1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 21:19:43.84ID:AjULSrzmO
咲「清々しいよね」

京太郎「」

和「プフッ」



6/25発売 咲-Saki-(10)




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 21:26:30.54ID:AjULSrzmO
和「プッ…ククク…」プルプル

咲「」ドヤッ

京太郎「何言ってんのお前…」

咲「いや。須賀だし。名字」フフン

京太郎「…いや、そんな上手い事言ったみたいな顔されても…」

和「清々しい…須賀…須賀須賀しい…クフッ」プルプル

京太郎「そして、そんな面白いか?和…」

和「ウフフフフ…ご、ごめんなさい…うっ!グスッ!」

京太郎「泣くほど面白いっすか…」




6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 21:34:21.64ID:AjULSrzmO
和「すっ!すみま、せんっ!クフッ!す、すぐっ!収まりっ!エヘッ!ますからっ!」

和「くふふふふ…」ブルブル

京太郎「…」

咲「…俺は名字如きでお前を笑顔に出来て嬉しいよ。和…」

咲「清々しい回答だね!流石京ちゃん!」

和「くひゅっ!」

京太郎「おい」

和「うふふふふ…」ポロポロ

咲「あー!京ちゃん和ちゃん泣かした!悪い奴ー!」

和「あはははははは!!」

京太郎「くすん…」




7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 21:41:08.40ID:AjULSrzmO
数分後

和「はあはあはあ…」

京太郎「落ち着いたか?和」

和「は、はい、すみません須賀君。人の名前を笑うなんて、失礼ではしたない行為でした…」

京太郎「はは…いいさ。気にすんな。笑う事は良い事だ…」ズーン

和「すみません…」

咲「あー!またまた京ちゃん、清々し…」

京太郎「お前はちっと黙らんかい!」ペチッ

咲「あうっ!?」




9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 21:44:01.23ID:kvbbHaBw0
咲がかわいくていいね




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 21:45:50.73ID:AjULSrzmO
京太郎「こぉのちんちくりん!さっきから突然なんなんだよ一体!?」グリグリ

咲「いたいいたい」

京太郎「あれか?喧嘩売ってんのか!?喧嘩売ってんなら買ってやるぞ!?麻雀と勉強以外でなら!」グリグリ

咲「いやあああ!ごめんなさい!ごめんなさい!」

和(麻雀と勉強をさりげなく除外するところが情けないです…)




12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 21:51:17.65ID:AjULSrzmO
咲「」チーン

京太郎「勝った」

和「咲さーん?大丈夫ですかー?」

咲「痛い」

京太郎「とくと味わえ!それが俺の心の痛みだ!」

咲「そうでも無かった」ムクッ

京太郎「ああんっ」ガーン

和(何気に手加減してあげてたんですね。須賀君)クスッ

和(清々しい行為です)ププッ

京太郎「和…さん?」




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 21:59:30.06ID:AjULSrzmO
優希「ふー!掃除当番終わったじぇ~!」ガチャッ

和「優希」

咲「あ、優希ちゃん。お疲れ様」

京太郎「おう、優希お疲れ」

優希「うむ!出迎えご苦労皆の衆」

京太郎「何が皆の衆だ」

優希「むっ!?口答えするとは生意気な犬め!」

咲「ゆ、優希ちゃん落ち着いて…」アセアセ




17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 22:06:38.26ID:AjULSrzmO
和「ふふっ。それじゃあ私、お茶を淹れて来ますね?私はダージリンにしますが、皆さん、いかがされます?」

京太郎「あ、すまん和。コーヒー頼めるか?」

咲「ありがとう和ちゃん。ごめんね?私は和ちゃんと同じので。…お砂糖、多めにお願いします」

優希「さっすが和ちゃんだじぇ!私はマテ茶で!」

和「えっ!?マテ茶?そんなのあったかしら…」

京太郎「無い無い」

咲「ゆ、優希ちゃん。無理言っちゃ駄目だよ…」

優希「むう、無いか。無念だじぇ…。ちょっとした変化球を求めていたのに…」

京太郎「タコスといい、お前の味覚はどこの国のスタンダードだよ」

優希「タコスを馬鹿にするで無い!」




18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 22:12:38.66ID:AjULSrzmO
和「あ、そうだ。ねえ優希。代わり種を求めるなら、代わりにハーブティーなんてどうですか?」

優希「ハーブティー?」

和「ええ。ハーブティー。先日、染谷先輩が雀荘の常連さんに貰ったと言って、ラベンダーティーを持ってきて下さったんです」

京太郎「ラベンダーティー?」

咲「ラベンダーって、あの、お花の?」

和「はいっ」ニコッ




20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 22:19:48.22ID:AjULSrzmO
優希「ふむ…面白そうだじぇ。よし!のどちゃん!そのラベンダーティーいっちょ!お願いするじょ!」

和「はい」クスッ

京太郎「なんか面白そうだな。なあ和。やっぱ俺も、ラベンダーティーにして貰ってもいいか?」

和「ええ。なら私もラベンダーティーにしますね。…実は私も、飲んでみたかったんですよ♪」ペロッ

和「と言うわけですけど、咲さんはどうします?」

咲「あ…じゃ、じゃあ、私も!」




27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 22:30:25.24ID:AjULSrzmO
和「はい、お待たせしました」コトッ

京太郎「おっ!待ってました!」

優希「いい匂いだじぇ~」

咲「本当だね。まるでお花畑の中でお茶会してるみたい!」

京太郎「ぷっ…はは!相変わらず文学少女してんなー咲は」

咲「むっ。い、いいじゃない!京ちゃんみたいな感性の鈍い人に言われたくありませんから!」

京太郎「なにおー?」

優希「なあなあ!それより早くいただきますしようじぇー!」

和「そうですね。冷めちゃいます」

京太郎「おっといけね」




29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 22:37:34.44ID:AjULSrzmO
和「こほんっ!それでは、僭越ながら、私が音頭を取らせて戴きますっ!」

優希「のどちゃん、意外と仕切りたがりだじぇ」ヒソヒソ

京太郎「いいんじゃね?しっかり者だし。2年後は間違いなく部長だろ」ヒソヒソ

咲「和ちゃん、格好いいなぁ」ヒソヒソ

和「どうしました?皆さん」

咲京太郎優希「「「なんでもありませーん」」」

和「?そうですか?…まあいいや」

和「…それでは!せーの!いただきます!」

咲京太郎優希「「「いただきま~す!」」」




31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 22:46:35.84ID:AjULSrzmO
優希「コクコク…ぷっはー!美味い!もう一杯!!」

京太郎「まだ残ってるじゃねーか」

優希「取りあえず言っておかなきゃと思っただけだじょ」

京太郎「なんだそりゃ」

和「ふふっ。けど、本当に美味しいですね。染谷先輩には感謝しなきゃ」

咲「そうだね。それに、和ちゃんの淹れ方も上手だったんだよ」

京太郎「あ。それは言えてるかも」

和「えっ!?」




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 22:54:47.85ID:AjULSrzmO
優希「有無って!確かにな。普段も、同じ紅茶を京太郎が淹れてくれるより、のどちゃんが淹れてくれた方が何倍も美味しいじょ!」

京太郎「お前は一言余計だっつーの!」

京太郎「…ったく。…ま、否定はしねーけどさ」 ブツブツ

和「ちょっ!?」

咲「あはははは。やーい!京ちゃんの下手っぴー」

京太郎「折角反らした矛先、こっちに向けないで戴けません!?」

咲「きっと、和ちゃんの優しい性格が紅茶の味にも出てるんだよ」

和「あう…」

優希「おー!文学少女的結論!咲ちゃん見事なまとめ方だじぇ!はなまるをあげよう!」

和「や、やめて下さい!///」




39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 22:58:55.60ID:S8XQ11wxO
咲さんが生き生きとして楽しそうな御様子で大変喜ばしいです




40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 23:01:05.24ID:AjULSrzmO
優希「うはははは!のどちゃん顔真っ赤だじぇ!」

咲「あはは。ほんとだ。可愛いなー」

京太郎「照れた和も可愛いなぁ…」

咲「鼻の下伸ばさない!」ギュッ

京太郎「いてて」

和「もうっ!そうやってみんなで寄ってたかって!怒りますよ!?」

優希「いやんこわいん♪」

和「優希っ!」

京太郎「ぶふっ!」

和「須賀君っ!?」

咲「あはははは…」

和「咲さんまでっ!?」ガーン




44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 23:11:58.96ID:AjULSrzmO
和「くすん。もう知りませんっ」プイッ

優希「じょっ!?の、のどちゃんが拗ねちゃったじぇ!」

京太郎「おわっ!?す、すまん和!イジメ過ぎた!」

和「聞こえません」クスン

咲「の、和ちゃん!紅茶!紅茶冷めちゃうよ!」

和「…」スッ

和「コクコク」

和「…ふんっ」クルッ

京太郎「の、飲み干して速攻背を向けられた…」

優希「これは手強いじょ…」

和「」ギューッ

咲「エトペンのウエストが締め付けられて半分くらいになってる…」

優希「メチャメチャ力入ってるじょ…」

京太郎(私はエトペンになりたい…)




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 23:19:52.99ID:AjULSrzmO
まこ「おーう。揃っとるのう、お前さんら」ガチャッ

咲「あっ、染谷先輩!お疲れ様です!」

優希「お疲れ様ですだじぇ!」

京太郎「お疲れ様です」

まこ「ほい、お疲れさん」

和「」チラッ

和「お疲れ様です…」

まこ「おう。お疲れさん。和」

和「失礼します」クルッ
まこ「…うん?」

和「くすん」

まこ「どうしたんじゃ?コレ」

京太郎「あはは…からかい過ぎまして…」

優希「拗ねちゃったじょ」

咲「たはは…」

まこ「?」




54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 23:26:44.45ID:AjULSrzmO
まこ「うん?なんだか、良い匂いがするのう」クンクン

咲「あっ。それは…」

優希「ラベンダーティーの香りだじぇ!」

咲「私のセリフ…」ショボン

京太郎「みんなで染谷先輩が持ってきてくれたラベンダーティー飲んでたんっスよ」

まこ「あー。あれかー」

咲「とても美味しかったです。ありがとうございます」ペコリ

まこ「おーおー。そーかそーか、良かったなー。持ってきてくれた常連さんにも伝えとくけん」




62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 23:38:28.46ID:AjULSrzmO
まこ「ところで、頼みがあるんじゃが」

咲「はい?」

まこ「実は、ワシもまだラベンダーティー、飲んどらんのじゃ」

京太郎「あ、そうだったんっスか?」

まこ「ワシにも一杯くれんかのう」

優希「のどちゃーん!聞こえたかー?」

和「しくしくしく」

京太郎「まだ拗ねてんのかアイツ」

優希「もー!総料理長が食材持ってきてくれた人に礼を尽くさないなんて、料理人失格だじょ、のどちゃん!」

京太郎「そこまで言うかお前…」

まこ「えーからえーから。よくわからんが、そっとしといたり」

咲「あ、じゃあ、私が!」スクッ

京太郎「おっ!咲!」

まこ「おお。そうか、すまんのう。咲」

優希「むっ!副料理長が動いたじぇ!」




66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 23:46:36.87ID:AjULSrzmO
京太郎「副料理長って…じゃあ、俺とお前はどんなポジションだよ」

優希「私はソムリエだじぇ」

京太郎「おい」

優希「お前はあれだ。ほら、あの…ゾンゲ」

京太郎「トリコじゃねぇか!」

優希「ほう。やるのお主。数あるツッコミ所の中から、即座にそのポイントを選ぶとは…」

京太郎「わざとかよ!分かってたけど!」

咲「えっと…じゃあ、私お茶淹れに行ってくるね」

優希「あっ、咲ちゃん!私のお代わりの分もお願いするじょ!」コロッ

京太郎「あ。俺も俺も」コロッ

まこ「息ぴったりじゃのう…」

咲「あはは…」




68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/07(木) 23:58:23.20ID:AjULSrzmO
咲「はい。お待たせしました」コトッ

まこ「すまんのう、咲」

優希「わーい!ありがとうだじょ、咲ちゃん!」

京太郎「サンキュー、咲」

咲「えへへ。どういたしまして」カチャッ

京太郎「おっ。咲も二杯目か?」

咲「うん。紅茶淹れてたら香りの誘惑に負けちゃって…」

まこ「大丈夫かー?咲。お前さん、トイレ近いじゃろ。練習中は我慢せずに言うんじゃよ?」ニヤニヤ

咲「うえっ!?」

優希「うむ。咲ちゃん。耐え忍ぶ事は確かに重要な修行だが、おしっこ我慢するのは身体に良くないじょ」

咲「ちょ、優希ちゃんも!?」

京太郎「ぶはははは!」

咲「…」ギュッ

京太郎「いてててすみません」




69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 00:00:09.34ID:Oeye1K+oO
京ちゃん完全に咲さんに手綱を握られてるな




74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 00:11:09.24ID:Dw6VGLhF0
京ちゃんってステルスモモよりステルスしてるよな




75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 00:12:29.85ID:eNyXGqNzO
京太郎「あれ?咲。一杯多くないか?」

咲「あ…うん。一応、和ちゃんにもと思って…」

京太郎「あ、成る程」

優希「おおっ!素晴らしい気遣い!京太郎には一生かかっても出来そうにないじぇ!」

京太郎「お前にだけは死んでも言われたくないわい」

まこ「和ー。聞いたか?そろそろお前も機嫌直してこっち来んさい。咲の気遣いちゃんと受け取っちゃりい!」

和「…分かりました」ノソノソ

優希「おおっ!咲ちゃんの愛とまこ先輩の説得と私のなんかが、遂にのどちゃんの閉じた心を開いたじぇ!」

京太郎「お前はなんもしてねーだろ」

優希「なんだとう!?」

まこ「お前さんらも、ちょーっと漫才自重してくれん?いや、嫌いじゃ無いけど話進まんけん」

京太郎優希「「すみませんでした」」ペコリ




79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 00:22:58.80ID:eNyXGqNzO
和「皆さん、ご迷惑お掛けして、申し訳ありませんでした」ペコリ

京太郎「うーん。俺らが悪いのに、逆に謝られちまった。こっちこそごめんな。和」

咲「ごめんなさい…」

優希「申し訳なかったじょ…」

和「あっ!いえ!私の方こそ、あんなつまらない理由で皆さんの楽しい時間に水をさしてしまい…」

まこ「ほれほれ。謝罪合戦はそこらにしときい。折角咲が淹れてくれた紅茶が冷めてまうわ」

咲「あっ。忘れてた」

京太郎「それもそうっスね」

優希「うむ!これにて、全部水に流すじょ!」




84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 00:35:38.17ID:eNyXGqNzO
まこ「ふー。それにしても良い香りじゃわい」

和「味も、本当に美味しいんですよ」

まこ「そうかそうか。なら、そろそろ戴くとするか」

まこ「いただきます」

咲和京太郎優希「「「「いただきま~す」」」」

まこ「コクコク…うん。美味い!」

優希「でしょでしょ~?」

まこ「こりゃあ絶品じゃあ!こりゃあ常連のジュンイチローさんには、ほんと感謝せんとな!」

和「私からも、改めてお願いします。御礼の言葉、伝えておいて下さい!」

京太郎「あ、俺も!」

優希「私もだじぇ!」

咲「わ、私からも…ありがとうございますって…」

まこ「おうおう。任せときい。きっと喜ぶわ」ニコニコ




88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 00:44:42.29ID:eNyXGqNzO
優希「ゴクゴク。やっぱ美味いじぇ」

和「コクン…コクン…。ええ。優しい、穏やかな気持ちになれます」

咲「ほわぁ…幸せだなぁ…」

京太郎「リラックス効果抜群ですね!」

まこ「うむ。最初にラベンダーの香りが鼻孔一杯に広がって、それを引き締める様に、後からフレーバーとして仄かなミントの爽やかさが追いかけてきよる」

優希「おお!なんかグルメレポーターみたいだじぇ!」

まこ「こりゃあ、実に清々しいわい!」

和「ブフッ!」




98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 00:59:57.21ID:eNyXGqNzO
まこ「おわっ、和!?」

和「ウフッ!…プッ…クフッ、ククク…」プルプル

まこ「えっ!?わ、ワシ、なんか変な事言った!?」ビクッ

優希「クヒヒヒヒ…」ジタバタ

まこ「優希!?」ガーン

咲「プククク…」プルプル
まこ「さ、咲までも!?」オロオロ

京太郎「…」

和「あ、あはははは!もう駄目!ごっ、ごめんなさい!!あはははは!!」

まこ「あわわわわ。和が壊れた…」オロオロオロ




100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 01:09:16.81ID:eNyXGqNzO
咲「須賀須賀しい」ボソッ

咲「プククク…」

優希「スガシカオ」ボソッ

優希「ククククク…」

まこ「な、なんじゃあ!?」

京太郎「はは…本当、なんなんでしょうね…」グスン

和「やっ!やめて二人とも!これ以上は私、しっ、死んじゃう!私死んじゃうから!」ブルブルブル

和「…あはははははは!!!!」ゴロゴロゴロ

まこ「の、和が笑い転げ回っておる…」

和「あははは…くひゅっ!?こひゅっ!くふっ!?」ビクンッビクンッ

まこ「ああっ!和が遂に過呼吸に!?おい!誰かビニール袋持って来い!」アセアセ

咲「きゃあああ!和ちゃん!?」

優希「のどちゃんしっかりするじょ!これ、ビニール袋!口を覆ってゆっくり呼吸するじょ!それひっひっふー!ひっひっふー!」

和「ふっふー!はふー!」


京太郎「この心に吹く風はなんだろう…」ポツーン




103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 01:16:45.96ID:dsokAMiC0
のどっちペルソナ使いだったか




104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 01:18:48.34ID:eNyXGqNzO
和「はあ…はあ…ひ、酷い目に合いました…」

まこ「落ち着いたか?和」

和「すみません…」

優希「さっきからのどちゃん謝ってばっかだじょ」

和「優希!貴女は私に謝りなさい!」

優希「でへ。ごめんなさいのどちゃん」

和「もうっ!」

京太郎「和は僕に謝って下さい…」ルールルルー

和「あっ!す、すみません!ごめんなさい!申し訳ありません!須賀君!」ペコペコ

京太郎「うん、許すよ。俺男の子だもん…頑張るもん…」シクシク

咲「大丈夫?京ちゃん」ナデナデ

京太郎「諸悪の根源に慰められる自分が情けない…」ブワッ

まこ「あー。なんとなく見えてきたわい…」

久「みんなー!揃ってる~!?」ガチャッ




109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 01:27:08.14ID:eNyXGqNzO
久「…おりょ?何この情景。なんか面白い事あった?」

まこ「…またぞろ、面倒なタイミングで来るやっちゃのう…」

久「ん?」

咲「えーっと、ですね。最初から説明しますと…」




111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 01:36:09.37ID:eNyXGqNzO
久「はーん。須賀君の『須賀』で、清々しいねぇ」

咲「うう…なんか、改めて説明すると、なんて恥ずかしい…」ショボン

和「私、なんでこんなネタがあんなに面白かったんでしょう…」ショボン

優希「うむ…なんか、居たたまれないじぇ…」ショボン

京太郎「やーい!やーい!」ボソボソ

まこ「京太郎。お前さんはもうちょっと堂々と立ち向かわんか…」

京太郎「無理ですっ!」キリッ

まこ「そか…」ハァ

久「…ま。何にせよ、こういうのはあんまり好ましくないわよね。あなた達も、自分の名前笑われたら、嫌でしょう?」

咲「はい…」

和「すみませんでした、須賀君…」

優希「許せ、京太郎。…もうやんないじょ」

京太郎「ん…。まあ、それだけ凹まれたら、流石に許すよ。部長が大分絞ってくれたみたいだし」




113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 01:39:56.55ID:GhGcbfq7O
部長が出るのなんだか久しいな(ドヤ




114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 01:42:03.97ID:eNyXGqNzO
久「それにしても…ふふっ」クスッ

京太郎「あー!とかなんとか言って!自分が笑ってる!」ビシッ

まこ「ほんに、酷い部長じゃのう…」

京太郎「俺の味方はこの部にはいないのかー!」

久「いやいやいや、ごめんなさい。そういうつもりじゃないの」クスクス

京太郎「じゃあ、どういうつもりっスか!」

久「そうねぇ。…ねえ須賀君。君、『須賀』って地名、知ってる?」

京太郎「…はい?」




116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 01:46:16.39ID:eNyXGqNzO
久「やっぱり知らないか。えっとね。須賀って言うのは、現在の島根県雲南市の近くにある地なんだけど…」

京太郎「…はあ」

久「これが結構古い由来の地名でね。なんと、あのスサノオノミコト命名と言われてるのよ!」

京太郎「…はあ」

咲(あ。絶対分かってないな)




117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 01:50:28.57ID:eNyXGqNzO
久「ふふっ。面白いでしょ?日本神話って、こうやって現代とまだ不思議な繋がりが残ってるから好きなのよ」

京太郎「えーっと…」

京太郎(…スサノオノミコト?…昔の天皇?)

まこ(ああ。こりゃわかっとらんのう)




124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 02:01:50.73ID:eNyXGqNzO
久「それでね。スサノオノミコトが何故その地を『須賀』と名付けたのかなんだけど…」

久「出雲の国でヤマタノオロチを倒したスサノオノミコトはね。その条件として、生け贄とされていたクシナダヒメをお嫁さんに貰い、結婚するの」

久「そして、二人の新居を構える地として、当時まだ名の無かった須賀の地に移り住む!」

京太郎「…はぁ」

和(須賀君、絶対分かってません…)

優希(さっぱり分からんじぇ…)




126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 02:06:38.69ID:5fbGsFL30
竹井さんが目を輝かせながら語ってるのを想像すると…可愛い




128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 02:10:46.45ID:eNyXGqNzO
久「プクッ。で、なんでその地に新居を構えたかと思う?」

京太郎「…さあ?」

久「プクククッ…『この地がすがすがしいから』だってさ」

京太郎「…」

まこ「当て字かい!!!!」

咲「神話の時代からのダジャレだったのおお!!?」

和「そんなオカルトあり得ません!!!!」

優希「総ツッコミだじぇ!!!」

久「あはははは!つまり、咲のダジャレ?って、実は全然間違って無かったのよね~。いや、知ってる人も居たろうし、いつバラされるかヒヤヒヤしたわ」

京太郎「何の話ですか…」

久「知って黙っててくれた君。ありがと。愛してるぞっ♪」

まこ「く、くだらんわ~…そんなひっぱるネタか?」




130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 02:17:50.91ID:eNyXGqNzO
咲「ううう…なんだかすっごい自己嫌悪…脱力感が…」ヘナヘナ

和「なんなんですかこれ。私、古代人の壮大な悪乗りに笑い転げてたんですか…」ヘナヘナ

優希「タコス食いたい」ヘナヘナ

京太郎「えーっと…」

まこ「そして当の本人がわかっとらんし…」

久「あー楽しかった!久しぶりに雑学披露出来て、大満足よ!久だけに!」

和「ここに来てダジャレですか!?」

優希「抜かりないじぇ…」

まこ「ほんにこいつは…」

咲「やっぱり部長には適いません…」

京太郎「え…つまり、どういう事?」




132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 02:23:27.86ID:eNyXGqNzO
久「あー。つまりね。須賀君は清々しい奴って事!」

京太郎「はい?」

久「さあ、そろそろ無駄話はおしまい!部活やるわよ、みんな!」

京太郎「えっ」

久「目標は、全国制覇!ボヤボヤしてる暇は無いわ!」

京太郎「ちょ…」

久「今日も1日、頑張っていこ~!!おー!!!」

終わりっ!




139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 02:33:56.42ID:eNyXGqNzO
遅くまでお付き合い戴きありがとうございました

昨日書いてて思ったんだけど、ss名字からして、当初の京太郎の役割って、咲にとって居心地の良い場所って事だったのかなって思ったので、書いてみました

ボスが天照大神→対抗し打倒する咲さんはスサノオ→スサノオがすがすがしいと言って移り住んだのは須賀の地→須賀京太郎って事で

ただ、その後気付いたらスサノオさん、根の国行ってんだけどね




140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 02:33:57.99ID:L2ZdXjgZ0
ちらっとググってみたら本当なのなwww
ためになった、乙




141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 02:34:47.32ID:qp1ukqrI0
おつ




147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 03:22:39.32ID:RYY+sMTf0
部長に愛してるって言われたから、今週も頑張る気力が出たわ

ありがとう>>1


咲日和(1) (ビッグガンガンコミックス)咲日和(1) (ビッグガンガンコミックス)
木吉 紗,小林 立

スクウェア・エニックス

Amazonで詳しく見る by AZlink





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...