33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 00:25:47.88ID:LmmwvbgvO
見崎「榊原君」

榊原「ん?どうしたの見崎」

見崎「聞きたいことがあるの」

榊原「何?」

見崎「榊原君は……」

榊原「うん」


見崎「胸は大きいか小さい、どっちが好き?」

女子「」ガタッ



ヤンデレ彼女




一方通行「コーヒー屋さンでェす」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 00:29:51.45ID:LmmwvbgvO
榊原「え!? い、いきなりどうしたの?」

見崎「いいから答えて」

榊原「いや、でも…恥ずかしいし…」

見崎「いいから」ジー

榊原「わ、分かったから見つめるのはやめてよ…」

見崎「どっち」

榊原「…うーん」

赤沢(大きい方って言って恒一君!)

小椋(小さい方…)




39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 00:31:24.67ID:TKEh0QRl0
おっぱいの大小で女を決めるのは素人




41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 00:34:08.15ID:LmmwvbgvO
榊原「強いて言えば、大きく方が好きかな……」テレッ

見崎「…」

赤沢(やったわ! これで恒一君は私のものに!)

小椋(…)

榊原「み、見崎? どうして黙ってるの?」

見崎「しらない」プイッ

榊原「何で起こってんだろ…」




42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 00:38:31.92ID:LmmwvbgvO
翌日

榊原「おはよう」

勅使河原「おっす、サカキ! あれ? 見崎はどうしたんだ?」

榊原「いや、なんか知らないけど昨日からずっと無視されてるんだ…」

勅使河原「サカキ……それは流石に酷いぞ……」

榊原「はぁ……訳が分からないよ」

綾野「おはよーこういっちゃん♪」ムギュ

榊原「あ、綾野さん!?」




44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 00:44:48.13ID:LmmwvbgvO
榊原「ちょ、ちょっと離れてよ…」///

綾野「そんなこと言ってー、ホントは嬉しいんでしょ? ほれほれ♪」ムニュムニュ

榊原「う、うぅ」///

ガラッ

赤沢「おはよ…って何してるのよ、彩!」
綾野「こういっちゃんに抱きついてるだけだよー」ギュー

赤沢「離れなさいよ! ほら、恒一君も何とか言って!」

榊原「いや、言っても意味なかったから…」///




46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 00:49:48.45ID:LmmwvbgvO
綾野「ふふっ♪」ギュー

赤沢「…あっそ…そっちがそうくるならこっちだって!」ムギュ

榊原「!?」///

綾野「あ、泉美駄目だよー。こういっちゃんに抱きついていいのは私だけ!」ムニュ

赤沢「そ、そんなこと知らないわよ!私は恒一君のためにやってあげてるだけだから!」/// ムニュムニュ

榊原「」///

勅使河原「なんだこれ」

望月「両手に花だね」




48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 00:56:38.63ID:LmmwvbgvO
榊原(やばい…理性が保てないよ…)///

ガラッ

見崎「おはy…」

見崎「…」ジー

榊原「み、見崎…」

見崎「…最低」

榊原「ち、違うんだ見崎! これは不可抗力というか、なんというか!」

赤沢「ちょっとそんな言い方しないでよ!」ムニュムニュ

綾野「そうだよー、こういっちゃんだって喜んでたくせに」ムニュ

榊原「うっ」///




53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 01:01:27.44ID:LmmwvbgvO
見崎「…」キッ

バシッ

榊原「へぶっ!?」

見崎「もうしらない」プイッ

榊原「そ、そんな…」

赤沢「大丈夫、恒一君?」ムニュ

綾野「こういっちゃん痛くない?」ムニュ

榊原「う、うん大丈夫」///


見崎「」イラッ

ベシッ




58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 01:06:10.45ID:LmmwvbgvO
榊原「……うん、2人共とりあえず離れてくれるかな」ヒリヒリ

赤沢「なんか、ごめんなさい…」

綾野「ごめんね、こういっちゃん…」

榊原「…いいよ、気にしてないから…」ヒリヒリ

ガラッ

小椋「お、おはよう!」タユン

榊原「あ、小椋さん、おはよう」

赤沢、綾野、見崎「!?」

勅使河原「あ、あれは…」

望月「ダウト」




60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 01:13:53.36ID:LmmwvbgvO
榊原「ちょっと遅かったね、なんかあったの?」

小椋「う、ううん、別に!」タユン

赤沢「詰めてたわね」ヒソヒソ

綾野「詰めてたから遅れたんだよね」ヒソヒソ

榊原「そう? ならいいけど」

小椋「うん」

小椋(あ、あれ?)

赤沢「恒一君まさかのスルーね」ヒソヒソ

綾野「気づいてはいるよね?」ヒソヒソ




62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 01:21:55.07ID:LmmwvbgvO
小椋「と、ところで榊原君!」タユン

榊原「ん? どうしたの?」

小椋「な、なんか気づかない?」/// タユンタユン

赤沢「自分から言ったわよ」ヒソヒソ

綾野「恥ずかしがるならやめとけばいいのに…」ヒソヒソ

榊原「? あぁ、ははっ。面白いボケだね」

小椋「え?」

榊原「その胸、ウケ狙いでしょ? 」

小椋「」




64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 01:23:12.03ID:ijRwzGJZP
oh…




69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 01:27:31.53ID:LmmwvbgvO
榊原「そんな自虐混じりの体をはったボケ、僕には無理だなぁ」

小椋「うぅ…」グスッ

赤沢「恒一君、鬼過ぎない?」ボソボソ

綾野「ちょっと由美が可哀想に思えてきたよ…」ボソボソ

榊原「小椋さん?」

小椋「ひ、酷いよ…榊原君…」グスッ

榊原「え、え?」アセアセ




73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 01:36:41.84ID:LmmwvbgvO
小椋「わ、私は恒一君が大きい方が好きって言うから…頑張ったのに」グスッ

榊原「小椋さん…」

赤沢「あれ? 何か嫌な予感」ボソッ

榊原「…いいよ」ボソッ

小椋「…え?」グスッ

榊原「小椋さんはそんなこと気にしなくてもいいんだよ」

榊原「確かに僕は大きい方が好きだよ。でも胸だけで全て決めるわけないじゃないか」

榊原「そんなことして無理に頑張らなくても」

榊原「僕はそのままの小椋さんが一番好きだよ」ニコッ




75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 01:44:33.39ID:LmmwvbgvO
小椋「榊原君…」///

赤沢、綾野「」

榊原「ははっ、なんか照れくさいな…」テレッ

小椋「嬉しい!」ダキッ

榊原「わ!? お、小椋さん?」

小椋「わ、私も榊原君が一番好きっ!」///

榊原「え…」

小椋「だ、だから付き合ってください!」///




76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 01:46:34.58ID:LmmwvbgvO
榊原「……」



榊原「…ご、ごめん。僕、見崎と付き合ってるから、それは無理だよ…」

小椋「」




79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 01:48:28.27ID:ndn8dSPy0
これはサカキ許されない




81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 01:51:50.87ID:LmmwvbgvO
見崎「」///

勅使河原「あー、やっぱりかよ。もっと早く言えよ…」

望月「まぁ、順当だよね」


ガシッ

小椋「…」

榊原「お、小椋さん?」




82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 01:56:28.68ID:LmmwvbgvO
小椋「……許さないからね」ボソッ

榊原「ひっ!?」ゾクッ


ガラガラッ ピシャン!


勅使河原「お、おい。出て行ったぞ……大丈夫かよ、サカキ……」

榊原「う、うん…」

榊原(…小椋さん凄い目をしてた…あんな目を見たたの初めてだよ……)

望月「ていうか、もうすぐ先生来るのにどうするの、これ…」

赤沢、綾野「」




84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 02:02:30.49ID:LmmwvbgvO
放課後


榊原「…」

榊原(結局、小椋さんはあのまま帰ってこなかった……ちょっと心配だな…)

勅使河原「おーい、サカキ! 一緒に帰ろうぜ!」

見崎「駄目、榊原君は私と帰るの」

勅使河原「別にいいじゃねーかよ、サカキとったりなんてしないからよ」

見崎「駄目」




85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 02:05:56.00ID:LmmwvbgvO
榊原「…」

見崎「榊原君、聞いてる?」

榊原「え!? な、何?」

見崎「……私と一緒に帰るの」ガシッ

榊原「あ、うん」

勅使河原「ちっ、仕方ねーな……またなサカキ!」

望月「またね、榊原君」

榊原「うん、また明日」ノシ




89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 02:12:10.57ID:LmmwvbgvO
帰り道


榊原「……ごめんね、見崎」

見崎「何のこと?」

榊原「朝のこと……だよ」

見崎「…」

榊原「勘違いしないでね、どんなことがあっても」

榊原「僕が恋愛対象として好きなのは見崎だけだから」///

見崎「…」/// コクリ

榊原「見崎…」///

見崎「榊原君…」///

チュッ




90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 02:19:13.93ID:LmmwvbgvO
自宅


ガチャ

榊原「ふぅ、ただいまー」

榊原(今日は疲れたな……一時はどうなるかと思ったけど……)

榊原「良かった……」

榊原(見崎の機嫌が良くなったし、き、キスも出来たし……)///




小椋「……何が良かったの?」




91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 02:21:02.26ID:TMVfYxZ90
ヒイイ




93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 02:25:05.76ID:LmmwvbgvO
榊原「!?」

小椋「ねぇ、何が良かったの?」

榊原「え、え!? な、なんで僕の家に小椋さんが!?」

小椋「榊原君?」ガシッ

榊原「ひっ!?」ビクッ

小椋「答えて」

榊原「……っ」ビクビク

榊原「お、小椋さんには関係ないよ!」

小椋「ふぅん……そんなこと言っちゃうんだ……」

榊原「…」




96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 02:34:02.28ID:LmmwvbgvO
小椋「…ねぇ…榊原君…」

榊原「な、何」



小椋「見崎さんとキス、どうだったの?」



榊原「!?」

小椋「そんなに良かったの?」

榊原「な、何で、知って……」

小椋「もう、駄目だなぁ、榊原君は……私以外の女にキスしちゃ駄目でしょ?」ギュッ

榊原「ひっ」ビクッ

小椋「ほら、お詫びにキスは?」///




98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 02:42:14.44ID:LmmwvbgvO
榊原「い、嫌だ……」

小椋「可愛いなぁ…榊原君は…」///

榊原「やめてよ…小椋さん…こんなの間違ってるよ……」

チュッ

榊原「!?」

小椋「榊原君に拒否権なんてないよ、黙って私に従ってればいいんだよ」

榊原「でも…こんなの…」

ガシッ

榊原「か、かはっ!?」

榊原(く、首が……)

小椋「もう、五月蠅いなぁ……黙ってよ」ギリギリ

榊原「お…ぐ……ら……さ…ん」




105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 02:49:14.03ID:LmmwvbgvO
小椋「…ぁ…」スッ

榊原「かはっ、うぅ…」ハァーハァー

小椋「わ、私、何を…」

榊原「…お、小椋さん…」

小椋「大丈夫? 榊原君?」

榊原「な、なんとか…」ガクガク

小椋「ごめんね……でも、これで分かったよね」

榊原「?」

小椋「私に逆らったらどうなるか、ね?」
榊原「」




106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 02:52:15.84ID:2LsUQwud0
ヤンデレこわい




107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 02:53:14.95ID:qm7m3bMq0
でもくぁいい




111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 03:01:24.92ID:LmmwvbgvO
翌日

学校


榊原「…おはよう」

勅使河原「おっす、サカキ。どうした、元気ないな?」

榊原「…うん…色々あって」

勅使河原「…大丈夫か?」

榊原「大丈夫だよ、心配してくれてありがとう」

勅使河原「気楽に相談しろよ?俺たちは友達なんだからさ!」

榊原「うん…ありがとう…」

榊原(ごめん……勅使河原……)




112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 03:07:16.30ID:LmmwvbgvO
ガラッ

見崎「榊原君」

榊原「あ、おはよう見崎」

見崎「おはよう、じゃない。なんで先に学校行ったの?」

榊原「ご、ごめん…」

勅使河原「まぁまぁ、見崎。そんなに怒んなよ、サカキにだって1人になりたい時ぐらいあるんだろ」

見崎「勅使河原君には聞いてない」

勅使河原「ひでぇ…」




114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 03:11:39.00ID:LmmwvbgvO
榊原「……」

見崎「榊原君?」

ガラッ

小椋「お、おはよう、榊原君!」

榊原「」ビクッ

榊原「お、おはよう」

勅使河原「お、小椋、元気になってんじゃねぇか」

小椋「……」

勅使河原「無視はやめてくれ…」

小椋「さ、榊原君!」

榊原「な、何?」




115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 03:15:51.02ID:LmmwvbgvO
小椋「言いたいことがあるの…」///

榊原「うん……」

小椋「聞いてくれるかな…?」///

榊原「……」

小椋「わ、私は榊原君のことが誰よりも大好きです!」///

勅使河原「お、おい…またかよ……」

小椋「だから私と付き合ってくださいっ!」///

榊原「……」




116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 03:18:43.69ID:LmmwvbgvO
榊原「……」

見崎(また無駄なことを)

榊原「……」

見崎「榊原君?」





榊原「……こちらこそ、よろしく」

見崎「」

小椋「ふふっ」///




119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 03:25:10.90ID:LmmwvbgvO
見崎「え、え?」

榊原「そういうことだから……ごめん、見崎」

小椋「えへっ、ごめんね見崎さん」///


前日


小椋「榊原君」

榊原「…なに?」

小椋「私、明日もう一回告白するから」

榊原「……」

小椋「返事は分かってるよね?」

小椋「もう次はないからね?」

榊原「……」

チュッ

小椋「ね?」///

榊原「……」コクリ




122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 03:32:05.14ID:LmmwvbgvO
小椋「よろしくね、榊原君♪」/// ギュッ

榊原「……うん」

勅使河原「おいおい、まじかよ…サカキ…」



見崎「……」




123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 03:34:02.25ID:LmmwvbgvO
自宅


ガチャ

榊原「はぁ…ただいま…」

榊原(疲れた……見崎には悪いことしちゃったけど……)

榊原「これで良いんだよね…」

榊原(考えたって仕方ない…しっかり寝て疲れをとろう…)




見崎「何がこれで良いの?」

榊原「」








128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 03:43:25.09ID:LmmwvbgvO
最後まで読んでくれた人
ありがとう

書いてて楽しかった




131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 05:02:32.22ID:ICpBhqS10

面白かった




132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/12(木) 05:13:07.91ID:RoMB409F0
ヤンデレに包囲されるとか現象さんも引くぐらいの惨劇が目に見えるじゃないか…




Another




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...