ヘッドライン

お知らせ

GW中のことについて
続きを読む

一方通行「非実在青少年?」

327 名前:一方通行「非実在青少年?」(1/9)[] 投稿日:2010/04/26(月) 18:32:12.77 ID:S6VdyTso [3/12]
店員「……申し訳ございません。そのジャンルは当店では取り扱っておりません」

一方通行「はァ? この前まで置いてあったじゃねェか」

店員「このパンフレットをご覧ください」

一方通行「青少年健全育成条例?」

店員「はあ、このとおり、こういったポルノをお売りすることはできません」

一方通行「何言ってやがるこないだまでは……」

店員「はい、ですから改正案では漫画やアニメ、ゲームに登場する服装などから18歳未満と想定される
キャラクターを「非実在青少年」と規定しています」

一方「はァ? 非実在青少年?」

店員「こうしたキャラクターとの性行為を主題とする2次元児童ポルノの販売について、
業界に自主規制を求めた上で、青少年の育成に悪影響を与える場面がある商品を「不健全図書」に指定、
販売や閲覧を禁じる、というのがこの法令です」

一方通行「ふっ、ざけンなよ!?」

店員「――というわけで、お引き取りください」

一方通行「クソッ、二度とくるかァ、こんな店」


一方通行(二次元規制だと? こいつァなかなか厄介な条例だぜ)

一方通行(だが……俺は諦めねェぞ。どこか……どこかに穴があるはずだ!)

一方通行「学園都市第一位をナメてンじゃねェぞクソがあああァァ!!」

prrrrrr

一方通行「着信……土御門、だと?」

続きを読む

一方通行「あああ面倒くせェ。やる気ねェ。ねみィ。だりィ」 【2】

【1】の続きです。
読んでない方はこちら

続きを読む

一方通行「あああ面倒くせェ。やる気ねェ。ねみィ。だりィ」 【1】

1 名前:管理人、Twitterを始める http://twitter.com/aramaki_vip2ch[] 投稿日:2010/04/25(日) 20:48:23.50 ID:WO/HKMAO [1/33]
打ち止め「起きてーってミサカはあなたに飛び付いてみたり!」

一方通行「……」

打ち止め「寝坊すけは良くないよってミサカはミサカはあなたを揺らしてみる!」

一方通行「……喋ンの、だりィ」

打ち止め「……へ? どうしたのってミサカはミサカは呆然としてみる」

一方通行「無理。起きれねェ。つか、喋りたくねェし……」

打ち止め「よ、黄泉川芳川ー! 大変なのってミサカはミサカは二人を大声で呼んでみたりー!」

ドタドタ

黄泉川「どうしたじゃん!?」

芳川「何があったの?」

打ち止め「一方通行が大変なのってミサカはミサカは必死に説明してみる!」

黄泉川「? 寝てるだけじゃん……」


一方通行「あァだりィ、つか息すンのだりィ。つか、もう生きンのも、面倒くせェ……」

黄泉川「」

芳川「」

打ち止め「それはダメー! ってミサカはミサカはあなたの酸素補給のため胸を叩いてみたり!」バンバン!

続きを読む

絹旗「超不幸です……」 【2】 

【1】の続きです。
見てない方はこちら

続きを読む

絹旗「超不幸です……」 【1】

197 名前:絹旗「超不幸です……」0/101+おまけ2[saga] 投稿日:2010/04/26(月) 04:11:18.44 ID:2GSUyV6o [4/108]
絹旗「はっ、はっ、はっ、はっ……」

 絹旗最愛は、学園都市の暗部組織、『アイテム』の一員である。
 その彼女は今、路地裏を駆けていた。
 さながら、狩られる獲物のように。

絹旗「っ、まだ超追ってきてるんですかっ!?」

 絹旗は後ろを振り返り、それを確認する。
 と、その瞬間に、パシュン、と発砲音が聞こえ、絹旗のすぐ横を銃弾が掠める。

絹旗「――――っ!」

 再び、加速。

??「はっ、『アイテム』の大能力者って言っても、やっぱりこの程度なんだなっ!」

 絹旗は答えない。
 その代わりと言わんばかりに、路地裏に転がっているゴミ箱を投げつけた。
 それは簡単に小物透人に弾き飛ばされ、幾度となく繰り返された鬼ごっこが再開される。

続きを読む

黒子「お姉様!」(関取みたいな声)

79 名前:黒子「お姉様!」(関取ry[1/9][] 投稿日:2010/04/25(日) 01:20:21.57 ID:Nybqpe2o [6/30]
黒子「お姉様!」(関取みたいな声)

美琴「どうしたのよ」

黒子「つ、ついにわたくし……」

美琴「ま、まさか!?」

黒子「自分を空間移動できなくなりましたの……」

美琴「ウソ!? じゃあレベル判定はどうなるの?」

黒子「わかりませんの……」

美琴「最低でも、元に戻さないといけないわね」

美琴「やっぱりやるしかない。覚悟を決めなさい黒子」

黒子「い、いえ、お姉様。それだけは無理ですの」

美琴「何を言ってるのよ。散々逃げてきたツケだと思いなさい」

黒子「うう……」



美琴「ということがあったのよ」

上条「そうですか……」

続きを読む

蔵入り喫茶店

このSSはかの有名な「喫茶サテン」シリーズの続編です。

佐天「ようこそ、喫茶サテンへ!」(ぷん太のにゅーす様)

佐天「いらっしゃーい」(ぷん太のにゅーす様)


佐天「いらっしゃーい。また来てくれたんですね」(ぷん太のにゅーす様)
続きを読む

ヤンデレ風味の御坂妹ですの

172 名前:ヤンデレ風味の御坂妹ですの[1/15][saga] 投稿日:2010/04/26(月) 02:58:02.64 ID:3ClxNkQo [2/18]
 某月某日   -学園都市-

 「魔術」やら「レベル6」やら「2万人の妹クローン軍団」やら「幻想御手」やら。
 そんな非日常な世界とは無縁でいらっしゃる普通の住民達には何とも迷惑な話ではあるのだが。

 この日、学園都市はまたも原因不明の超巨大な雷に襲われ、何度目かの大停電に見舞われていた。

 七月初めに起きた大停電に関しては、常盤台中学の超電磁砲とツンツン頭の高校生が事件の中心にいた事は言うまでもない。

 その大停電の次の日。

 ツンツン頭の高校生こと上条当麻は、学生寮の部屋のベランダで、食品バキュームカーこと禁書目録と出会うのだが、それはまた別のお話。

─────────────────────────────────────────────────────────

 雷の落下した中心地。

 いまだ白煙が漂う現場にとある少女が立っていた。

「ったく、何だってのよ!この私を痺れさせるなんて───!」

 前回の事件の張本人、超電磁砲の御坂美琴だった。

「おかしいわね、実験レポートによればあの子達の能力は高くてもLV3程度だったはずなのに……、」

 痺れたせいで感覚がない手をギュッと握りながら美琴が呟く。

 高レベルの電撃使いを電撃で痺れさせる。

 これがどれだけ難しいかは美琴自身が誰よりも理解していた。

 学園都市に七人しかいないレベル5のうち、第三位に当てはまる「最強の電撃使い」を痺れさせる能力者など存在するはずがないのだから。

「あの電撃を受けて片腕が痺れただけだなんて、さすがはお姉様ってとこかしら?」

 声は、美琴がいる位置から離れた場所から聞こえた。

「アンタねぇ、やって良い事と悪い事って教わらなかったの!?黒子はともかく、アイツにも加減してるようには見えなかったわよ!」

 相手の口調から人を舐めたような雰囲気を感じ取った美琴は苛立ちながら答える。

「そ、それは……アイツが私よりもお姉様を選ぼうとしたからで、べっ別に悪気があった訳じゃ……」

 声の主があからさまに動揺したことで美琴は少し安心する。

続きを読む

御坂「……嘘、もう売り切れてる」 【3】

御坂「……嘘、もう売り切れてる」 【1】

御坂「……嘘、もう売り切れてる」  【2】
続きを読む

御坂「……嘘、もう売り切れてる」 【1】

1 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 00:21:51.12 ID:xP9N1Q20 [1/22]

御坂美琴は第七学区のとあるショッピングモールにある雑貨店にいた。
今日は祝日で、ショッピングモールの中は、買い物を楽しむ学生たちで溢れかえっている。
混み合うことは予想できたから、わざわざ早起きしてここまで来たというのに目的のものはすでに売りきれだった。

御坂「うぅ~、学園都市限定・恋愛成就のゲコ太お守りほしかったのにー!」

学園都市限定・恋愛成就のゲコ太お守りを取り扱っているのは、第七学区では美琴が今いるここの雑貨店だけ。

御坂「そもそも、総数50個しかない激レアアイテム。……他の学区の店に行っても、多分売り切れよね」

ゲコ太グッズを収集するコレクターは意外と多い。
なんだかんだでゲコ太とかケロヨンは女の子には愛されているキャラクターだったりする。

御坂「……はぁ」

美琴はため息をついてがっくりと肩を落とすと、雑貨店から出て行った。

続きを読む

一方通行「こんなに大きくして恥ずかしくないのって」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/27(火) 22:53:17.84 ID:cTyb96Dx0 [1/14]
一方通行「ミサカはミサカは軽蔑してみたり!」シュシュシュ

一方通行「う……うるせェ……やめやが……れ……」シュシュシュ

一方通行「それも足でいじられてるだけなのに……ってミサカはミサカはため息ついてみる」シュシュシュ

一方通行「……くッ……」シュシュシュ

一方通行「マジきもーい!って笑いながらさらにイジイジしてみたり!」シュシュシュ

一方通行「調子に……乗ってンじゃ……ねェ!俺を誰だと思ってやがる……ッ!」シュシュシュ

一方通行「えー?学園都市第一位の変態さんかなぁってミサカはミサカはとぼけてみたりする!」シュシュシュ

一方通行「くそっ……たれ……!」シュシュシュ







2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/27(火) 22:53:50.44 ID:O+4oM0ed0
全部一方通行かよwwww
続きを読む

一方通行「あぁ?なんの冗談ですかぁこりゃ?」

1 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/29(月) 21:37:57.00 ID:36C23..o [1/11]
一方通行「とミサカはこの異常事態にも動じずに会心の物まねを披露します」


――俺ァ夢でも見てンのかァ?

目の前には見覚えのある顔がいた。
鏡なんてものをそんなしょっちゅう見つめる趣味はないが
さすがに自分の顔がどんなものかは忘れない。

一方通行?「おいおいおいィ・・・まさか幽体離脱ってやつかァ?」ブツブツ
一方通行?「いや、だがそうだとしたら体が喋ったのはおかしいだろォ・・・」ブツブツ
一方通行?「『ミサカは』って妹達じゃねェンだからよォ・・・夢かァ?そうかこれァ夢だァそうに違いねェ」ブツブツ

一方通行「一方通行できれば私の体でブツブツ呟くのはやめてくださいとミサカはお願いします」

御坂妹「やっぱりそういう展開な訳ですかああああああああああァァ!?」

続きを読む

麦野「・・・浜面が入院?」 【6】(完結)

【5】の続きです。
読んでない方は【1】からどうぞ

こちら
続きを読む

麦野「・・・浜面が入院?」 【5】

【4】の続きです。
まだ読んでない方は【1】からどうぞ

こちら
続きを読む
先週のオススメ記事
いろいろ
このエントリーをはてなブックマークに追加

全記事一覧
TOP絵置き場


まとめ依頼募集してます。

ブログパーツ
記事検索
Twitter プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
逆アクセスランキング
マスコット:しょうこたん

カゼタカ2ブログchのkaibu222様に頂きました!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
本文