ブログ

カジノ

テクノロジーがギャンブルとカジノ業界をどのように変えたか

医学の分野や工学分野そしてビジネスでも、何であれ、テクノロジーは常にそれらをより容易に、より効率的にしてきました。ギャンブルの分野も例外ではありません。 テクノロジーの出現により、ギャンブルの方法や性質は過去数十年の間に変化してきました。 スロットマシンは、テクノロジーの出現により大きく変化しました。初期のスロットマシンは、記号が描かれた3つの回転リールを備えた機械式の装置で、記号が一列に並ぶとジャックポットとなります。これらの機械式装置はテクノロジーの出現とともに徐々にデジタル化され、1964年には、最初の全電子スロットマシンが世界中のカジノに導入されました。これがビデオスロットとして知られるようになったのは、回転するリールの映像を表示する小型のソニー製テレビを使用しているため実際の機械的な動きがなく、装置の全体的な効率が向上したためです。 ここで特筆すべきは、日本のパチンコマシンです。パチンコは日本では数少ない合法的な賭博方法であり、その主な理由は、パチンコが日本の賭博禁止法を回避する方法を見つけたからです。以前はレバーや手すりなどの機械的なものでしたが、テクノロジーの進歩により完全に電子化されました。 オンラインベッティングは、業界における技術革新のもう一つの結果です。多くの国でギャンブルが違法とされている中、インターネットによりオンラインベッティングにアクセスできるようになりましたが、ほとんどの国では未だほとんど規制されていません。オンラインポーカーサイトから本格的なオンラインカジノに至るまで、インターネット上には実際のお金や代替貨幣を使って賭けるサイトで溢れています。先進国はすでにオンラインギャンブルビジネスに進出していますが、発展途上国がその若年者人口と経済拡大により、世界的な競争相手として台頭してきています。 ギャンブルは多くの国で違法とされているため、これが潜在的な問題となっていますが、これに実際に対応している国は限られています。仮に政府がオンライン賭博を違法にしたとしても、VPN技術のようなこれを無効にする簡単な方法がいくつもあります。つまり、オンライン上のギャンブルビジネスは事実上止められないということです。 オンラインギャンブル事業は、2008年には世界で推定年間売上高210億円、2016年には458億6000万円、2018年には560億5000万円にまで上昇しており、非常に収益性の高い事業です。このこと自体がいかにビジネスとして成長してきたかを物語っています。 結論 合法である場合にのみ規制することができるため、政府はベッティングを合法化することを検討する時が来ています。これは、ほとんどの政府が見落としている点です。管理された合法的なベッティング市場は、規制されていない違法な闇ベッティング市場よりもはるかに優れています。