3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 19:19:10.43ID:L8OAQsmr0
田中「ただいま」

田中「……あれ、姉貴いねーの? おーい」

田中(鍵開いてたんだけどな……)

トットッ……

紗羽「お。お邪魔してるよ」

田中「は?」

田中「……」

紗羽「……?」

田中「……なんで居んの?」

紗羽「ん?」

晴香「あぁ、たいくん。おかえり」

田中「あ、姉貴! 何で沖田がうちに居るんだよ!?」

晴香「ん。だって、うちの前で、倒れてたから」

田中「倒れてた!?」

紗羽「大げさですよ。ペダルふみそこなって、思いっきし足にぶつけちゃっただけ。
    そこを、たまたま通りがかった晴香さんが見つけて、手当してくれたんだ」







4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 19:20:45.63ID:L8OAQsmr0
田中「へえ……」

晴香「もう大丈夫そう?」

紗羽「はい。ちょっと痛みますけど、もう歩けます」

晴香「そっか。じゃあ、気をつけてね」

紗羽「はい、ありがとうございました。田中も、お邪魔したね」

田中「あ、ああ」

紗羽「では、失礼します。お邪魔しました」

ガチャ バタン

晴香「……そういえば、たいくん。さっき、呼んでなかった?」

田中「あ、そうだ。なんか雨降りそうでさ。洗濯物って、もう入れた?」

晴香「うん。もう入れてあ……」

ポッ ポッ 

ザアアアアアアア

田中「お、降ってきた。すげー勢いだな」




6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 19:22:53.97ID:L8OAQsmr0
晴香「良かったー。先に入れておいて」

田中「なら良かったよ」

ピンポーン

田中「ん? インターホン?」

晴香「誰だろ。私、出るね」

田中「ああ」

カチャッ

晴香「はい」

晴香「……え? あ、うん。鍵開いてるからどうぞ」

田中「?」

ガチャリ

紗羽「すみませーん。またお邪魔します……」

田中「え? 沖田?」




8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 19:25:09.95ID:L8OAQsmr0
紗羽「自転車で走りだした途端に降ってきてさー。もービショビショだよ」

晴香「いきなりだったもんね。制服乾くまで、うちに居る?」

紗羽「え、良いんですか?」

晴香「良いでしょ、たいくん」

田中「別に……良いけど」

晴香「こんな寒い時期にびしょ濡れじゃ風邪ひいちゃうでしょう?
   シャワー浴びていってもいいよ」

紗羽「ええ!? そこまでしなくても大丈夫ですから! タオルだけで!」

晴香「ダメよー? 女の子は冷えが天敵なんだから」

紗羽「んー…………。じゃあ、お言葉に甘えてもいいですか?」

晴香「うん。じゃあ準備するから。先にお風呂場行ってて」

紗羽「ありがとうございます」

田中「……じゃ、俺部屋に戻ってっから」

晴香「うん」




9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 19:27:27.95ID:L8OAQsmr0
カチャッ。パタン

田中(……あー、ビックリした) シュルシュル

田中(沖田が居るのにも驚いたのに、また来るなんて……)

田中(……しかも……うちの風呂入るとか……) カチャカチャ

田中(って、何考えてんだ俺!)

カチャッ

晴香「たいくん」

田中「姉貴、俺今着替えてんだけど」

晴香「うん。Tシャツ一枚貸してくれない?」

田中「Tシャツ? 何で?」

晴香「あの子、結構大きいでしょ。私のじゃ入らなくて」

田中「え、でも姉貴も沖田も、あんまり身長変わらなくね?」

晴香「女の子には事情があるの」




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 19:29:32.41ID:L8OAQsmr0
田中「? よくわかんねーけど……」

ゴソゴソ

田中「はい」

晴香「ありがと。あと、この部屋寒いから、エアコンつけておいた方が良いよ」

バタン

田中「?」

田中(俺の部屋、そんな寒いかな)

田中(ま、俺も自転車乗って帰るといっつも汗かくし)

田中(姉貴なりに気ぃ使ってくれてんのかな)

ピッ ゴオォオオ……

田中(……エアコンの暖房ってあんま好きじゃねーんだよな)

田中(ヒーターとかのが、よく温まる気がするんだけど……)

田中(ま、灯油買うのも面倒だし我慢するか)

ぬぎぬぎ

きるきる




12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 19:32:27.86ID:L8OAQsmr0
田中(……さって、何しよっかな)

田中(白祭も近いし……家じゃ腹筋ぐれーかな、やっぱ)

田中「……よし。いちっ、にぃっ、さんっ」 グイッ グイッ グイッ

田中(……あ、そういえば英語の宿題あったな。後でやるか) グイッ グイッ

田中(…………) グイッ グイッ グイッ

田中(あれ、今何回目だっけ……) グイッ グイッ  コンコン

田中(まーいっか。とりあえずやれるだけ、っと) グイッ グイッ コンコン

カチャッ

紗羽「お邪魔するよー?」

田中「!?」 ズルッ

ゴンッ!

田中「痛っ!」




13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 19:35:16.50ID:L8OAQsmr0
紗羽「あーあ、急に力抜くから……」

田中「いってぇ……」

紗羽「たんこぶになってない?」

田中「いや、そこまでは……」

紗羽「なら良いけど」

田中「……つか、何だよいきなり?」

紗羽「ノックしたよ? 何回か」

田中「マジ?」

紗羽「うん。でも気づかないから、開けちゃった」

田中「そっか。悪いな」

紗羽「ううん」

田中「……で、何で俺の部屋に?」

紗羽「湯冷めしないように、って晴香さんが。暖房効いてるから、ってさ」




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 19:38:18.56ID:L8OAQsmr0
田中(だからか……姉貴め)

紗羽「ごめんね、なんか」

田中「……何が」

紗羽「押しかけちゃったみたいで」

田中「……別に、俺と姉貴しか住んでねーし」

紗羽「ご両親は?」

田中「二人とも転勤族だから、俺たちはこっちなんだ」

紗羽「へー。大変じゃない?」

田中「大変じゃないことはないけど……。
   いずれは一人暮らしするだろうし、必要なことだと思ってやってる」

紗羽「ふーん……。意外。」

田中「意外?」

紗羽「結構、しっかりしてるんだね、田中」

田中「……うっせーよ」




17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 19:41:17.78ID:L8OAQsmr0
紗羽「照れてる?」

田中「照れてねーし」

紗羽「ま、いいけど」

田中「……」

紗羽「……」

田中(沖田が……俺のTシャツ着てる……)

紗羽「……? あ、Tシャツありがとね。これ田中のなんでしょ?」

田中「あ、ああ」

紗羽「どーりで、晴香さんのにしては大きいと思ったんだよね」

田中「……俺より姉貴のがデケーぞ」

紗羽「でもほら、肩幅とかは全然違うでしょ?」 フリフリ

田中「! ま、まあ。そりゃな」(ゆ、揺れ……)




18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 19:44:22.98ID:L8OAQsmr0
紗羽「やっぱ男の子とは違うもんだね」

田中「そうだな……」

紗羽「……雨、止まないね」

田中「通り雨だろうから、しばらくすりゃ止むだろ」

紗羽「白祭もうすぐなのに、困ったもんだ」

田中「体育館だし、大丈夫だろ」

紗羽「それもそうだね」

田中「……」

紗羽「あ、筋トレ続けたかったらどーぞ」

田中「……いや、もういい」

紗羽「そ。いつもどれぐらいやってるの?」

田中「んー、気分によるから、あんまり決めてねーな」




20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 19:46:53.81ID:L8OAQsmr0
紗羽「そうなんだ」

田中「ああ」

紗羽「……ねえ、たいくん」

田中「はぁっ!?」

紗羽「田中、お姉さんにそんな呼ばれ方してるんだね」 クスクス

田中「ぐ……」

紗羽「なんか可愛いよね、たいくんって呼び方」

田中「家の外では呼ぶなっつってんのに……」

紗羽「これから、わたしもそう呼んであげよっか?」

田中「ふ、ふざけんな! ぜってーやめろ!」

紗羽「ふふ。冗談だよ、冗談」

田中「……ったく……」




21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 19:49:51.85ID:L8OAQsmr0
紗羽「……わたしさ」

田中「ん?」

紗羽「男の子の部屋に入ったの初めてなんだけど」

田中「え? あ、ああ。そうなのか」

紗羽「みんなこんな感じなの?」

田中「……まあ、こんなもんだろうな」

紗羽「あ、ゴメン違った。一回ウィーンの部屋に入ったことあったような……」

田中「そういえば。」

紗羽「けど、何かあの時と違うんだよねぇ」

田中「何が?」

紗羽「……ああ。二人っきりだからか」

田中「!」




23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 19:52:28.23ID:L8OAQsmr0
紗羽「だから、勘違いしちゃったのかも」

田中「……」

紗羽「ま、でもウィーンと同じくらいわかりやすいよね」

田中「?」

紗羽「好きなものが、一瞬でわかる部屋」

田中「自分の部屋なんて、そんなもんじゃね。お前んちはどうなんだよ」

紗羽「んー。小さい馬のぬいぐるみとかはあるけど、ここまでは」

田中「なんだよ、ここまでって」

紗羽「だって、壁にこんな大きなバドミントンのポスターって!」

田中「別にいいだろ、好きなんだから」

紗羽「ダメとは言ってないでしょ」

田中「む……」




24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 19:55:40.03ID:L8OAQsmr0
紗羽「良いと思うよ、わかりやすいのも」

田中「……」

紗羽「にしても」

田中「ん?」

紗羽「テレビとかも、ないんだね」

田中「もともと、あんまり見ないからな」

紗羽「見てもバドミントンの試合ぐらい?」

田中「よくわかるな」

紗羽「そりゃあね」

田中「ゲームとかもあんまりやんねーし」

紗羽「そういえば、ないね」

田中「嫌いってわけじゃねーんだけどな」

紗羽「もしかして、一緒にやる友達が居ないの?」 プクク

田中「なっ!?」




25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 19:58:43.26ID:L8OAQsmr0
紗羽「何だかんだいって、ウィーンとばっかり一緒に居るイメージだけど」

田中「ちゃんと他にも居るっての。ただ、家に呼んだりしねーだけで」

紗羽「ふーん……ほんとに?」

田中「ホントだよ
    ……お前だって、宮本や坂井といっつも居る感じするぞ」

紗羽「そう? まあ今は白祭で色々話すこともあるからね」

田中「……白祭、上手くいくといいな」

紗羽「いくといいな、じゃなくて、いかせるんでしょ」

田中「そうだったな」

紗羽「今は普通にみんなで練習できてるけど、色々あったんだよ」

田中「色々?」

紗羽「例えば、和奏とね。喫茶店でケーキ三つも奢ったり」

田中「三つて……」




26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 20:01:38.24ID:L8OAQsmr0
紗羽「あ、その時がちょうど、田中とバドミントンで勝負する時だったかな」

田中「俺の今後がケーキに左右されてたのかよ……」

紗羽「良いじゃん。結果的にはなんとかなったんだし」

田中「まーな。宮本には感謝してるよ」

紗羽「うん」

田中「……女子って、よく喫茶店で話すのか?」

紗羽「ん? 気になるの?」

田中「いや、別に……。」

紗羽「心配しなくても、悪口言うために集まったりとかはしてないよ」

田中「何も言ってないだろ」

紗羽「そう思ってそうだったから」




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 20:04:26.47ID:L8OAQsmr0
田中「……」

紗羽「え、本当に思ってたの?」

田中「思ってねーよ。あんま行ったことないから、何してんのか気になっただけだ。
   っと。悪いけど、ちょっとトイレ」

紗羽「あ、うん」

カチャ バタン


――――。


バシャー……ゴポポポポ

ガチャ

田中(はー。自分ちなのに、なんか落ち着かねー)




31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 20:06:36.46ID:L8OAQsmr0
トントントン……

カチャ

紗羽「あ、おかえりー」

田中(ッ!)

田中(……俺の部屋に、沖田が居るんだよな。今)

田中(いつも見慣れてる俺の部屋に……なんだよ、これ……!)

田中(不思議っつーか……なんつーか……うわー!)

紗羽「どしたの?」

田中「な、なんでもない」

紗羽「? あ、それよりさ」

田中「なんだ?」

紗羽「あれ、ノートパソコン?」

田中「ああ。偶に使うからな」




33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 20:09:25.08ID:L8OAQsmr0
紗羽「ふーん。あ、ちょっと見たいものあるから、使っても良い?」

田中「別に良いけど……何見るんだ?」 パカッ カチッ

紗羽「この前の天皇賞。最近忙しくて、見逃しちゃったんだよね」 ウィイイイイン

田中「天皇賞って……馬か。お前、ホント好きだな」

紗羽「良いでしょ。……あ、パスワードかかってる」

田中「そうだった。悪い悪い」

田中(えっと……ピー、エー、シー、エス、だっけ)カタカタ

紗羽「意外と打つの早いんだね」

田中「意外ってなんだよ」

紗羽「田中、こういうの弱いイメージがあるもん」

田中「今どき、パソコン使えねーヤツいないだろ」

紗羽「ウィーンとか苦手そうだよね」

田中「あー……」




34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 20:12:47.19ID:L8OAQsmr0
紗羽「まだ?」

田中「少し古いから、立ち上がりおせーんだよ」

紗羽「そっか」

田中(……うわっ……なんかすっげーいい匂いする)

田中(うちの風呂使ったのに、どうしてこうも姉貴とは違う匂いがするんだ?)

田中(しかも、なんで真横にピッタリで画面覗くんだ……近ぇよ……)

紗羽「……ねー、田中」

田中「な、なんだよ」

紗羽「この『gazou』ってフォルダなに?」

田中「!!」

紗羽「あ、動揺した」

田中「し、してねーよ」




35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 20:15:41.65ID:L8OAQsmr0
紗羽「声上ずりすぎ」

田中(それは……そこには、この前撮ったお前の写真が入ってるんだよ!
    PCにバックアップ取ってたの忘れてた……)

田中(バレたらマズイ。本当にそれしか入ってないから、言い訳もできねえ)

紗羽「……気になるなー」

田中「き、気にするな」

紗羽「それは無理!」

田中「いや、これはホントだめなんだって!」

紗羽「だからそれが気になるんだってー」 グイー

田中「ちょっ、沖田やめろ! あぶねーって!」

紗羽「えー?」

田中(というか、そんな薄着で手を伸ばしてきたら……胸元……見、みえ……)




37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 20:18:22.09ID:L8OAQsmr0
ズルッ

紗羽「へ?」

田中「うおっ!?」(ベッドのシーツがずれやがっ……)


ボフーーン!!


田中「……あぶねー、パソコン落とすとこだったぜ……」

田中「悪い、沖田。だいじょ……」

紗羽「うん……大丈夫だよ」

田中(……あ)

田中(やべぇ。完全に押し倒した形になっちまってる……)




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 20:21:23.72ID:L8OAQsmr0
紗羽「……」

田中(ってか、なんで沖田も何も言わねーの!? なんでじっと見てるだけなんだよ!?)

紗羽「……田中?」

田中「……ん?」 

田中(なんか気配が……) チラッ






晴香「……」ジーッ




39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 20:23:35.69ID:L8OAQsmr0
田中「……あ、姉……き」(ドアの隙間から覗いてやがったのかぁあああ!!)

晴香「……あ、たいくん。お姉ちゃん、お買いもの行ってくるから」

晴香「それじゃね。しばらくは帰ってこないから」 パタン

田中「……」 アングリ

紗羽「あの、暑いんだけど」

田中「あ、ああ! わ、悪い! その……」 バッ

紗羽「パソコン、大丈夫だった?」

田中「お、おう。大丈夫だ。全然、問題なし」

紗羽「……あ、雨止んでるね」

田中「そういえば……」

紗羽「……制服もそろそろ乾いたかな?」

田中「乾燥機使ってるし、もう良いんじゃねーか」

紗羽「そっか。じゃあ、そろそろ帰ろうかな」

田中「……ああ」




41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 20:26:10.73ID:L8OAQsmr0
――――外へ。


紗羽「Tシャツ、洗って返すから」

田中「いつでもいいぞ」

紗羽「うん。わかった」

田中「……」

紗羽「……」

田中「んじゃな」

紗羽「……ねー、田中」

田中「ん?」

紗羽「これから喫茶店行かない?」




43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 20:29:20.27ID:L8OAQsmr0
田中「は?」

紗羽「あんまり行ったことないんでしょ?」

田中「そりゃ、そうだけど……」

紗羽「連れてってあげる。今日のお礼も兼ねてね。自転車なら、すぐだし」

田中「……」

紗羽「どう?」

田中「……別に、奢らなくていいからな」

紗羽「まだ奢るとは言ってないけど」

田中「そーかよ」

紗羽「奢って欲しいの?」

田中「良いって。そういうのは、男がやるもんだろ」

紗羽「おっとこらしー♪」

田中「別に、普通だろ!」




44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 20:30:44.77ID:L8OAQsmr0
紗羽「ふふ。じゃ、行こっか、たいくん」

田中「おい!」

紗羽「あはは。早くしないと置いてくよ! たいくん♪」

田中「……ったく」






おしまい




46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 20:31:33.97ID:L8OAQsmr0
以上です。
偶然ですけど、今日雨強いですね。みんなも風邪ひかないように、ちゃんとパンツ履いてね。




47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 20:32:33.94ID:aOuh5H3Z0
ひさびさの正統派青春アニメだった




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 20:34:15.04ID:JkPLxqq90
青春って良いなー




52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/17(水) 20:36:26.77ID:vg82kBdS0

素晴らしかった


転載元
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1350469060/l50




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...