏「?」

和奏「その……。なんだか、ウィーンが最近こっち見てる気がして……」

来夏「ウィーンが?」 チラッ

ウィーン「……」 カキカキ

来夏「普通に予習してるっぽいけど」

和奏「いつもってわけじゃないよ。ただ、気が付いたら、なんか」

来夏「…………ふー」

和奏「来夏?」




8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 20:48:10.20ID:OcOpGKHj0
来夏「和奏!」 ガシッ

和奏「な、何?」

来夏「それ、ウィーンじゃないよ」

和奏「は?」

来夏「ウィーンが和奏を見てるんじゃないの。和奏が、ウィーンを見てるんだよ!」

和奏「へ?」

来夏「あるんだよねぇー。
   あっちが意識してるーと思いきや、気が付いたら自分が恋に落ちてるってこと」

和奏「いや、それは違うと思うんだけど」

来夏「和奏は経験ないから、わかってないだけだよ。絶対そうだって!」

和奏「そうかなぁ……」

来夏「まったく、田中といい和奏といい。あたしに黙ってそんなことになるなんて!」

和奏「……」

来夏「あ、和奏! 先に行っておくけど、あたしは応援するからね!」

和奏「は?」




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 20:50:23.32ID:OcOpGKHj0
来夏「あたしはみんなのお母さんだもん。それぐらいお安い御用だよ」

和奏「うーん」

来夏「となれば、まずはウィーンがちゃんとフリーかどうかの確認しないとね! ちょっと聞いてくる!」

和奏「ちょっ、来夏!?」

来夏「ねーねーウィーン!」

ウィーン「ん? なに、来夏」

和奏「本当に行っちゃうし……」


 ――――――――


来夏「……あー、ビックリした」

和奏「どうしたの?」

来夏「好きな人っている? って聞いたんだけど」

和奏「うん」

来夏「すぐに『居るよ』って答えてきたの!」




11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 20:52:52.85ID:OcOpGKHj0
和奏「へぇ」

来夏「誰だと思う~?」

和奏「何ニヤついてんの?」

来夏「期待してるんじゃないかと思ってさ」

和奏「全然」

来夏「和奏ったら、照れちゃって。でも安心して、大丈夫だから」

和奏「大丈夫?」

来夏「ガンバライジャーのピンクの人が好きらしいよ」

和奏「ふーん」

来夏「よかったね、今のウィーンはフリーだよ!」

和奏「……ねえ、来夏」

来夏「ん?」

和奏「私がどうとか、ってことは放っておいて、なんだけど」

来夏「うん」




12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 20:55:25.11ID:OcOpGKHj0
和奏「ウィーンがこっち見てる気がするって、最初言ったよね」

来夏「言ったね」

和奏「もしかしたら、って思ったけど。来夏のおかげでわかった」

来夏「何が?」

和奏「ウィーンも、私も。何もない。やっぱり、たまたまだったみたいだね」

来夏「え」

和奏「そろそろ授業始まるから、席戻ったら?」

来夏「あ、うん。わかった」




来夏(うーん。それはそれで、なーんか違和感残るんだよねぇ)

来夏(ウィーンも和奏も、こういうのわかってなさそうだし、本人に聞いてもダメかも)

来夏「よし!」




14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 20:58:34.15ID:OcOpGKHj0
――――放課後の音楽準備室


田中「なんだよ、急に呼び出して」

来夏「ちょっと聞きたいことがあって」

田中「なんだよ?」

来夏「うん。ね、ウィーンって、今好きな人とか居るのかな? あんた、何か知らない?」

田中「は?」

来夏「あたしの見立てでは、居そうな感じがしてるんだけど」

田中(女の勘ってすげーんだな。つか、話していいもんなのか……?)

田中「それ聞いてどうすんだ?」

来夏「どうするもこうするも。協力してあげようかと思って」

田中「なんだそりゃ。本人たちが勝手にすればいいことだろ?」

来夏「甘いなー、田中は。だって、ウィーンだよ?」

田中「あー……」




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 21:01:14.63ID:OcOpGKHj0
来夏「イイ奴だけど、こういうことに関しては、ぜーったいわかってないって」

田中(断言すんのな)

来夏「しかもね、あたし達はもう高校三年生なの。残された時間はあとわずか!」

来夏「最後の最後で、せめていい思い出を作ってあげたいとか思わないの、あんたは!?」

来夏「親友のくせに冷たいんだね! いけず!」

田中「なっ!?」

来夏「あんただって、少しぐらい相談してくれれば、何だってしてあげたんだよ!」

田中「は?」

来夏「まさか、田中が紗羽のことを……なーんて、思ってもみなかったけど」

田中「う……」

来夏「最後の最後で、あんなこと言って。紗羽だって心の準備ってもんがあるんだよ!」

田中「……はい」




17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 21:04:14.49ID:OcOpGKHj0
来夏「もうちょっと早ければ、あれもこれもそれもどれも。どうとでも出来たのに!」

田中「……別に、そこまでしたかったわけじゃ」

来夏「何か言った?」

田中「いえ」

来夏「ともかく! ウィーンや和奏には、そんな思いをして欲しくないの!」

田中(ああ、もう坂井とウィーンってことはわかってんのか)

来夏「だから、協力しなさい! あんたも!」

田中「何をだよ」

来夏「知ってることを、とりあえずお母さんに話してごらん」

田中「なんだそりゃ」

来夏「とにかく、ほら」

田中(ま、俺も相談されてどう答えたらよかったか、わかってねーし。
    何か助けになるってんなら、宮本に頼ってみても良いかもな)

田中「わかったよ。まず……」

来夏「うんうん」




18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 21:07:37.41ID:OcOpGKHj0
 ――――――――


来夏「なるほどねー。つまりは、あたしの勘は間違ってなかったわけだ」

田中「まぁ、そうだな」

来夏「後は本人たちが、どうやって動くか。そこだね!」

田中「そこはそっとしといた方がいいんじゃねえか?」

来夏「ダメダメ。二人とも鈍いうえにわかってないんだもん。誰かが背中を押してあげなきゃ!」

田中「そう……いうもんか」

来夏「別にいいの。全部が全部、あたしがコントロールしたいわけじゃない。
    ただ、友達の為に何かしてあげたいって気持ちは、絶対に譲りたくない」

田中「……お前、たまに良いこと言うよな」

来夏「たまにってなんだ、たまにって!」

田中「いつもは適当だろ」

来夏「むー……。というか、そもそも。
    あんたがもっとしっかりしたアドバイスを、ウィーンにしていれば良かった話なんだよ」

田中「俺のせいかよ」




19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 21:10:38.35ID:OcOpGKHj0
来夏「こんな当事者じゃない二人で、あーだこーだ話す必要だってないわけだし」

田中「たしかに」

来夏「聞く限りじゃ、絶対ウィーンの気持ちは好き、ってことで間違ってないじゃない」

田中「そう……か?」

来夏「はっきりしないなー、あんたも。そんな中途半端な気持ちで、あんたは紗羽のこと見てたの?」

田中「そういうわけじゃ! ……ねえよ」

来夏「だったら、自分に自信持ちなさい。それこそ紗羽に失礼。
    生半可な気持ちで、答えてくれたわけじゃないんだからね!」

田中「……わかったよ」

来夏「よーし、じゃあウィーンと和奏をどうするか作戦会議しますか!」

田中「本人たちの知らないところで、勝手にな」

来夏「文句あんの?」

田中「いーや」

来夏「まずはね、二人が自分がどういう状態かを自覚させることからにして~~」




20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 21:13:16.98ID:OcOpGKHj0
 ――――後日、休みの日


和奏(待ち合わせ、ちょっと遅れちゃったけど……もうみんな来てるかな?)

ウィーン「あ、和奏。おはよう」

和奏「おはよう。あれ、ウィーンだけ?」

ウィーン「うん。それが、大智は急用が出来ちゃったみたいなんだ」

和奏「そうなんだ。じゃあ、後は来夏だけ?」

ウィーン「うん」

~~~♪

和奏「ん? 着信? ……来夏からだ」

来夏《あ、和奏? おはよー》

和奏「おはよう。どうしたの?」

来夏《うん。それがさー、ちょっと親戚と会う用事が急に入っちゃって、今日行けなくなっちゃったんだ》

和奏「え? 来夏も?」




21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 21:16:16.90ID:OcOpGKHj0
来夏《ごめんねー。この埋め合わせはまたするから!》

和奏「もー。絶対だよ?」

来夏《うん! ……あ、そうだ》

和奏「ん?」

来夏《前にあたしが言ったこと、ちゃんと覚えてる?》

和奏「え? ん……一応」

来夏《せっかくの機会なんだから、忘れないでね》

和奏「……」

来夏《それじゃ!》 プッ

和奏「あ、来夏?」 ツーツー

和奏(ほんとに、勝手なんだから) パタン

ウィーン「どうしたの?」




23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 21:19:13.34ID:OcOpGKHj0
和奏「来夏も急用で来れないって」

ウィーン「えー? 一緒に、ショッピング行こうって言ったの来夏だったよね?」

和奏「仕方ないよ、急用だし」

ウィーン「そっか……残念だね」

和奏「……」

ウィーン「……」

ウィーン「じゃあ、今日は僕と和奏だけ?」

和奏「……そうだね」

和奏「せっかく集まったけど、二人だけじゃ寂しいし。また今度にしても良いよ?」

ウィーン「うん……」

和奏「それじゃ、また」

ウィーン(……あ)

ウィーン「ごめん、和奏。やっぱり、今日一緒に行かない?」

和奏「え?」




24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 21:22:32.71ID:OcOpGKHj0
ウィーン「せっかくなんだから、一緒に休日を過ごすってのはどうかな、って思って」

和奏「へっ?」

ウィーン「ダメかな?」

和奏(……そういえば、来夏が『男性のお願いはなるべく聞いてあげた方が良いよ』って言ってたっけ)

和奏(別に困るようなことじゃないし、良いかな)

和奏「うん。いいよ」

ウィーン「ありがとう!」

ウィーン(思ったことは素直に口に出せ、って大智が言ってたのを忘れるところだった。よかった。ちゃんと言えて)

和奏「とりあえず、商店街の方に行ってみる?」

ウィーン「うん!」


 ――――――――


ウィーン「来てみたけど、何を買う予定なの?」




25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 21:25:32.74ID:OcOpGKHj0
和奏「うーん。特には考えてないけど。ウィーンは?」

ウィーン「僕もあんまり。和奏たちと一緒に居られれば、それでいいかなって思って」

和奏「……ウィーンって、そういうことサラッと言うよね」

ウィーン「そういうことって?」

和奏「思ったことだったり、考えてることだったり」

ウィーン「和奏もそうだと思うよ」

和奏「それもそうだけど」

ウィーン「あ、そうだ。まだお昼食べてないよね?」

和奏「うん。来夏が一緒に食べようね、って言ってたから」

ウィーン「じゃあ、どこかお店に行こうよ」

和奏「良いけど、どこにする?」

ウィーン「この辺りで知ってるお店は……あ、そうだ。以前大智と行ったお店――」

ウィーン(あっ!)




27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 21:28:12.79ID:OcOpGKHj0
 ~~~~回想

田中「いいかウィーン。女子と飯食う時は絶対に牛丼屋とか選ぶなよ」

ウィーン「なんで? 凄くおいしいと思ったんだけど」

田中「そういう問題じゃないんだよ。こう、女子ってのは雰囲気とかを大事にするんだ」

ウィーン「うんうん」

田中「牛丼屋ってのは、男が多いしさっさと食べて店を出ないと、嫌な顔されることもあるからな。
   あ、同じ理由でラーメン屋もパスだ。下手すりゃ牛丼屋よりヤバい」

ウィーン「牛丼屋よりヤバい……と」 カキカキ

田中「せめて喫茶店とか、最低限でファミレスだな。むしろ、女子に選ばせた方が良いかもしれねえな」

ウィーン「うん。わかったよ。ありがとう、大智!」

田中「おう。忘れんなよ」

ウィーン「うん」

田中(ま、全部、宮本の受け売りだけどな)




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 21:31:20.74ID:OcOpGKHj0
 ~~~~


ウィーン「――は、あんまりおいしくなかったんだ」

和奏「え?」

ウィーン「和奏、良いところ知らない?」

和奏「ん~……。この辺りだったら……喫茶店なら、知ってるけど」

ウィーン「じゃあ、そこにしようよ」

和奏「いいの? 軽食とかしかないけど」

ウィーン「大丈夫だよ」

和奏「そっか。じゃあ、行こ」

ウィーン「うん」


 ――――喫茶店


ウィーン「綺麗なお店だね」

和奏「来夏や紗羽とよく来る場所なんだ」




29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 21:34:30.63ID:OcOpGKHj0
ウィーン「へー」

和奏「あ、いつもの所空いてる」

ウィーン(あ、そういえば座席は女性が奥がマナーって、言ってたっけ)

ウィーン「和奏、奥の席座りなよ」

和奏「? う、うん」

ウィーン(で、メニューは先に開いて見せてあげる、だ)

ウィーン「どれにする? はい、メニュー」

和奏「私はもう決めてるから、ウィーン見て良いよ」

ウィーン「え? あ、うん……」

和奏(何でしょんぼりしたんだろ?)

ウィーン「……よし、このサンドイッチにしようかな」

和奏「決まった?」

ウィーン「うん」




30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 21:37:36.72ID:OcOpGKHj0
和奏「店員さーん」

ウィーン「あ!」

和奏「?」

ウィーン(出来るだけ女性に何かやらせないように、って言われてたのに……)

和奏「どうしたの? やっぱまだだった?」

ウィーン「あ、いや。大丈夫だよ」

和奏「?」

ウィーン(難しいなぁ、大智が言ったようにやるのは)

和奏(なんかウィーンが、いつもと違う感じがする……変なの)


 ――――――――


和奏「へー、それじゃヤン君と連絡取れたんだ」

ウィーン「うん。卒業したら、一旦ウィーンに戻って会いに行くつもりなんだ」




33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 21:40:16.44ID:OcOpGKHj0
和奏「そっか。良かったね」

ウィーン「うん」

和奏「……卒業後かぁ」

ウィーン「和奏は、卒業したらどうするの?」

和奏「うん。まずは、勉強かな」

ウィーン「勉強?」

和奏「私、音大に入りたいんだ」

ウィーン「音大?」

和奏「音楽大学。やっぱり、これからもっと音楽のこと知りたくて、その道に進みたいと思って」

ウィーン「うん。和奏なら、きっと大丈夫だよ」

和奏「ありがとう」

ウィーン「音楽大学かぁ……この辺りにあるの?」

和奏「あるといえばあるけど、私のレベルじゃ難しいかもしれない。だから、第一志望は県外のところなんだ。」

ウィーン「へー」




34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 21:43:07.61ID:OcOpGKHj0
和奏「受かっちゃったら、お父さんどうしようかなー」

ウィーン「? どういうこと?」

和奏「ここからじゃ通うの大変だから、一人暮らしになると思うし」

ウィーン「あ……そうなんだ……」

和奏「やっぱドラと離れるのが、一番寂しいかなぁ」

ウィーン「……じゃあ、僕たち……卒業したら、みんな離れ離れだね」

和奏「……そうだね」

ウィーン「それでも、僕はみんなに会えたのが本当に嬉しいよ」

和奏「私も。来夏が誘って、紗羽が頼んでくれなきゃ。きっと、音楽を捨てたままだった」

ウィーン「大智が居なかったら、僕は補修をして家に帰るだけの毎日を過ごしてたと思う」

和奏「よかったね、合唱部で」

ウィーン「時々バドミントン部、だよ」

和奏「うん」




35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 21:46:08.67ID:OcOpGKHj0
 ――――――――


和奏「あ、もうこんな時間だ」

ウィーン「まだ夕方だけど、何かあるの?」

和奏「買い物して帰らないといけないから、今日はそろそろ」

ウィーン「……よかったら、一緒に行くよ?」

和奏「え?」

ウィーン「それなら問題はないよね?」

和奏「うん……まあ」

ウィーン「よし、じゃあ行こうか」

和奏「うん」

ウィーン「あ、ここは僕がもつから。和奏は先に出てて」

和奏「え? 良いよ、そんなの」

ウィーン「大丈夫、この前お小遣い貰ったばかりで余裕あるか……」 チラッ

ウィーン(……あれ? 少ない……)




36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 21:48:14.20ID:OcOpGKHj0
ウィーン(あ、そういえば昨日ガンバレッドのコスチューム買っちゃったんだ)

和奏「……支払い、別々でいい?」

ウィーン「……うん。ごめんね」

和奏「いいよ、気にしなくて」

ウィーン「うん……」


 ――――スーパーにて


和奏「適当にぶらついてて良いよ。また後でね」

ウィーン「うん。終わったら教えてね」

和奏「うん」




37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 21:51:06.04ID:OcOpGKHj0
ウィーン(どうしようかな……)

テクテク……

ウィーン(あ、お菓子のコーナーだ)

ウィーン(日本のお菓子は、面白いもの多いなぁ。自分で作って、楽しむなんて、凄い発想だよ)

ウィーン(……ん?)

ウィーン「こ、これは!!」

ウィーン「ガンバライジャーのミニフィギュア入りのお菓子……!?」

ウィーン「日本のフィギュアの出来は良く知っている……それがこんな所にまで影響しているなんて!」

ウィーン「ベルトの色塗り、ベストのでこぼこの作りこみ……完璧じゃないか!
      制作会社は……PACS! 僕の家にあるフィギュアと同じ会社だ!」

ウィーン「こんな良いものが、当たり前みたいに並んでいるなんて、さすがは日本!」

ウィーン「……でも、僕は悲しい。こんな良いものが目の前にあるのに……」

ウィーン「お金が……足りない……!!」



和奏「……あの」




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 21:54:22.54ID:OcOpGKHj0
ウィーン「あ、和奏。どうしたの?」

和奏「お店で騒ぐと迷惑だから」

ウィーン「あ」

和奏「それ、欲しいの?」

ウィーン「……うん」

和奏「荷物、持ってくれるなら買ってあげてもいいよ」

ウィーン「ホント!?」

和奏「うん」

ウィーン「ありがとう、和奏! やったあ!」

和奏(本当に、子どもみたいだなぁ……) クスッ


 ――――――――


和奏「じゃあ、お願いね」 ガサッ

ウィーン「うん。任せてよ!」 グッ




39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 21:56:45.06ID:OcOpGKHj0
和奏「すっかり暗くなっちゃったね」

ウィーン「そうだね」

和奏「……」

ウィーン「……」

和奏(最初は変だったけど、やっぱりウィーンはウィーンだね。なんか安心した)

和奏(来夏は『多少はこきつかう程度がちょうどいいんだよー』って言ってたけど、これぐらいは大丈夫だよね?)

ウィーン(……今日一日、和奏と居て僕はどう思ったんだろう)

ウィーン(凄く楽しかった。一緒に居るのが嬉しいと思った)

ウィーン(それと同じくらい)

ウィーン(卒業して、離れてしまうのが悲しいと思った)

ウィーン(紗羽との別れも寂しかった)

ウィーン(大智や来夏と別れるのも、きっとそうだと思う)

ウィーン(でも、僕は)


ウィーン(和奏と離れるのが、一番寂しいと思ってる)




40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 21:59:46.49ID:OcOpGKHj0
ウィーン(……そうだ、大智が最初に言っていた)

ウィーン(自分の気持ちに、素直になること……)

ウィーン(……うん)

ウィーン「和奏」

和奏「ん?」

ウィーン「以前、僕のうちに来たときにピアノがあったのを覚えてる?」

和奏「うん。覚えてるよ」

ウィーン「それをね。この前、せっかくだからって、直してもらったんだ」

和奏「調律したんだ」

ウィーン「うん。でも、僕の家族にはピアノが弾ける人が居なくて」

ウィーン「だから、和奏」

和奏「うん」

ウィーン「よかったら、僕の家でピアノを弾いて欲しい」




41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 22:03:00.77ID:OcOpGKHj0
和奏「え?」

ウィーン「広いから、歌だって歌えるよ」

和奏「……それって」

ウィーン「そして、出来るなら……それを、ずっと……」



和奏「……」


ウィーン「……」




42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 22:06:14.47ID:OcOpGKHj0
和奏「…………ずっとは、無理だよ。大学入ったら、遠くに行っちゃうし」

ウィーン「……そっか」

和奏「でも、しばらくはこっちに居るから。それまでなら、いいよ」

ウィーン「え?」

和奏「電子ピアノより、グランドピアノの方が私も好きだし」

和奏「それにね」

ウィーン「?」

和奏「私も、ウィーンと居るの、楽しくなかったわけじゃないよ?」

ウィーン「和奏……!」

和奏「でも、いつもの方が私は好きかなー、なんて」

ウィーン「え?」

和奏「変に取り繕わないで、いつものウィーンの方が絶対良いよ」

ウィーン「……うん」

和奏「とりあえず……しばらくは、よろしくね」

ウィーン「うん! こちらこそ!」




44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 22:08:52.58ID:OcOpGKHj0
 ――――次の日


来夏「おっはよー、和奏!」

和奏「おはよう、来夏」

来夏「で、どーだったの昨日は?」

和奏「いきなり?」

来夏「だって、気になるじゃん」

和奏「……ま、良いけど」

ウィーン「あ、和奏、来夏。おはよう」

来夏「おはよう、ウィーン!」

和奏「おはよ。ね、ウィーン。昨日お父さんから、ミュージカルのチケット貰ったんだけど」

和奏「一緒に行かない?」

来夏「えー? 和奏、あたしは?」

和奏「ごめんね、二枚しかもらえなかったんだ」

来夏「ぶー……」




45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 22:11:50.05ID:OcOpGKHj0
和奏「それで、どう?」

ウィーン「うん。もちろんだよ」

和奏「じゃ、忘れないでね」

ウィーン「わかったよ」



来夏「……」

田中「おーっす。……どうした、宮本?」

来夏「……和奏とウィーン。上手くいったみたいだね」

田中「ん?」


和奏「待ち合わせは何時にする?」

ウィーン「少し早めに来て、ご飯食べてからでどうかな?」

和奏「いいね、そうしよっか」


田中「……みてーだな」




46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 22:13:44.48ID:OcOpGKHj0
来夏「あー。これで売れ残りはあたしだけ……なんでこんなことに……」

田中「お前が自分でしたことだろ」

来夏「ふーん。いいもん。大学入ったら、はっちゃけてやるんだから」

田中「出来ると良いな」

来夏「ナンダト?」

田中「何にせよ、後はそっとしておこうぜ」

来夏「そうだね。邪魔しちゃ悪いし」


ウィーン「ちなみに、正装の方がいいのかな?」

和奏「いや、普通の格好で良いと思うよ?」

ウィーン「ええ? せっかくガンバライジャーの衣装買ったのに!」

和奏「それ正装じゃないよ」



来夏(……楽しんでおいでね、二人とも!)



おしまい




48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 22:16:52.96ID:OcOpGKHj0
以上です。
監督のこれで終わりは寂しい発言に凄く期待してます。何かあったらいいですね。
ともあれ、まずは円盤の売り上げやCDの売り上げが大事だと思います。
明日発売のTARI TARI BD/DVD第三巻買ってくださいね(白目)




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 22:17:16.76ID:a9QdcDyHO





51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/06(火) 22:24:01.22ID:MTldH8GXO
おつ


TARI TARI 3 [Blu-ray]
TARI TARI 3 [Blu-ray]
転載元
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352201647/l50




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...