1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 18:28:26.21ID:fT1I0UJa0
 TARI TARI最終回まで見てた方が楽しめます。







3:代行ありがとうございます。:2012/10/04(木) 18:29:53.60ID:Mv5N+kV20
紗羽「なに、いきなり?」

来夏「だって、白祭終わってから打ち上げも、何もしてないじゃん!」

紗羽「それはそうだけど、なんでウチ?」

来夏「お寺だから、雑魚寝できると思って。ウィーンの家も負けてないけど、日本風じゃないから無理」

紗羽「……でも、みんな受験勉強で忙しいと思うけど」

来夏「んー。田中、ウィーン!」

田中「なんだー?」

ウィーン「なにー?」

来夏「明日ー。金曜日の夜って空いてるー?」

田中「あー、大丈夫だぞー!」

ウィーン「僕も大丈夫ー!」




5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 18:31:54.82ID:Mv5N+kV20
来夏「打ち上げやるから空けといてねー」

田中「おう! わかった!」

ウィーン「? 大智、打ち上げって?」

田中「ああ、お疲れ様ってみんなで飲んだり、食ったりすることだ」

来夏「ね」

紗羽「高校三年生の発言とは思えない……」

来夏「和奏は? 聞いてたでしょ?」

和奏「うん。大丈夫だけど……」

来夏「けど?」

和奏「男の子と泊まるってのが、ちょっと……問題かな、って」

紗羽「たしかに……。うちのお父さん何て言うか……」

来夏「だいじょーぶ。だって、田中とウィーンだよ?」

紗羽「ああ。」

和奏「……うん、田中とウィーンだもんね」




6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 18:34:04.88ID:Mv5N+kV20
来夏「そーそー、だいじょぶだいじょぶ! じゃ、明日ね!」

紗羽「で、具体的に何するの?」

来夏「んー? なんでもいいんじゃない? 遊んだリー、食べたり、話したり出来れば」

和奏「飲み物とか、お菓子もっていこっか」

紗羽「部屋の準備もしないとね」

来夏「よーし、盛り上がってきたー! 精一杯遊ぶぞー!!」


――――そして、金曜日の夜。


来夏「お菓子よし!」

和奏「飲み物よし!」

紗羽「部屋よし!」

来夏「そんじゃ、始めるよー! かんぱーい!」

来夏・和奏・紗羽・田中「「「「かんぱーい!!」」」」 ウィーン「Zum Wohl!!」




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 18:38:16.42ID:Mv5N+kV20
来夏「……ぷはー。あー、オレンジジュース最高ー」

和奏「来夏、おじさんみたいだよ」

紗羽「ちっさいおじさんだ」

田中「なぁ、お前、さっきなんつった?」

ウィーン「Zum Wohl?」

田中「ツンボー?」

来夏「おじさんは余計だ! いいじゃん、こう解き放たれる感じがして」

紗羽「準備してきたのが、全部終わっちゃったんだもんね」

和奏「なんか、少しさみしいよね」

ウィーン「Nein。Zum Wohl!」

田中「ツンヴォー?」

ウィーン「zum、wohl」

来夏「和奏も、作曲お疲れ様。ままま、一杯……」

和奏「もー、ほんとに来夏、おじさんー!」

来夏「えへへー」




13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 18:41:42.43ID:Mv5N+kV20
紗羽「でも、良かったね。無事に終わって」

来夏「うん。凄く楽しかった」

和奏「……そうだね。楽しかった。楽しくできて、本当に良かった」

来夏「和奏と、お母さんの曲だもんね」

和奏「うん」

紗羽「わたし、初めて聞いたとき感動したんだー」

和奏「え?」

紗羽「わたしと来夏で歌った、心の旋律。あれ、和奏のお母さんが作った曲なんだよね」

和奏「うん。お母さんと、教頭先生で作ったんだって」

紗羽「少し和奏の歌と似てるよね」

和奏「ちょっとだけね。お母さんとの曲だって、わかって欲しくて、そのまま使ったんだ。」

紗羽「うんうん。その曲調が凄く気に入ったんだ。それに、本当になんというか、希望にあふれた曲に仕上がってると思ったよ」

和奏「そう……かな。思いついたのを、書いて繋げただけなんだけど……」

来夏「もしそうなら。今の和奏が、そういう気持ちだからだよ」

和奏「……うん」




16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 18:45:39.70ID:Mv5N+kV20
紗羽「本当に良かった。最後の白祭に、あんな素敵な曲をみんなで出来て。最高の思い出になったよ」

来夏「うんうん」

和奏「ありがとう、二人とも」

紗羽「お礼を言うのはこっちだって。ありがとう、和奏」

来夏「ありがとー!」

和奏「うん……」

田中「Zum Wohl」

ウィーン「OK!」

田中「あ、ドイツ語でもオッケーっていうんだ。ちなみに、ツン・ボーってどういう意味だ?」

ウィーン「うん。ドイツ語で乾杯って意味だよ。」

来夏「ちょっと、田中とウィーンさっきからうるさい」

田中「は?」

紗羽「ドイツ語の発音なんて、出来なくてもいいでしょ。田中は」




18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 18:48:50.92ID:Mv5N+kV20
田中「んなことねーし! もしかしたら、必要になるかもしれねーだろ」

和奏「どうして?」

田中「そりゃ……その……俺、バドミントンでプロになるつもりだし……だから、世界にだって……」

来夏「モジモジしてキモイ!」

紗羽「キモーイ」

和奏「キモイ」

ウィーン「きもーい」

田中「うるさい! ウィーンも乗っかるな!」

和奏「……ね、みんなは卒業したらどうするの?」

来夏「ん? あたしは普通に大学行くよ」

紗羽「来夏、さり気に成績優秀だもんね」

来夏「ナンダト?」




22:マジキチ展開は……その……えっと……なんだ。あの……:2012/10/04(木) 18:52:03.81ID:Mv5N+kV20
田中「俺は、推薦の結果待ち。もしダメなら、一般で受けるつもりだ」

紗羽「推薦って、バドミで?」

田中「略すな、今世話になってる大学あるから、そこに入りてーんだよ」

紗羽「そうなんだ……田中は。夢、叶えようとしてるんだね」

田中「……まぁな」

和奏「ウィーンは?」

ウィーン「僕は、実はまだ考えてないんだ。……もしかしたら、このまま日本に居るかもわからない」

来夏「え、そうなの?」

ウィーン「居たくないわけじゃないんだ。ただ、そういう事もできるって両親に言われただけ」

来夏「そっか。ウィーンも悩んでるんだね」

ウィーン「うん。でも、僕もいつか、自分で出来ることを見つけたい」

和奏「応援するよ」

来夏「あたしも!」

ウィーン「ありがとう」




26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 18:55:19.78ID:Mv5N+kV20
来夏「紗羽は?」

紗羽「わたしは……」

田中「馬じゃねーのか?」

紗羽「……うん。でも、わたしもまだ、どうするか悩んでる」

田中「どうするって……調教師なら、体重関係ないって言っ」

和奏「田中のクズ!」

来夏「バカ!」

田中「なっ……けど、前に言ってたじゃねーか!」

紗羽「調教師は、やっぱり難しいと思う」

来夏「大変なの?」

紗羽「ううん。そうじゃない。わたしが、本当にやりたくて、望んでることじゃないから」

紗羽「これから先、自分が納得できるほど向き合えるか、わからなくて」




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 18:58:20.78ID:Mv5N+kV20
和奏「……そうなんだ」

紗羽「早く決めないといけないから、今色々と考えてるところなんだ」

来夏「紗羽も田中も、夢一直線ですな」

ウィーン「和奏はどうするの?」

和奏「私は」

和奏「……音楽の道に、進もうと思ってる」

来夏「おおー! うん、良いよ。絶対それがいい!」

紗羽「専門学校? 大学?」

和奏「大学……かな。しっかりと、時間かけてやりたいから」

ウィーン「試験は大丈夫そうなの?」

田中「そういや、坂井って補修してたよな」




30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 19:01:24.47ID:Mv5N+kV20
和奏「うん……だから、多分今年は難しいと思う」

和奏「でも、みんなが教えてくれた音楽の楽しさだったり、嬉しさだったり」

和奏「そういうのを、忘れたくなくて。ずっと先まで、続けていきたいから」

和奏「時間かかってでも、入りたいと思ってる」

来夏「……そっか!」

紗羽「頑張ってね」

和奏「うん」

田中「じゃ、卒業したら俺たちバラバラだな」

来夏「こら田中、無神経だぞっ!」

田中「……でも、実際そうだろ」

和奏「そうだね」




33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 19:04:24.62ID:Mv5N+kV20
紗羽「大丈夫だよ。和奏が言ってたでしょ」

ウィーン「あの歌をみんなで歌ったこと。それを思い出せば」

来夏「きっと、あたし達はずっと繋がっていられる!」

和奏「うん!」

来夏「……はっ! なんか打ち上げなのに、反省会みたいになっちゃった!」

紗羽「じゃ、来夏。何か楽しいことお願い」

来夏「うーん……王様ゲームとか?」

田中「え」

紗羽「いいね! やろうやろう!」

ウィーン「王様ゲームって?」

来夏「王様ゲームってのは、かつて王様になれなかった平民の人が
   せめて気分だけでもって町民を集めて行った選出方法のことでね。街の支配者を決める為によく使われていた~~」

田中「ウィーン、嘘だかんな。メモらなくていいぞ」

ウィーン「え?」




35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 19:07:17.21ID:Mv5N+kV20
和奏「どうやって王様決める?」

紗羽「割り箸持ってくるから、ちょっと待ってて」



――――。



田中「ってルールだ。単純だろ?」

ウィーン「なるほど。ありがとう、大智」

来夏「じゃ、ウィーンへの説明も終わったところで!」

紗羽「この筒から、一人一つずつ引いていってね」

和奏「どこまでオッケーにするの? あんまり……その」




36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 19:10:12.97ID:Mv5N+kV20
来夏「なに?」

田中「あんまりエロいのはナシにしとけよ」

紗羽「うわっ、田中が言った!」

田中「俺がエロいみたいな言い方すんな! 代わりに言っただけじゃねーか」

ウィーン「大智。えろい、って?」

田中「あー、もう。めんどくさい……」

来夏「こーこーせいらしく、節度ある命令でいきましょう。みんな引いたね?」

紗羽「はい、王様だーれだ!」



来夏「あたしだ!」




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 19:13:17.99ID:Mv5N+kV20
紗羽「来夏か……」

和奏「普通のでお願いね、普通ので」

来夏「わかってるってー。んー、どうしようかなー」

田中「……」

紗羽「田中、何そわそわしてんの?」

田中「し、してねーよ!」

来夏「よし、じゃー3番と4番で、校歌斉唱!」

紗羽「本当に普通だね」

ウィーン「3番は僕だ」

紗羽「4番はわたし!」

来夏「はい、じゃあこっちに立って!」

紗羽「前でやるの?」

来夏「あったりまえじゃん! あ、撮影はオッケーだから、じゃんじゃん取っちゃおうね!」

田中「……」




41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 19:16:12.14ID:Mv5N+kV20
来夏「ん? 田中までケータイ構えちゃってー。紗羽の写真でも撮るの?」

田中「!! た、ただの思い出だろ、別に。」

来夏「何焦ってんだか。わかってるよ、そんなの」

田中「ったく……」

ウィーン「紗羽と二人で歌うのって初めてだね」

紗羽「そういえば」

ウィーン「よろしくね」

紗羽「うん」

来夏「カメラ準備オッケー?」

和奏「オッケー」

来夏「大声出さない程度でね。よし……いち、に、さん、はい!」

紗羽・ウィーン「しろきーはまのー♪」




44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 19:18:57.13ID:Mv5N+kV20
――――。

紗羽「ふー」

来夏「はいオッケー。お疲れ様!」

紗羽「お疲れ、ウィーン。ハイターッチ! いえーい!」

ウィーン「イエーイ!」

田中(動画、撮っちまった……沖田の。)

来夏「んじゃ、次いってみよー!」

ウィーン「引いたよー」

和奏「じゃ、せーの! 王様だーあれ!」




紗羽「あ、わたしだ」




45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 19:22:09.44ID:Mv5N+kV20
来夏「紗羽か―。何してくるかなー?」

紗羽「無難なのじゃ面白くないしなー」

和奏「過激なのもやめてね……?」

紗羽「……よし、じゃあ2番の人が、得意なモノマネをする!」

田中「あぶね、俺3番」

ウィーン「僕は1番」

来夏「あたし、4番だから……残るは」

和奏「私だ……」

来夏「和奏のモノマネ……なんだろ?」

和奏「モノマネなんて、やったことないよー!」

紗羽「出来そうなので良いからね」

和奏「出来そうなのって……んー……」




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 19:24:51.73ID:Mv5N+kV20
田中「教頭先生とか?」

和奏「ええっ? うーん……無理」

紗羽「動物の鳴き声でもいいよ」

和奏「あ、ドラの鳴き声とか!」

来夏「はい、坂井さんの愛猫、ドラの鳴き真似ー」

紗羽「どうぞっ!」

和奏「えっ、えっ?」

来夏「頑張れ!」

和奏「もう……」

和奏「コホン……ん゛っ……あー……んんっ!」




和奏「…………にゃぉーん」




51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 19:28:00.79ID:Mv5N+kV20
来夏「ほふぁっ!!」

紗羽「きゃー! 和奏、可愛いー!!」

ウィーン「凄く猫っぽかったね!」

田中(……ありだな。うん)

和奏「恥ずかしい……」

来夏「ああっ、録音しとけばよかった!」

和奏「絶対やめて!」

紗羽「えー、可愛いのにー。ね、和奏もう一回お願い!」

和奏「嫌だよ!」

紗羽「ちぇー。まーいいや、次いこー」


来夏「よし、王様だーれだ!」



田中「お。俺だ」




53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 19:31:29.45ID:Mv5N+kV20
来夏「田中か……」

和奏「田中なんだ……」

紗羽「田中ねえ……」

ウィーン「大智だ!」

田中「なんで俺だけ白い目で……」

来夏「普通のにしてよ、フツーのに!」

田中「普通ってどんなだよ」

和奏「面白いのでね」

田中「はいはい」

紗羽「シラケさせないでね」

田中「注文多いっつの! ったく……」


田中「……じゃ、1番の人が王様に耳かきをする。……で」




56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 19:34:18.24ID:Mv5N+kV20
来夏「……」

和奏「……」

紗羽「……それはない」

ウィーン「??」

田中「なんだよ、定番じゃねーのかよ!?」

来夏「定番っちゃ定番だけど」

紗羽「女性率の高いここで、そのチョイスがなんかヤラしい」

和奏「ところで、1番は誰なの?」

来夏「あたしー!」

田中「宮本か……。ケガさせんなよ?」

来夏「ふふん。小さい頃はよく誠にやってあげてたかんね。結構得意なんだよ」

紗羽「はい、耳かき」

来夏「ありがと。じゃー田中。おいでおいで」




59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 19:38:06.69ID:Mv5N+kV20
田中「……」

紗羽「いざやられると恥ずかしいんだね。膝枕だし」

田中「うるさい。……ちゃんとやれよ」

来夏「はいはい、来夏お姉ちゃんにお任せー」

和奏「……なんか、ほんとに兄妹みたいだね」

紗羽「誠くんと違って田中大きいから、来夏が妹で、田中がお兄ちゃんっぽいけどね」

来夏「あら、田中、意外に綺麗にしてるんだね」

田中「まーな」

紗羽「お姉さんにしてもらってるの?」

田中「あほか! 自分でやってんだよ!」

和奏「そこまでお姉さん好きじゃないんだ」

来夏「こら、動くな。頭ずり落ちるでしょー」

田中「はいはい。お前の太腿小さいから、乗っけにくいんだよ」

来夏「せっ、セクハラ!!」

田中「はぁ!?」




60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 19:41:10.29ID:Mv5N+kV20
和奏「天然でセクハラするなんて、さいてーだね」

紗羽「引くわー」

田中「わけわかんねーし……」

ウィーン「これが耳かきか……。ねえ大智、それって気持ちいいの?」

田中「ん? まあ、やる人によってはな」

来夏「あたしのじゃダメだと?」

田中「お前のは普通だな。なんとも……ぅっ、ゲホッ! ゴホッ!」

来夏「あ。あんたも、こうなるんだね」

和奏「? どうしたの?」

来夏「耳かきすると、咳出る人いるんだよね。誠もそうなんだ。あたしは、なんないんだけど」

紗羽「あー! 出ちゃうの、わたしだけじゃないんだ」

和奏「私は、くしゃみ出ちゃう人だな」

田中「ごほっ! ……あ、くしゃみも出そう……」

田中「は……パックス!!」




62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 19:44:09.37ID:Mv5N+kV20
来夏「何そのくしゃみ」

田中「あ゛ー……。宮本、もういいわ。サンキュ」

来夏「はーい」

紗羽「お二人の兄妹愛もしっかり撮ったからね」

ウィーン「ばっちりメモも取ったよ!」

田中「耳はすっきりしたけど、なんつーか鼻が……」

来夏「ほいじゃー、次いこー!」




ウィーン「あ、やった! 僕が王様だよ!」




64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 19:46:33.28ID:Mv5N+kV20
来夏「ウィーンかぁ」

ウィーン「どうしようかな。えっと……」

紗羽「……ね、ウィーン。ちょっと耳貸して」

ウィーン「え? うん、どうしたの。紗羽」

紗羽「そろそろ爆弾を、ね?」

和奏「え?」

紗羽「……ゴニョゴニョ」

ウィーン「……うん。わかった、それを言えばいいんだね」

紗羽「うん」

和奏「紗羽、何を言ったの?」

紗羽「ふふ。聞いてのお楽しみ」


ウィーン「3番の人が、好きな人をバクロしてください!」




66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 19:49:16.60ID:Mv5N+kV20
来夏「ヒュー! きたきたー! こういうの待ってたんだよ! 紗羽、グッジョブ!」

紗羽「でしょー?」

和奏「で、3番って誰?」

田中「…………」

来夏「固まってるってことは……田中みたいだね」

紗羽「はい田中、起立!」

田中「な、何でだよ!?」

来夏「男らしくビシーっと言っちゃいなよ」

ウィーン「大智、頑張って」

田中「……」

紗羽「あ、動物とかスポーツ禁止ね」

来夏「田中はお姉ちゃん居るから、お姉ちゃんやお母さんも禁止」

和奏「男友達の好き、も」

田中(言い逃れが……)




68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 19:52:16.07ID:Mv5N+kV20
田中「…………えっと……俺は……」

来夏「うんうん」

田中「……俺は…………」

紗羽「はやくー」

田中「お…………」

ウィーン「……あ、メモ取らないと」

和奏「まだ?」

田中「……」

紗羽「?」

田中「……はぁ……。」




田中「……俺は、合唱部のみんなが好きだ!」




70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 19:53:06.25ID:HAi9wO7v0
あちゃー




71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 19:54:26.00ID:+LHdRLJ20
うわぁ




72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 19:54:40.82ID:Mv5N+kV20
来夏「ええー!? 何それー!? ずるい!」

田中「禁止から外れてるし、問題ねーだろ!?」

ウィーン「素晴らしい答えだね、大智! 僕もみんな好きだよ!」

和奏「……あ、でも私たち3人は女子なわけだし」

紗羽「この中に、誰か好きな人居たりしてー?」

田中「あっ、あほか!」

来夏「まー、シスコンでバトミントンオタクの田中に限ってそれはないかー」

田中「シスコンじゃねーし! あと、バドミントンな」

和奏「自覚ないんだ……」

来夏「……ふぁ」

紗羽「なんか眠いと思ったら、もうこんな時間なんだ」

和奏「そろそろ寝る?」

田中「じゃ、俺たちも部屋に行くか」

紗羽「案内するね」




73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 19:58:36.21ID:Mv5N+kV20
ウィーン「あ、僕トイレ行ってから、行くから。大智と紗羽は先に行ってていいよ」

来夏「あたし達も寝る準備しますか」

和奏「うん。おやすみ、二人とも」

田中「ああ。おやすみ」

ウィーン「おやすみ」



――――。


田中「……」

紗羽「……」

田中「お前んちって、ホント広いよな」

紗羽「お寺だからね」

田中「うちはアパートだかんな。みんなで駄弁ったりできんのは、スゲーと思うわ」

紗羽「そ?」




75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 20:00:51.08ID:Mv5N+kV20
田中「……結構遠いな」

紗羽「お父さんに、部屋が近いのは許さないって言われちゃって」

田中「ま、仕方ないか」

紗羽「……ね、田中」

田中「ん?」

紗羽「わたし、結構嬉しかったよ」

田中「え?」

紗羽「田中が、好きって言ってくれて」

田中「!」

紗羽「わたしも、同じなんだ」

田中「え……」

紗羽「わたしも、合唱部のみんなが好き」

田中「あ……あぁ、なんだ……」




80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 20:04:41.54ID:Mv5N+kV20
紗羽「卒業しても、遠くに行っても、離れても。ずっと、こんな気持ちでいられたらいいよね」

田中「……ああ。そうだな」

紗羽「うん。あ、部屋はここね」

田中「サンキュ。ウィーンにも案内してやってくれよ」

紗羽「りょーかい。じゃ、おやすみ」

田中「……ああ。おやすみ」


――――次の日の朝。


来夏「ふあぁ……ねむぅ……。……あと寒い」

和奏「それじゃ、お世話になりました」




83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 20:07:15.12ID:Mv5N+kV20
志保「また遊びにおいでね」

来夏「はい、また来ます」

紗羽「ばいばい」

ウィーン「またね!」

田中「じゃな」



来夏「はー、これでまた勉強の毎日かー」

和奏「まだクリスマスとか、お正月もあるでしょ」

来夏「そだね。また遊べたらいいね、みんなで」

田中「一番忙しい時期だろ。油断すんなよ」

ウィーン「へー。日本でも、クリスマスを祝うんだ」

和奏「祝うってより、お祭り騒ぎをしたいだけなんだろうけどね」

来夏「いいじゃん、お祭り騒ぎ。あたし、好きだよ」




86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 20:09:09.79ID:Mv5N+kV20
田中「……あ、俺こっちだから」

ウィーン「僕も、ここで」

来夏「そっか。じゃあ、またね」

和奏「また遊ぼうね」

田中「おう。じゃーな」

ウィーン「ばいばい」

――――。

来夏「楽しかったねー」

和奏「うん」

来夏「絶対、またやろうね!」

和奏「来夏、勉強は?」

来夏「受験生にも安息の日は必要なのだよ!」

和奏「もー」




88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 20:11:17.20ID:Mv5N+kV20
来夏「和奏だって、勉強あるでしょ? いいの?」

和奏「ん……。それもそうだね」

来夏「あ。それじゃあ、あたしもここで」

和奏「うん。また来週ね」

来夏「うん。ばあーい!」

和奏「ばいばい」



和奏「……」

和奏「……うん。私も、がんばろ!」





おしまい




91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 20:14:16.64ID:Mv5N+kV20
なんかこう、打ち上げの盛り上がり? と案外すんなり終わっちゃったなー、という感じを出してみたくて……。

紗羽ちゃんのお家が気になる人は、本日夜中より予約開始になった
TARI TARI設定資料集(税込4500円+送料600~1000円)を買いましょう。
和奏ちゃん? 来夏ちゃん?
それでも構わん。さあ、グーグルで「p.a.works shop」と今すぐ検索だ!(濃密なステマ)




92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 20:14:53.06ID:+LHdRLJ20

綺麗に終わって安心した




93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 20:15:06.20ID:Qzsy6C4Y0
おつ




94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 20:16:34.07ID:AigmOBeO0
おい
9月26日のCDの探したがどこにも置いてねえぞ
設定資料集どろころじゃねえ




95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 20:18:30.05ID:Mv5N+kV20
>>94
順次出荷されつつあるそうです。メイトやとらの穴など、目撃証言多数有。
amazonでは10/6より在庫復活予定。

ちなみに、設定資料集は増刷予定なし。初版限定です。今しか買えません。今だけです。
ラバーキーホルダー等、イベント限定グッズは再販されません。ヤフオクを使いましょう。




99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 20:32:40.09ID:dThIY4vo0
いいね




103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 21:00:42.15ID:aAi5i/ti0
おつ
TARI TARI終わってなんか物足りないからこういうのいいな




104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 21:02:31.73ID:i9wT8J340
おつおつ
いいもんだわ


転載元
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1349342906/l50




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...